茶碗蒸屋「吉宗」

2015年  31日 08:45
7月6日付けのブログ「我が家の系図その3」の記事にも書いた長崎にある茶碗蒸屋「吉宗」が、一昨日のテレビで放送があった。東京の娘から電話で「今、長崎の旅の番組で吉宗が映っているよ」との連絡で慌てて写真を撮ったのが以下の4枚だ。
蒸寿しと茶碗むしのセットだけれど蒸寿しの上に乗っているのは、今は錦糸卵鯛のそぼろ焼きアナゴを刻んだ3品だが、以前はアナゴでは無く椎茸を甘辛く煮て刻んだもので、これを蒸し器で蒸した温かい寿司だった。
3年前に行って食べた時は既にアナゴに変わっていたが、お陰で蒸した寿しが生臭く何故こんな物にしたのか残念でならない、今の若者向けに変えたのか判らないが伝統的な味を無くしてこんな臭い味にしてしまったこの店はもう親戚の店とは言いたくないね

2015_0728吉宗テレビ0002
こんなに高かったかな。
2015_0728吉宗テレビ0003 
お袋から受継いだ味、今でも時々家で作っているが勿論アナゴでは無く椎茸だよ。
2015_0728吉宗テレビ0004 
好き好きだけど3つの具を混ぜて食べると美味しいんだ。
2015_0728吉宗テレビ0007
入口の提灯は以前通りだ。

COMMENT 0