徒然日誌  墨彩画

2017年  31日 14:45
〇 知人女性を殺害した殺人罪と、高校の同級生に硫酸タリウムを飲ませ殺人未遂等の罪で無期懲役の判決を受けた元名古屋大学の大内真里亜が反省の色も無く、控訴審で未だ全面無罪を主張している。精神障害の影響で責任能力がなかったとの主張らしい。名古屋大学迄合格していた秀才が、殺す意思を明確に示しておりながら、責任能力が無かったと、良く平気で言えるものだ。

殺人鬼だぞ、このまま放置していたら何人殺したかも判らないような者を、弁護士も良く平気で無罪を主張出来るものだ。もし無罪になって解き放つ場合、次に同様の罪を犯したら、弁護士も同罪になるとの条件があっても、本当に無罪だと主張出来るのか。ただ単に自分は無罪を勝ち取った有能弁護士だとの名声を得たいと思っているだけなのではないのか。

最近の弁護士には誠に無責任な者も多い。内容から罪ははっきりしているのに、減刑を願う方向には行かずストレートに無罪を言い張る。本当に無罪だと信じて言っているのだろうか、それなら先述した様に、次に罪を犯したら同罪で死刑になる可能性あると言われても無罪を主張しきれるのか。ただ審査を長引かせその間の報酬を得ようとする弁護士が増えているのも事実だろう。

この件に限らず最近は明白な殺人であっても無罪を主張する傾向が増えて来た。その殆どが弁護士の指示らしい。弁護士の報酬を増やすために、大切な国家機関の無駄な時間と労力が費やされていると言う。冤罪を防ぐ為の弁護は必要だし、いかなる犯罪にも弁護士を付ける事は義務付けられているが、明確な犯罪に対する無駄な弁護を防止する手立ては無いものだろうか。

〇 妻の姉は長年墨彩画を続けており既に何人かの生徒もいる。妻がちぎり絵を始めたのも多分に義姉の墨彩画の影響があるようだ。今迄に作品を何枚も貰っていたが、それを褒めてくれた義姉の高校の同年生でもある私の次兄に譲ったり、親しい人にも贈呈した為、我が家には現在数枚しか残っていない。次兄から「姉妹だから二人共先天的な才能があるんだろうね」と褒め言葉を貰うと、なる程なと私も納得する様になった。これからちぎり絵と合わせてこの墨彩画もブログに掲載してみようかね。

ブログで知り合った知人から、「ブログに厳しい記事を載せた時は、一緒に心休まる絵を載せるといいですよ」と言われた通りに実行しているんだ。

    2017_0830ocn0002.jpg  2017_0830ocn0005.jpg
  2枚共義姉の墨彩画
〇 今朝(29日)の朝6時過ぎからどのテレビ局も、黒豚の国からミサイルが発射されたとのJアラート警報発令のニュースばかりだ。「頑丈な建物や地下の耐えられる所に避難して下さい」と連呼していたが、実際にミサイルが命中しても耐えられる建物がどこにあると言うんじゃい。ましてや発射して到着するのに10分もかからないと言うのが現実だろう、5時57分に発射されて6時7分位に放送されていた時には既に北海道上空を通過して太平洋上に落ちたと言うじゃないか。

 日本では「慌てずゆっくりと行動して下さい」と意味のない放送を繰り返すばかり、この様な、国民を脅かすだけの情報はいらないんだよ。それより迎撃の準備は既に完了し、万一被害が生じた場合は北朝鮮を攻撃する準備も完了しているとの報道の方が国民を安心させるんだ。

 臆病な黒豚は偉そうな事を言いながら、グアムの方向には怖くて撃てずよそに向けて撃ったのと言うのに、おろおろしてて敵を喜ばせるようなニュースはやめておきなさいよ。これから先万一の事があっても、敵の発射するタイミングも判らず、迎撃は時間的にも無理なんだと専門家も言っているのだから、PAC3を日本国中に設置しようとかトランプを喜ばせるような計画だけはしてはならないよ。そんなお金があるならもっと攻撃用の軍備を整えるべきだよ。

もう黒豚は国民から自分に向けて矢が飛んで来ないように、外に目を向けさせるのが精一杯であり、本人はアメリカや国民の暗殺を恐れて中国への逃亡計画も準備していると聞く。経済圧迫の中で、国内では反社会的行為も広がりつつあり、既に党や司法機関で責任ある地位にいるものの家族や親族が、覚醒剤(氷毒)の製造・販売に携わったとして摘発されている。氷毒が貧困地域を中心に広がっているのも事実であり、何もミサイルなんかに一喜一憂しなくても、國自体が自滅するのもそれほど遠いことでは無いと確信していて良いんだ。

   2017_0827ocn0001.jpg  2017_0721ocn0014.jpg
   秋海棠                         ガザニア

〇 ブログを最近1日置きに書いている。毎日書いていたのを、疲れるから自由に書くようにすると決めておきながら、性格なのだろうかきちんと1日置きに書くようになってしまっている。記事にはタイミングが必要なものもあり、書かねばと焦って書いた記事には無理もある。余り間を置いてもいけないと思うが、書きたい時に書くと言うのが一番良いのではと又思う様になったので、今日からそれを実行しようと思っている。毎日続くかもしれないし、3~4日間が空くかも知れないがご了解戴きたい。

徒然日誌 3話

2017年  28日 10:13
〇 フェディクスカップ プレーオフシリーズ第1戦 ザ・ノーザン・トラストで期待された松山(世界ランク2位)は1打不足で予選落ちした。やはり2日間一緒にプレーしたJ・トーマスとは相性が悪いんだ。このプレーオフは第4戦迄あり、第1戦はポイント(FCP)125位迄の選手、各試合終了時の累積ポイントでカットアウトされて行き、最後のツアー選手権にはFCP上位30人が進出する。この最終戦が終わってのポイント年間王者には10億円のボーナスが支払われる。

 第1戦始まる前迄ポイント1位だった松山は恐らく第4戦迄出場は可能と思われるが、それにしても世界ランク上位の殆どは順当に予選通過し、最終D・ジョンソン(世界1位)がプレーオフの末J・スピース(世界3位)を下して優勝した。、松山が予選落ちするとは予想だにしてなかったな。松山の居ない決勝ラウンドは見たくもなかったが、これではゴルフ好きとは言えない。第2戦(9/4~)以降、松山君何とか決勝迄進んでくれよ、折角のゴルフも見る気がしなくなるのでな・・・頼むよ。

2017_0828ocn0004.jpg 2017_0828ocn0005.jpg 2017_0828ocn0007.jpg 2017_0828ocn0008.jpg
D・ジョンソンがJ・スピースに追いついてプレーオフになり、1ホール目バーディを取って決着。

〇 某テレビ局で26日18時半から「24時間テレビ40愛は地球を救う」が始まった。いつも話題になるのが、今年は誰が24時間チャリティマラソンランナーになるのかだったが、今回事前に発表されず会場で発表すると言う。放送が開始されて以降今にも発表する様な表現を再々司会のアナウンサーが言っていたが、「出るぞ出るぞ」の芝居の幽霊じゃあるまいし2時間過ぎたのにいつまでたっても発表がない。「アホらしい勿体ぶるなら聞きたかないよ」とチャンネル変えてしまったよ。江戸っ子じゃないが年寄りは気が短けえんだ。結局は変えたチャンネルが面白くて、そのままになったんだ、そんなもんだよ。

〇 真夏の名古屋を舞台に8月26、27日の二日間、国内外から200チーム2万3千人が参加する、日本最大級の踊りの祭典にっぽんど真ん中祭りが開催された。全国各地の大学や団体が夫々華やかな衣装を纏って、栄のメイン会場の他19会場での演技や大津通りのパレード等、数十人から百人近い演技者が一糸乱れず演技を行い、前夜祭を含めて3日間200万人以上の来場者を堪能させた。年々衣装も踊りも大掛かりに派手になり、これだけの人数を纏めるのは、生半可な練習では無理だろうなと感心したものだ。勿論入賞には関係の無いお年寄りの団体もあって、地味な名古屋がこの日だけは祭り一色に染まったんだ。

2017_0828ocn0009.jpg 2017_0828ocn0011.jpg 2017_0828ocn0017.jpg 2017_0828ocn0020.jpg
各会場の演技もあり通りでの演技もあり、一回で終わるのでは無いから、苦労して練習してきた演技者も満足だと思うよ。台湾からの参加団体もあり国際色豊かになって来た。 

徒然日誌 プレバト

2017年  26日 09:02
〇 TBS系列で放映されているバラエティ番組プレバト」(プレッシャーバトルの略)は誠に面白いし勉強にもなる。各界の一応名の知れた人を交代にメンバーにして才能ランキングと称し、俳句、生け花、料理の盛り付け、絵手紙、水彩画、書道の各部門毎に課題を出して実行させ、専門の先生方が査定して才能あり」から凡人、才能なし迄ランク付けした上で夫々論評して行く番組で、結構評判も良く観ている人も多いのではないかな。

査定する先生方は俳句:夏井いつき、生け花:假屋崎省吾、盛り付け:土井善晴、水彩画:野村重存、書道:武田双葉、絵手紙:花盛祐子とそれなりの方々を揃えている。査定をする迄誰の作品か解らないようにしている所が公平で面白い。相手が大物であろうとも「才能なし」として酷評されるのが、この番組の味噌だと思うが、参加するメンバーも毎回異なっており司会者ダウンタウン浜田の軽妙な喋りもイヤミは無い。

最も長く続いている「俳句の才能査定ランキング」を例えにして言うと、メンバーは先生から与えられた写真を基に事前に俳句を作成して提出し、先生はそれを査定し放送段階ではそれを基に採点、ランク付けしたもので先生の評価が始まると言う段取りだ。

メンバーの中で「才能あり」が続いた段階で、特待生から名人初段~10段へと階段式にランクが上がるシステムになっており、現在はレギュラーゲストとして梅沢富美男(名人8段)、フジモン(名人6段)、東国原(名人2段)が存在している。この番組では夏井先生の辛辣な評価解説が視聴者にとって好評であるが、毒舌の梅沢富美男との阿吽の呼吸の言葉のやり取りも又人気の一つでもあると言える。

私はこの俳句以外も全て見ているが、1時間の番組では俳句と他の一つしか放送に入らないが、私は盛り付けの土井先生の査定時の喋り方や水彩画の課題風景での野村先生の模範水彩画が特に好きである。(それが基で野村重存の水彩画練習本を数冊買っているが未だ手付かず、本棚の肥やしにならねば良いが) 

そう言えば俳句は季語が必要と言われているが、私が今の自分の心境を表現した 「今日もまた生き延びたなとブログ書き」 を作ってみたが、これは季語が無いから川柳になるのかな。

2017_0823ocn0002.jpg  2017_0817ocn0006.jpg
前日沢山咲いていたのに写真を撮り忘れ、翌日は又沢山咲いていたので前日のしぼんだ花と合わせて撮った。一本の茎から広がって行ったんだけど、立秋を過ぎた頃からどんどん咲いている。所で朝顔の季語、知っていますか?・・・秋です。

徒然日誌  夏の甲子園

2017年  24日 14:00
〇 昨日第99回全国高校野球大会の決勝戦が行われ、全国3839校の頂点に立ったのは埼玉県代表の花咲徳栄高校であったが、学校は勿論の事埼玉県としても初の快挙であった。花咲徳栄高校は今迄ベスト8が最高であったが、埼玉県勢がこの長い歴史の中で一度も優勝が無かったのは不思議な気がした。

そう言えば準優勝の広陵高校も昭和2年の広陵中学での準優勝を含めて今回4度目の準優勝、優勝は中々大変な事なんだ。それにしても花咲徳栄の打撃力は凄かったね、6試合全て2桁安打で総得点61点と1試合平均10点、しかも投手力は清水、綱脇と2本柱で1試合平均失点は3点と優勝するのが当然とも思われる戦力が光った。

今年は予選から早稲田実業の清宮の話題、本線では大阪桐蔭の春夏連覇あるかとの話題で、花咲徳栄は陰に隠れていたのが良かったのかも知れない。本塁打の総数も新記録だったが、今年の1大会個人記録では広陵の中村捕手が連日話題に登っていたね。

新記録は本塁打6、打点17、塁打43、タイ記録は最多安打19、2塁打6で打率は従来の記録7.27には届かなかったが6.79と素晴らしい記録であった。今年9月にはカナダでU-18W杯が開かれるに当たり高校日本代表の20人が発表されたが、花咲徳栄からは投手の清水1人しか選ばれず、この高校が如何に選手全員の総合力で優勝を勝ち取ったかが良く解る。

ちなみにU-18W杯メンバーに入っている今回甲子園出場選手は投手8-6(木更津総合:山下、花咲徳栄:清水、中京大中京:磯村、大阪桐蔭:徳山、秀岳館:川端、田浦)、捕手2-1(広陵:中村)、内野手6-1(仙台育英:西巻)、外野手4-4(前橋育英:丸山、横浜:増田、中京大中京:伊藤、大阪桐蔭:藤原)の20名中12名である。勿論甲子園成績だけでは無く地区予選等の成績を踏まえて選出されているが、早実の清宮は当然選出されている。

