長崎原爆記念日

2015年  09日 13:10
今日は8月9日、長崎に原爆が投下されて丁度70年になる。私が広島より長崎を意識しているのには訳がある。一つは長崎が父母の生誕地、故郷である事、二つ目は長崎に落とされたこの原爆が、最初の予定では福岡県小倉市(現在の北九州市小倉区)に落とされるはずであったからである。
当時我が家は若松市(現在の北九州市若松区)にあり、山の手の自宅は洞海湾から戸畑、小倉方面が一望される所にあったからで、恐らく小倉と言っても工場は余り無く、当時の八幡製鉄所(現日鉄住金)の工場が八幡と戸畑にあった為、戸畑寄りが目標であったに違いないと思われる。従って我が家には途中に遮る山も無くまさに危機一髪、一直線に爆風が飛び込んで来たはずである。
何故小倉から長崎に変わったのか、前日の空襲による煙の為に視界が悪かった為とか天候が悪く雲で視界が悪かった為とか言われているがまさに運命のいたずらか、理由が理由だけに紙一重で私は助かったのだと思っている。
長崎の当日の死者74,000人と聞くが北九州であればもっと多くの人が犠牲になり、私も兄弟も今の家族も無かったかも知れなかったと思うと、神様が私共を生かしてくれた意味をもっと早く気付いて、平和第一主義の総理大臣になるべく努力すべきではなかったかな。
このくそ暑い夏に尚暑くなるような事を考えんで、今は幸せで良かったなと素直に思うだけでいいんじゃないの。

平和像4 妻と娘と行った長崎平和の像

2015_0809長崎原爆と0018 11時2分黙祷(NHKテレビ)

2015_0809長崎原爆と0013 長崎平和記念式典(NHKテレビ)

COMMENT 1

-  2015, 08. 14 [Fri] 00:07

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |