ISは何故退治出来ないのか

2015年  25日 09:36
ISは未だ戦闘を続けている。一時期政府軍が攻勢をかけて追い詰めたように思っていたが、未だシリアの半分を支配下に置き、最近世界遺産の遺跡で知られるパルミラを掌握したとある。
ISは資金不足で臓器を売ったり捕虜や囚人の血液を打って資金源にしているとかのニュースもあり、給料目当てで参加しているIS戦闘員の脱走が相次いでいるとか、脱走を試みて捕まった戦闘員が処刑されたとかがあって、もうそろそろISも終わりかなと思っていたら貴重な世界遺産が危機に瀕しているニュースだ。
古代バルティア王国のハトラ遺跡や古代アッシリアのニムルドの遺跡等破壊して来た奴らだ、文化的価値など毛程も考えない奴らは恐らく遺跡を盾として戦い、役に立たなければぶち壊すだけだろう。アフガニスタンのタリバンがバーミアン遺跡の大仏を爆破したりどうしてこの連中はと嘆いた所で、生きた人間でも平気で殺す奴らに死滅した遺跡に何の感慨も無いだろう。
それにしても何で奴らは反撃出来る力があるのだろう。あれだけ爆撃や攻撃を続けているのにどうして未だあれだけの兵器や兵力があるんだ。シリアからイラクに入る国境はISが殆ど掌握し自由に行き来が出来る為戦闘員や武器の移動が自由に出来るらしいが、何故徹底した掃討作戦でぶっ潰す事が不可能なのか、対岸の火事と考えず全世界が一丸となって叩き潰す事が何故出来ないんだ。

2015_0524ブログ用パルミラ遺跡0016 パルミラ遺跡群
2015_0524ブログ用パルミラ遺跡0018 見納めかも。
2015_0525ブログ用戦車0003
これは孫の模型だけれどISは戦車まで持ってるんだ。どこから買ってきたんだ、売った奴はどこの誰なんだ。
追記:石川遼君は結局ー2の順位T43でした。予想が当たって悔しいですね。

COMMENT 2

travispitz  2015, 05. 26 [Tue] 20:14

NoTitle

民間軍事企業や死の商人存在なんかを鑑みるとロシアや中国よりむしろアメリカの影がチラついてるように思えます。最近ネットで流行の陰謀説ってやつですかね。アメリカのマッチポンプであると。

しかしその陰謀説が世界世論操作の為にまかれた種なのでは?と勘繰ってしまったり・・・。
キリがないですね(笑)

何れにせよ一部の国・一部の大資産家達の政争・利害関係が背景にあるんでしょうね・・・。

編集 | 返信 | 

エースの城  2015, 05. 27 [Wed] 09:57

NoTitle

有難うございます。中近東の情勢は何がどうなっているのか良く判らないので判断を誤る時もありますが、何はともあれISは悪いと思います。
戦車は孫の話では昔のドイツの戦車が置き去りにされてたやつではないかとの事、今頃ドイツとは眉唾ですね。

編集 | 返信 |