Uー18W杯は世界野球ソフトボール連盟主催の16~18歳の各國地域代表で競われる野球の国際大会で隔年に開かれる。日本は甲子園選手を含んだ全日本チームとして参加したのは2004年の21回大会からであり、その時準優勝しただけで優勝は一度もない。今年は期待出来るかな。

2017_0823ocn0016.jpg  2017_0823ocn0023.jpg
この優勝旗は今回限り、来年の第100回大会より新しい優勝旗となる。
2017_0823ocn0004.jpg 2017_0823ocn0008.jpg 2017_0823ocn0017.jpg 2017_0823ocn0006.jpg
                               広陵中村選手初回2塁打

徒然日誌  旅の段取り

2017年  22日 14:34
〇 先日妻が「高山本線のワイドビューひだで富山に行きたいなぁ」と突然言い出した。大阪の娘も一緒にとの話。鉄オタの孫の言うことにはこの電車は人気があって中々指定券が取れないと言う。時刻表で調べてみると富山に昼迄に着く電車は岐阜を8時台と10時台に出発する電車しか無い。

娘が希望する9月20日1泊の予定で1ヶ月前の8月21日(本当は20日なんだが帰りが21日なので、往復特急指定を取る為には21日しか駄目なんだ) に一宮JRの窓口に行ったら3人分簡単に指定席が取れた。・・・実を言うと最初は21日1泊の予定で21日出発の指定席を取ったら、帰りの22日分は明日でないと駄目だと言う。

一ヶ月前しか駄目な事の理由は分かっているのだが、たった一日の事だし遠くから出て来てるので何とかならないかと年寄り二人が泣き落しにかかったが駄目だったんだな。JRはきちんとしてるよ 「ご面倒ですが規則ですので・・・」 だと・・・年寄りを勞ってくれないんだ。結局娘に話して予定を1日早めて終わり。

切符がとれたら後はスケジュール、永平寺には良く行っているが能登半島は初めてなので、まず宿泊は輪島にして富山駅からレンタカーで走る事にした。富山から金沢迄高速を走り(30分)、金沢から日本海側の一般道を観光しながら輪島まで走ると(約3時間)夕方にはホテルに着く。帰りは珠洲市から富山湾沿いに走ると富山発17時13分には十分に間に合う。

全ての予定を立ててから、輪島のホテルの予約を取り、富山駅前のトヨタレンタリースで軽自動車の予約を済ませた。今は本当に便利だねぇ、インターネットや無料電話で全ての予約が出来るんだ。後は私の体力が能登半島一周観光ドライブに耐えられるか否かだが、妻は娘との僅か一泊二日の旅に喜び勇んでおり、これで暫くは機嫌が良いだろうと思うよ。
    
秋     2017_0722ocn0009.jpg  2017_0722ocn0041.jpg
       葡萄                 シュウメイギク

徒然日誌    息子に野風増を歌う

2017年  20日 17:50
〇 一昨日は盆休みで単身赴任先から自宅に戻っていた長男と久し振りに飲みに出た。いつも金曜日に行っている家の近くのカラオケスナックだ。孫が店迄送ってくれる様になって助かるね。いつもは私一人の寂しい店も今日は我が家で貸切状態、ママさんも思わぬ飛び入りにご機嫌だ。

演歌を歌わない50過ぎの息子の歌ももう私には判らない歌が多い。ただ私が福山雅治の「糸」とか森山直太郎の「花鳥風月」を歌ったら息子は知らなかったな。お互い年齢的なものか、好みなのか、多少歌が違うけれど、その後は気を使って知っているだろうなと思う歌を歌うようになって、二人で合唱したのも良かったね。

ママさんが折角だから録音したらと、いつも一人で歌う時に使っている小型のレコーダーでの録音を勧めてくれたが、生憎持って来てなかったんだ。息子は仕事では現場に出る事が多く、私に似て真面目なんで夜飲みにでる事が少なく、新しい歌を覚える機会が無いと言う。私の知らなかった歌も結構古い歌手の歌で、単にその歌を私が知らなかっただけのようだ。

