上西小百合議員の辛い一日

2015年  28日 12:50
日曜午前11時40分から中京テレビで始まる「上沼・高田のグギズケ!」は業界の裏話を司会上沼恵美子・高田純次とパネラー5人、ゲスト2人で面白可笑しくトークする番組で食事しながら時々見ており、色々な業界人の話題で結構面白い。
昨日のゲストに元維新の会、浪速のエリカ様こと上西小百合衆議院議員が出て来た。私は見るのが始めてでどんな人物なのかも知らなかったが、32歳で大竹しのぶ似の男が好きになりそうな顔立ちである。
何で議員がと思ったら、以前この放送で彼女の結婚歴についての話題があり、どうせこの番組だからある事無い事面白く報道したんだと思うが、「是非言い分を伝えたい」と議員自ら希望して登場となったようだ。
実は私は知らなかったがこの議員、問題の人物だったらしい。前日飲みすぎて国会の重要案件裁決の日に欠席したり、自分の秘書と国会開催中に旅行に行った不倫疑惑等で当時の橋本顧問から辞職を勧められるも、拒否した為除名処分を受けた人物。
番組の議論内容はこの後話をするが、出演に際して何らかの議員風を吹かせたのか、この議員に対してレギュラー全員の厳しい集中発言は、恐らく事前に「懲らしめたろ」との打ち合わせがあったと思われる内容であった。
1.上西議員の選挙区中心に街頭アンケート「さっさと辞めろ」「給料泥棒」「ド厚かましい」の厳しい意見のビデオを放映・・ジャブ。
2.国会ズル休み疑惑釈明会見での謝罪もなく同席の橋本顧問の話の間中、ふてくされた態度をしていたビデオ放映・・先制パンチ。
3.パネラーからの国会欠席当時の心境等の質問に対し、内容をすり替えて言い訳がましい回答を続け、「まともな回答も出来ないのは議員に向いていない、一度辞めたらどうか」と上沼からの連続パンチ。
4.国会開催中に発売された議員の自叙伝「小百合」は政策を発信する為と説明したが、僅かなページの議員活動内容に比べ、ベッドの上でワンピースを太ももまでたくしあげたフェロモンたっぷりの姿や胸元を大胆に開き真っ赤なドレスで寝転んで胸の谷間を強調したような写真を50ページ位に亘って載せ1,500円で販売するとは何事か。政治活動の冊子とかは文書通信交通滞在費で作り国民に無料で配布すべきものだ。(自叙伝は1万部発刊)

*結局本人は恐らく国会議員が説明すれば「ははぁ〜」とひれ伏すものと思っていたのが連続パンチの洗礼を受け、声も震えてまともな話も出来ず苦笑いを続けるだけ。そらそうだろう海千山千のトークの女王上沼恵美子だぜ、格が違うよ。
終盤になったら「高慢ちきが顔に出ています」「有能な人に議席を譲った方がいい」「辞める勇気も必要」「音痴が美空ひばりになりたいと言っているようなもの」との連続攻撃。
「3000万もの税金が貴女に使われのは無駄、一度お辞めになった方がいい、もう二度と当選はしないでしょうけど」、と最後の最後まで言われ続けぐうの音も出なかったけれど、ここは我慢と思ったようだったな、もう当選は出来ないんだから政策発表も必要無いし経費を節約し、議員を続けている限り給与は入るから耳を塞いで貯金に専念しようってね。

COMMENT 1

-  2015, 10. 01 [Thu] 10:57

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |