私の生涯日誌 その10

2015年  08日 13:20
○ 長兄龍介は昭和24年3月新制高校卒業と同時に三井銀行に就職した、勉強が嫌いだったそうだ。大阪支店勤務だったが1年数ヶ月で辞めて帰って来た。やはり学卒じゃ無いと出世出来ないと感じたようだ。そんな事なら大学出てから父のコネを使えば良いのにもう銀行には入れないし勿体無いなと思ったね。結局S27年福岡商科大学(今の福岡大学)に入学、若松から博多迄毎日汽車通学していたな。

○ は女学校を卒業して直ぐ日華油脂に勤めたが、その後転職した花田組の上司の方の同級生を紹介され運良くその方と結婚した。相手の男性は誠にハンサムで背も高く、よくこんな人と結婚出来たなと思う程、姉はブスだと思っていた。村上姓で因島出身、村上水軍の末裔かと思われる程立派な幟を立てる時があった。式は花嫁姿で自宅より500m位の所にある白山神社で挙式したが、自宅からそこまでは歩いて行ったんだ。あの厳しい姉がねぇその時だけはおしとやかに見えたものだった。

○ 学芸会ではずっと主役で通した。一度主役をやると、先生も無難にと必ず名指しされた。現在みたいに家庭に気を使って、主役を持ち回りする必要の無い時代だった。ある時若松市の公会堂で市内の各小学校から代表の芝居を出した時、私は主役で出演したんだ。各学校から生徒が応援も兼ねて沢山見に来ていたが、深町小学校から今の家内が見に来ていたとはお釈迦様でも気が付くめぇよ。ついでだけど歌も上手かったんだよ。男子は私、女子は藤井知子がいつも代表だった。

○ 5年生の時に100人位の朝鮮人の子供が入学して来た。戦後の教育の一環だったと思われる。私のクラスには3人、ホーチェードー、イートンヨー、ジョンチンブニーでジョンは女の子だった。ホーは足が悪かったが勉強も出来、性格も良かったが、他のクラスの者はよく喧嘩を吹っかけて来た。集団で来るだけに怖くて逃げるが勝ちを率先していたな。

2015_1208小学成績0017
5年生時の通信簿、学業と行動の記録と分かれていた。3年生から5段階の○付け方式になっていた。身長:134cm、体重:26.5kg、自分は結構大きい方だと思っていたが、現在に比べると小さいね。

2015_1208小学上級20009
昭和24年 両親と姉と夫 長兄(銀行入社)次兄(中学2年)私(小学5年)



 

COMMENT 2

ひろし  2015, 12. 08 [Tue] 13:54

NoTitle

家庭環境もよく、お勉強ができ、ハンサムで歌が上手で、クラスの人気者って、誰のことかしら?もちろん城さまのことだよね


編集 | 返信 | 

エースの城  2015, 12. 08 [Tue] 14:58

NoTitle

ひろし君 コメント有難う
どうも生涯日誌と言うより自慢話になってしまったか これでも大分抑えているんだけどね。
所で拍手してくれてないね 拍手の絵をクリック頼みますよ。遡っても良いですよ。

編集 | 返信 |