「お前の息子も20歳過ぎたんだから、一緒に飲みに行って河島英五の野風増位歌ってやれよ」と言いながら、当時息子には歌ってやれなかったこの歌を聞かせてやったんだ 

「お前が20歳(はたち)になったら 酒場で二人で飲みたいものだ ぶっかき氷に焼酎入れて つまみはスルメかエイのひれ お前が20歳になったら思い出話で飲みたいものだ したたか飲んでダミ声あげて お前の20歳を祝うのさ  いいか男は 生意気ぐらいが丁度いい いいか男は 大きな夢を持て 野風増 野風増 男は夢を持て・・・」

 若い頃には歌う機会が無くて、一度息子に向かって歌いたかったんだよね。

全部払ってもらって、ウイスキーのキープも入れてもらって カラオケチケット2冊もキープしてもらって、孫に迎えに来てもらった、また頑張るぞう。

  2015_0725早苗のちぎり絵0022  2015_0725早苗のちぎり絵0011
  コスモス                     野萓草(のかんぞう)  

徒然日誌 黒豚・白豚の争い

2017年  18日 09:35
国内の政治記事はお盆休み、海外にはお盆はないので相変わらずの米国、北朝鮮のお馬鹿さん二人で演じるチキンレースでも話題にしてみようかね。

北朝鮮の黒豚は実際は出来もしない事で世間を騒がせながら、自国の国民の不満を米国に向けさせる事で発散させると言う、知能の低い割には国民を巻き込む手立てには長けていると思うね。ただこれ以上煽り立てると対米国に対し何らか行動を起こさざるを得なくなると考えて 「悲惨な運命のつらい時間を過ごしているアメリカの行動を少し見守る」なんて調子のよい事をぬかしながら、格好よく国の滅亡を回避する行動にでた。こいつは馬鹿じゃないんだ。

一方米国の白豚は北朝鮮に対し「炎と怒りに直面する」とか脅しているが、吠える犬はなかなか噛まないの例え通り、今回の米朝対立は私も以前から言っている通りお互い軍事力の行使はは出来ないと解っている上でのハッタリの応酬に過ぎないんだよ。

以前も述べたがトランプは実業家出身だ。過激な言動を意図的に繰り返して交渉相手に要求や条件を飲ませるやり方は彼の自著の「でっかく考えて、でっかく儲けろ」の中に 「相手から利益を得たい場合は、あらかじめ相手に脅しをかけておかねばならない。こちらの要望が通らなければ、そちらにも相応の痛みを感じてもらうぞ、と」・・・、大統領就任時に散々聞かされただろ。

 トランプのやり方は金正恩の脅しを活用して関係周辺国に迎撃用の武器を売り込む商売人でもあり、両国に踊らされている日本や韓国が本当は被害者なのかもしれないな。今回もこれで日本は迎撃ミサイル「イージス・アショア」を2基購入配備する予定のようだ、1基700億もするんだよ。まあ将来的には必要なものだからいいけどね。

これからも互いの犬は吠えまくり、最終的には 「大山鳴動して鼠一匹 的な結末になるのではないだろうか。ただほんの少し心配な事は、経済的に更に締め上げると「窮鼠猫を噛む」てな事が起こらないとも限らないとは思うがね。

現在120万人の正規軍に更に347万人の入隊志願者がいるそうだ。国を憂いての志願と発表しているようだが、今年は干ばつもあって食料不足、食べ物欲しさの志願だと思うよ。入隊すると軍の設備も不足するし、何にも増して労働者が居なくなるんじゃないのかな。格好付けて無理するなよ黒豚ちゃん

    2017_0817ocn0011.jpg  2016_0911入丸八幡0001
       コスモス                    桔梗

徒然日誌

2017年  16日 09:00
〇 松山君 結婚・第一子誕生おめでとう。全米プロの優勝のお祝いを一緒に言えなかったのは誠に残念だったが、彼らしく一般女性との結婚を静かに公表したのは良かったと思う。

 全米プロゴルフの結果は既にご存知の通り、最後の彼の悔し涙が全てだと思う。この決勝ラウンド、私は最終日J・トーマスとの組み合わせになった時不吉な予感がした。彼とは過去2度のラウンドで2度とも苦杯を舐めていたからだ。人にはやはり相性と言うものがあって、松山がトーマスと合わないのでは無く、トーマスが松山との相性抜群だったと思う。

