徒然日誌 夏の甲子園

2017年  10日 06:20
〇 2017年、第99回全国高校野球選手権大会が始まった。7日の開会式が台風の為翌8日に順延されたが、後は順調に試合が進行している。私は愛知県在住なので当然愛知代表の中京大中京高校を応援するが、以前にも書いた様に、出身高校が福岡県立若松高校の為福岡県代表校を応援したくなる。

地方予選をずっと見ていると、我が母校若松高校は今年珍しく順調に勝ち進んだが、残念ながら4回戦で敗退してしまった。最後は公立の東筑高校が21年振りに代表を勝ち取った。最近は全国的に設備も練習時間も充実した私立高校の代表が殆どだが、昔は福岡県では小倉高校等の公立の進学校が多かったんだ。この東筑高校も県内では有名な進学校で、妻の兄や甥もこの学校を卒業している。

49都道府県代表49校の内初出場は6校、南北海道代表の北海高校、長野代表の松商学園の各36回を筆頭にやはり従来の野球の名門と言われた高校が殆どだ。初戦の彦根東(滋賀)×波佐見(長崎)で熱戦が開始されたが、順調に行けば20日頃が決勝となる。一日目初戦の東筑は残念ながら愛媛の済美に敗れてしまった

2017_0808ocn0001.jpg 2017_0808ocn0004.jpg 2017_0808ocn0006.jpg 2017_0808ocn0007.jpg
           中京大中京高校        東筑高校
2017_0808ocn0008.jpg 2017_0808ocn0010.jpg 2017_0808ocn0011.jpg 2017_0808ocn0012.jpg
       開会式では期せずして、東筑高校は今日対戦する済美高校と隣同士になっていた。