連絡戴きたし

2015年  14日 09:34
本日の記事は、ある方と連絡を取りたいがその方法が判らないので、このブログを読んでくれる事を期待して書いて行く。読者の方にはお詫びしたい。

実はある方からコメントが入った。そのコメントの私の対象記事は、7月2日付けの「我が家の系図その1」(その後3日、6日にその2、その3を書いているので、それも読まれての事と思うが)へのコメントで、この方は郷土史などをテーマに執筆をしておられる方との事であった。

そのコメントには「長崎の茶碗蒸し[吉宗](:我が家とも姻戚関係にある)からの依頼で、我が家の先祖(吉田家の先祖でもある)の田村庄左衛門の資料・足跡を調査していた所、偶然私のブログの記事にたどり着いたとの事。(恐らくインターネットで田村庄左衛門をインプットしたら私の記事にヒットしたのかな) 詳しい歴史を教えて欲しい」とのご丁寧な依頼。

突然の事で私も驚いたが、昔私も我が家の歴史をもっと知りたくて手を尽くした事もあったが、これで諦めていた調査が進められるかも知れず、お互いにプラスとなる事であれば、是非とも連絡が取りたいと願っている。

住所もお名前も記されてあったが、手紙では時間も要するので、資料送付は兎も角最初はメールでお話もしたいので、この記事の「管理人のみ閲覧出来るコメント欄」にメール番号を載せて戴きたし。判り次第直ぐに連絡します。
ブログに詳しく無く、コメントにはコメントで返事をするしか方法を知らず、宜しくお願い致したい。

COMMENT 0