 松山は敗因を11番のセカンドショットだと言ったが、確かにそれはその後の勢いを消してしまう致命的なショットだったと思うが、私は今回の敗因の全ては1番の短いバーディパットが入らなかった事にあると思う。これが入っておればそれこそ、その後のプレイに勢いが付き、3番の短いパーパットを外す事も無かっただろうし、何よりもトーマスに打撃を与える大きな1打だったと思う。

折角のメジャー優勝のチャンスが目の前にありながら本当に残念ではあるが、彼がこの位置にいるのは決してフロックでは無く、彼には優勝可能な実力は備わっており、それ以上に誰もが驚く努力家である。何かのきっかけ、それは精神的なものかもしれないが、来季のメジャー戦の嬉しいニュースを楽しみにしたいと思っている。

2017_0814ocn0005.jpg 2017_0814ocn0006.jpg 2017_0814ocn0007.jpg 2017_0814ocn0010.jpg
スタート1番の素晴らしいドライバーショット。フェアウェイど真ん中からナイスショット。ピンに絡むもバーディ入らず、私はこれが全てだったと思っている。

 お盆も昨日のお坊さんのお参りで恙無く終わった。いつものしきたりで仏様の使ったお箸で各人体の悪い所を押さえて、全部持って行ってもらうようにお願いした。私の場合はそれこそ体の全ての部分が対象となる。それをすると本当に治った様に思えるんだな・・・単純だね・・・いや信じる者こそ救われるのだ。

2017_0816ocn0027.jpg  2017_0816ocn0001.jpg
木曽川河畔であった濃尾大花火。 仏様のお土産は今年は息子が作った。そろそろ伝えておかないとね。

徒然日誌  旧交を温め楽しかったね

2017年  14日 10:15
〇 11日に約束通り九大I監督Iさんと名古屋駅金時計前で待ち合わせした。祭日でもあり盆にもなっているので、錦の知った店は休みに入っており、丁度待ち合わせの午後5時には雨も降ってきたので、駅の地下で適当な店を捜す事にした。「海老どて食堂」と言う手頃な店に落ち着き、ジョッキのビールで乾杯。お久しぶりだね。

 Iさんは昭和の終わり頃から平成にかけS日鐵名古屋支店に7年間位勤務し、素材では無くプラントの担当としてC鋼鈑等への営業活動を通じて、当時N鐵商事機材部所属の私とは公私共に仲の良い関係を続けていた。C鋼鈑のUさんを含め3人で錦では良く飲んだし、お互いメンバーの愛知CC、桑名CCでのゴルフは懐かしい思い出となっていた。

 私は関連会社に出向し、Iさんも東京や九州に転勤しその後はお互い消息を尋ねる事もなく、年賀状のやり取りだけで終わってしまっていたが、20数年経った今、九大野球部監督としての彼と乾杯が出来るなんて思ってもいなかったな。彼は顔も声も昔と本当に変わってなく私より14歳も若い、若い頃は然程感じなかった年齢の違いをつくづく感じてしまった。

 飲みながら食べながら色々な話に花を咲かせたが、九大の監督は無報酬の上、ユニフォームからグローブに至るまで全て自前の上、交通費を含む諸経費も全て自己負担だと言う。言わば監督と言う名誉職のボランティアだそうだが、高校野球の監督の様に頭ごなしに意見を言い指導する事も大学では出来ないそうで、大人の世界での選手達の合議制をモットーにしているのだそうだ。

 彼は元々九大野球部の投手として49勝の実績もあり、野球が大好きな事がベースにあるが、先輩からも早く監督を引き受けてくれと言われ続けていたらしい。彼の前の監督は10年以上名前だけがあるだけで、監督としての実務は全くしていなかったとの事。そうだよな、経費を全て自己負担となればよほど好きでなければ出来ないだろうと余裕の無い私はついそう思ったね。

 彼は体力が残っている内にと64歳で系列会社の社長を自ら退いての監督就任だそうだが、私だったらそんなゆとりもないし勿体無くて出来ないな。敢えて言うならそれを実行出来る環境にあって、自分の好きな道に進めた彼が羨ましいと正直思ったんだ。

 4時間と言う時間もあっという間に過ぎ去り、芋焼酎のボトルもきれいに空になり「来年も来ますからね」との彼の言葉に「楽しみにしてるよ」と言いながら、来年は80歳になるが大丈夫かなとの不安もふと頭を過ぎったんだ。

夏    2016_0625入丸八幡0012   2017_0721ocn0078.jpg
         朝顔                    鬼灯