私の生涯日誌 その50

2016年  15日 09:30
丁度タイトルも区切りよく50からになった。今日からサラリーマン人生になるが、多少名前も記憶も曖昧な所もあるので、関係した方が間違いに気付かれたら遠慮なくご意見を戴きたい。以前社名とか人名をローマ字頭文字にしたら、判り難いとのご意見もあったので、その方の名誉を傷つけない記事に関しては、実名で書かして戴く事をご了解頂きたい。途中で迷惑だと思われる方がおられたらご連絡戴きたい。カットしてしまうか、頭文字にするか即対応するので宜しく。

山大経済から入丸産業へ入社試験を受けたのは2人だった。試験を受ける前に実家に帰ってこの話をしたら母が、お謡の友達の久保さんのご主人がM鉱業の偉い方の様だから、この会社を知っているかも知れないと問合わせてくれた。「鉄の専門問屋で良い会社だ、知っている人も居るから話しておこう」との返事があり、そんな会社なんだと少し安心した。

東京には受験する二人が一緒に行って、私の高校時代の友人の、上野君の恵比寿の下宿に泊まらせて貰った。翌日試験は入丸産業本社で行われた。

試験で覚えている事は最初の口頭試問で、10人位の試験官が並んだテーブルの前の椅子に座り、質問を受けたが最初にトンでもない間違いをやらかした。

「メンデルの法則を説明して下さい」「メンデルが発見した遺伝の法則で、遺伝子にはある規則性があって優性の法則とか・・・」「ちょっと待って、それはメンデルの法則でしょ、聞いているのはエンゲルの法則だよ」・・・そこでパニクっちゃってね、頭真っ白、瞬間出てこないんだ。「判りませんか、じゃいいです」って事で、次の質問があったり、英文を渡されての翻訳とか一応順調に進行していた途中で「すいません先ほどのエンゲルの法則ですが、家計の消費支出に占める食費の割合が云々・・・」と解答したんだ。

ま、一応試験らしきものは終わって次はお偉方の面接があった最後に「希望勤務先は」「八幡支店です」「仕事の希望は」「総務課です」「本社は兎も角支店の総務は大した事は無いよ」「じゃ営業いいです」との漫才みたいなやり取りで終了。

上野君の下宿で朝9時過ぎ、近くの公衆電話から入丸の人事部に電話して「〇〇ですが結果どうでしたでしょうか」「合格です」「△△君はどうでしょうか」「残念ですが」
下宿に戻ったら△△君が布団の中から「どうだった」「うん入れた」「僕はだめだったか」「うん駄目だった」大学の試験の時も今回も、一緒に泊まった奴は落ちるな、運を吸い取ってしまうのか。それにしても翌日に電話で結果を教えてくれるなんか、今考えたらおかしいよな。それとも優秀な人材を他に行かせないように、早く決定を伝えたかったのかもな。

2016_0213入社名古屋00062016_0213入社名古屋0001
入試の帰り名古屋在住の姉宅で一泊。伊勢神宮から二見ヶ浦へ。甥の竜児と。
2016_0213入社名古屋00052016_0213入社名古屋0008

COMMENT 3

ごくしげ  2016, 02. 15 [Mon] 12:05

メンデルとエンゲル^^
笑わさせていただきました。
でもさすがです^^冷静取り戻し、落ち着いたとこで
すかさずもう一度回答する姿勢!
これがきっと効果あったのでは~^?

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 02. 15 [Mon] 12:34

To ごくしげさん

コメント有難う 
しかしその時は随分焦った事を覚えています。後で聞いたら一年先輩の人も試験管に居ましてね。研修で寮に入った時に会って仲良くなりました。

編集 | 返信 | 

-  2016, 02. 17 [Wed] 17:13

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |