朝顔の準備

2015年  30日 11:10
朝顔の棚を作った。去年は朝顔の種を蒔くタイミングが悪く、最初蒔いた芽が全滅したので改めて蒔いた時期が遅くなり、花が9月頃から咲き始めて、結局最後の一輪が咲いたのが平成26年11月27日だったと日記に書いてある。
失敗を繰り返さないように蒔いた種が芽を出して、取り付く所を探してまわっているように見えた蔓が気の毒になり慌てて棚を作った。台風に壊されないよういつも頑丈に作る。朝顔の花の大きさや色は咲いた時しか判らない、そうした方が面白いし楽しみになるだろう。(本当は去年の種の整理が悪かったんだ)

2015_0528朝顔棚とオカリナ0004 棚の頂上は手がやっと届く位置
2015_0529朝顔棚0003 上手く繋がったように見える。

棚にはネットを張っている、白い紐の様な物は何か美観に欠けるがネットに行く蔓の道を作っている。写真を縦に写すとブログに横向きに載る。それを縦にする方法が判らないのでいつも困る。手前の小さな鉢は妻管理の朝顔、但し水飲りは両方共妻の仕事。私は鑑賞役

今朝は玄関の熱帯魚の水槽を徹底的に掃除した。簡単な掃除は妻が行っているが、夏になると緑色のコケみたいなのが全面のガラスや底の砂にへばりついて見た目も悪い。魚を盥に移し、水を汲み出し水槽を浴室に持ち込んで水槽から砂に至るまで徹底的に洗浄した。
種々部材は全て妻が洗い、水を入れてカルキ抜きを入れ魚を戻した所要時間約2時間、良く頑張った。魚の名前は判らない、青色が主体の30匹で900円の安い魚、最初は小さすぎる程だったのが今は丸々太って10倍位になっている。
恐らく餌のやり過ぎじゃないかな。何匹か死ぬだろうと思っていたら、住み心地がいいのか死んでくれない。餌を少し減らそうかと思ったけど餓死させるのも可愛そうだしね。
写真を添付しようかと思ったらカルキ抜きで水が濁っているし、環境が少し変わったので全部底の方に隠れている。写真は後で添付しよう。
何を話すつもりだったか・・そうだ私が良く家の仕事を手伝う素晴らしい亭主だと言いたかったんだ、判ったかい!

2015_0531水槽0024
未だ底の方に集まっている。そうだ別に底を綺麗にしてくれる魚が2匹いた。これも名前が判らない。


COMMENT 0