民主党の内紛勃発

2015年  13日 15:00
今朝の中日新聞朝刊一面に民主路線対立の記事が載った。前原元代表と細野現政調会長が岡田代表に対し「年内に民主党を解党し維新の党と新党を結成すべき」との意見を進言したが、岡田代表は拒否したとある。
これにより執行部の一員たる細野氏は代表に異を唱えた訳であるから当然執行部から辞任する事になるであろう。

民主党は一度政権を握った時に政権運営のまずさで期待外れだったと国民の失望を買い、それ以来低迷を続けている。期待外れだった印象は中々払拭出来るものでは無い。
若手代表の前原氏達が選挙戦を控えこのままではいかん、民主党の悪いイメージを名前も含めて国民から消してしまう為にも、維新の党と一緒になる事を理由に新党になろうとしている。

意味は判らないでも無いが、そもそも維新の党と民主党は政策面で合致していたのか、維新の党の人気を取り込もうとしているのかははっきりと断定出来ないが、このままでは次の選挙では絶対に負けるとの焦りもあり、自民党の安倍政権も安保を含めた諸問題で人気も急落している今こそ、新鮮な党を掲げて打って出たいとの意思であろう。

ただ問題は維新の党が新党「おおさか維新の会」の立ち上げにより議席数が衆参合わせて51名から新党の19名を引いて32名となっている事と、大阪の知事、市長のダブル選の結果次第で新党に流れる者が未だいるかも知れない事である。
最も危惧する点は橋下氏と松野氏の人気度である。橋下氏は現状有権者を置き去りにした形で突っ走っているが、カリスマ的彼の言動に惹かれる有権者も多い。松野代表の維新の党が橋下代表の時のような人気を得られるか疑問である。

岡田代表の拒否した理由は党の改善を図るのは単に看板の架け替えではダメだとしているが、彼は具体的な改善策を掲げてはいない。確かに現状の民主党ではイメージが悪すぎるだけに何らかの手を打つ必要がある。・・が、現状では前原案以外に見当たら無いのも事実である。
下手をすると民主党も分裂し、維新の党の分裂により野党第二党となった共産党が野党第一党になる可能性も出て来たぞ、何しろ昨今の共産党の躍進は目覚しいものがある・・・冗談は止めてくれよ。

COMMENT 3

-  2015, 11. 13 [Fri] 23:49

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

エンターテイナー店長  2015, 11. 14 [Sat] 00:27

NoTitle

民主も維新も何をやっても自民党には勝てないですね…。
根本的に政治というか、この国を何とかしようという気持ちが両党からは感じ取れませんね。
内閣支持率の復活が全てを物語っていると思いますね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2015, 11. 14 [Sat] 12:19

NoTitle

エンターテイナー店長さん
コメント有難うございます。民主党はダメ男鳩山で人気を一層落としましたね。新党を結成してイメージを変える方が良いと思いますが松野は人相も悪く人気も無く一緒になるのはどうでしょうね。

編集 | 返信 |