中学時代のクラス会(4)

2015年  14日 12:20
再び2年後の平成22年10月に若松二中3年5組の第7回クラス会が「かんぽの宿」で開催された。先生お二人(86歳と80歳)元気にご出席、有難い事。男性11名、女性6名出席 人数は昨年と変わらないが悲しい出来事が又起きた。この年の6月に藤君(クラス会2の写真、後列左端)が亡くなった、癌だったそうだ。学生時代、頭脳明晰、成績優秀、出しゃばらず物静かで派手な所が無い男だったが、その目立たない性格の所為か中学卒業時クラス一人に与えられる市長賞は私が戴いた。彼は発奮し東大に一発合格、私は山大ながら最愛の妻を得た。
藤君と言い村田君と言いクラス会の年に亡くなる、本人も残念だっただろうがもう止めてくれ。先生はお元気なんだ、皆頑張ろうぜ。
私は「秋葉豊&アローナイツ」の「流氷」と言う歌のメロディで「ふるさと同窓会の唄」と言う替歌を作詞して歌ったんだ。みんなの気持ちを織り込んだつもりだ
1.懐かしふるさと福岡の、ここは若松かんぽ宿、昔変わらぬ恩師と友が、集い語らい酒を酌む、月日は戻りて中学時代
2.夫々苦労はあるけれど、友の笑顔で忘れよう、ふれた肩には若さはないが、光る瞳は昔のままさ、も一度会おうぜ3年5組
3.先生お二人お達者で、仲間のみんなも頑張ろう、離れ離れに暮らしていても、まとまる心の源は、若松二中の3年5組

2015_0513ブログ用クラス会40001
いつまでも皆元気でいて欲しいな。日高君、一人だけ背広はおかしいだろと言われなかったか。

2015_0513ブログ用クラス会40005
次回から何か余興が始まりそうな雰囲気だね。この笑顔若々しいね。ミニ修学旅行出発前に集合。

ミニ修学旅行は小倉城から松本清張記念館へ、そう言えば小倉城はお祭りで賑わっていたが、誰か迷子になった奴がいたな。今回妻は実の姉(東京在)と八幡の実家へ行き欠席。小倉堺町の料亭「稚加栄」で昼食、解散、今年も楽しかった



                                                    

COMMENT 0