私の生涯日誌 まえがき

2015年  24日 10:40
そろそろ自分の生涯の伝記を書く準備を始めた。私は有名人でも無く、改めて私の生涯に興味を持つ人も居ないだろうし、果たして読み続けてくれる人が居るかどうか疑問だが、決めた以上は進んで行こう。

先日我が家の先祖「田村庄左衛門藤原俊房」に付いて調べている方の依頼があった我が家に残っている系図の写しと写真の資料を昨日送付した。

この方は愛媛県の方で、ある縁から我が家の親戚でもある長崎の150年の歴史を持つ茶碗蒸し「吉宗」の専務から創業150年の区切りの時に、先祖の事をもっと知りたいとの調査依頼を受け、インターネットを通じて「田村庄左衛門」をインプットした所私のブログの記事にヒットした事は既に述べた。

私が自分の生涯を書くに当たって考えた事は、現在の私は何の取り柄も無い無名の者ながら、将来私の縁者から総理大臣や大企業の社長、癌の特効薬の発見等の有名人が生まれる可能性が無いとは言えない。
その時に「吉宗」の専務のように自分の先祖の事をもっと知りたいと思う子孫が出て来ないとは限らない。その時に苦労させない為の準備だ。

何の資料も無く曖昧な記憶の中で書いて行く記事には、記憶違いや誤りも恐らくあるだろうし、兄弟や知人からのクレームや指摘も有るだろうが、その時は遠慮なく申し入れて欲しい。これは小説では無くありのままを書いて行こうと思っているのだから。

2015_1124育児日記0001
これは父が書いてくれていた私の育児日記である。小ダンスの奥から引き出してきた。私の生まれた昭和13年5月6日より1ヶ月間の6月5日迄は毎日、以後は点々と書き綴っており最後は10月23日で終わっている。

COMMENT 2

ごくしげ  2015, 11. 24 [Tue] 11:46

NoTitle

私の家系なんてどこの馬の骨やら分からない。
しかし、家内の家系は先祖17代続く由緒ある家系のようで、
その歴史もけっこう古くまでわかっているようです。
自分の生涯伝記、きっと誰かに喜ばれ
何かに役に立つこともあると思いますね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2015, 11. 24 [Tue] 13:42

NoTitle

ごくしげさん コメント有難う
奥様を中心に書かれても良いのではありませんか。吹けば飛ぶ様な短い人生に、何か杭を打って於きたい自分を許してもらいたいものです。

編集 | 返信 |