孫との鹿児島旅行企画

2015年  14日 09:15
今月15日に中部空港を出発し、17日に帰宅する鹿児島旅行を企画し、私と孫の男の子と二人で行く予定だ。
孫は岐阜高専の4年生、夏休みは大学生並みの9月23日迄、来年は就職活動で忙しくなるので動けるのは今年迄。孫の希望は飛行機に乗る事と出来れば知覧と鹿屋に行ってみたいと言う事で、じい様との二人旅が企画されたのである。
孫は戦時中の飛行機や戦車が好きで、完成品はヘリコプターを含めた飛行機30機、戦車は2両、箱に入ったままの飛行機は5機分、戦車は4両分ある。全部自分の小遣いを貯めて買っている。知覧は勿論知覧特攻平和会館であり鹿屋は鹿屋基地資料館の見学が主目的で、桜島も西郷隆盛の城山も夜の繁華街天文館も眼中に無い。
鉄道オタクでもある事は前のブログに記事として載せたが、孫は凝り性である。好きな事には何にでも徹底してのめり込む、但し感心な事は自分の資金の続く範囲迄で欲求を抑え、決して親にねだる事はしない、勿論私共もねだられた事は無く逆につい手を差し伸べてしまいたくなる訳だが、その時の孫は全く遠慮はしない「有難う」の一言である。
孫の凝り性は模型の作り方にも現れている。飛行機は全て1/72のサイズの小さな物で、私なら恐らく一晩で作り上げてしまうだろうが孫はじっくり1機1ヶ月位のペースで作って行く、勿論学校もあるので夜の夕食後1〜2時間が限度であるが、見た目では少しも進行していないように見える程丁寧に作る。
完成に近い段階から実物に合わせた塗装が始まる、何種類もの塗料や筆を用意して周囲の迷惑も考えず臭いニスで筆を洗う。付属の日の丸や機体ナンバー等は一切使わず全て手書きである。
この凝り性の性格を勉学に向けてくれたら言う事は無いが、好きな事だから出来るのだろうと祖父母は何も言わない事にしている。言いたいけど親の教育方針もあるしね。
15日からのスケジュールは17日まで纏めて今日の夜にブログに書き込むつもりだ。週間天気予報での鹿児島の天気は旅行中の3日間だけが雨の予報だがこの時こそ孫の為にも私の晴れ男の力を発揮しよう。

2015_0912模型一覧0002
2015_0912模型一覧0004 
我が家の居間には私が小ダンスの上に作った模型展示棚がある。何度も追加してきたがこれ以上は無理のようだ。

ご注目
そう言う事で明日から3日間不在です。折角ご訪問戴いても開く事は出来ませんのでご容赦願います


COMMENT 0