病院生活 3

2016年  11日 09:26
5日には鎌倉の康介兄より見舞いの電話、6日には九州の親友より見舞いの電話、皆ブログを読んでくれているんだ。パソコンが無いのでブログの様子が判らない。10時過ぎに妻が年賀葉書と住所録を持って来たのでチェックをし整理する。私の住所録には2枚目に葉書に書き込まれた特記事項を記録する欄を作っている。相手の近況を忘れない為にね。

私は年賀状を一枚一枚で手書きする、必ず現状等を書き添える。今でこそ150枚位だが300枚位あった時は流石に時間がかかり、遅くに喪中の葉書が来ると「もう少し早く連絡しろよ」と言いたくなる。

だけど本来、相手が遠慮すると言うだけでこちらは送っても良いのだが、やはり不幸でに服している相手に「おめでとう」は無いのでこちらもつい遠慮してしまう。その場合親しい人には年末に悔みの言葉と来年も宜しくとの葉書を出すようにしている。

年賀状が多過ぎるので減らそうと思うが、一挙に止めるのは何となく寂しいので、止める相手を決めるのは2年続けて印刷だけの賀状をくれる人を対象にしている。
「元気です」の一言でも肉筆で書き副えていればほっとするが、印刷の文字だけでは寒々しいし、本当のお義理に感じるので、絶対に必要な人を除いて、その人達には翌年の年賀状に「ご挨拶は今年で終わりにさせて戴きます」ときちんと挨拶の上終わりにしているが、見ていない人も多いんだよね。結局はそのレベルの人だったと思うけどね。

年賀状の話になってしまったが、後藤看護師さんの後、5日の17時半から6日の9時までは田村看護師さんが引き継ぐ。マスクしていたので余り印象としては残っていない。だから夜勤だったけれど手も握っていない。

2016_0110賀状0002
住所録のページ毎にファイルした年賀状(134枚)と住所不明で返送された私の年賀状。

COMMENT 4

ひろし  2016, 01. 11 [Mon] 10:02

NoTitle

年賀状に年金生活に入りました、80歳になりました、今年は亀のようにマイペ-スでとか近況が一言、添えてあるとホットします。
年賀状を買うのにも苦労した時期もありましたよね、今から思うと噓みたいです。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 01. 11 [Mon] 11:09

NoTitle

ひろし君 コメント有難う
来年の年賀状にも一言書き添えられるように元気で頑張ってね。

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2016, 01. 11 [Mon] 15:23

NoTitle

そうですね^^
一言、手書きの文章があると、ないとでは
気分も変わりますね^^
なので絵を主体にしたいのですが
ちょっと控えめにのせて、自筆の文章を
必ず書くことにしています。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 01. 11 [Mon] 16:46

NoTitle

ごくしげさん コメント有難う
あなたの絵は文章以上です。一言で十分です。

編集 | 返信 |