四つのお話聞いて、聞いてほしいの

2015年  06日 10:33
○ 中国のお話を今一つ。中国は36年前国策として導入した「一人っ子政策」の完全撤廃を決めた。労働力不足や急激な高齢化対策ながら急に産めよ増やせよと言ってもそう簡単にはいかないのではないか。ただ中国は人口が多いのが取り柄だ、いざと言う時にこの人口がモノを言う、即ち鉄砲の弾の盾にするつもりらしいよ。。

○ 未だいじめのニュースが続いている。今度は生徒のアンケート迄取っている。この結果をどうするつもりだ、原因となったいじめっ子をあぶり出すつもりなのかい。いつも起こった時には真剣な振りをする割に、ひと月も経てば忘れ去られる、そんな事ではいかんだろう。
自分の子供を心の強い人間に育てるとか、いじめよりも強い家庭の愛を示すにはどうしたら良いかとか、子供が話し易い環境はどうしたら作れるのか、そんな事を繰り返し伝える事の方が大切じゃないのか。もう前に向いて行こうよ。

○ 一昨日、毎年行われるワイン&リカーフェスティバル(第12回)が名古屋東急ホテルで開催されH社長と参加した。余りワインには詳しくないが、昔勤めた日鐵商事が最初に取り扱ったカリフォルニアワインが懐かしく、又口に馴染んでいたので美味いと思ったな。
何しろゴルフの賞品からお客への贈答、勿論自分達のパーティ用とかなりの輸入実績を上げたが人気が上がるにつれ仕入れ価格交渉が上手くいかなかったのか、ある時取り扱いが中止となった。
一番大変な時に頑張ったのに何でや、やはりうちの会社は基本鉄屋なんで食品関係の交渉は不得手だったんだと思う、その後カリフォルニアワインは結構人気も出たのに残念だったよ。
そう言えば会場に大相撲名古屋場所でいつも見かける狸のおばさんも来ていた。堂々たる体格でクラブ「花路」のママだそうだ。
2015_1105ワイン会0006
会場の案内図と土産のバーボンの小瓶、ワイン会に何でバーボンなんだ。

○ NHK放送のこころ旅で懐かしい中洲が映った。昔は良く徘徊したものだ。
2015_1106こころ旅中洲20011
夜になると左側の川沿いにずらりと屋台が並んでね、屋台と言うけど小料理屋と言ってもいい程料理は何でも出来る。夏になると屋台の対面の川沿いに金魚掬いや鰻釣りが毎晩並ぶんだ。

鰻は120cm×70cm×25cm(深さ)位のトタンを張った容器に沢山泳いでいてね。小さなフック針の付いた糸で鰻のエラに引っ掛けて釣るんだ。容器の四隅は少し斜めになっている。糸が弱いので少し鰻が暴れると直ぐに切れる、私は名人でね、鰻の選び方釣り上げ方にはコツがあるんだ、この講釈を始めると長くなるのでその時のエピソードも含めて又にしよう。
兎に角釣り上げた鰻をそこで捌いて焼いて貰って土産にして、クラブやスナックに繰り出すのが最高だったね。

COMMENT 1

-  2015, 11. 06 [Fri] 14:13

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |