私は本来自民党支持者だった。安倍首相は恰幅も良いし外国に行っても見劣りしない。ただ今良いと思うのはそれだけで、最近の安倍首相及び内閣は何なんだ、これからの意見はあくまで私見であり皆さんに同意を求めるつもりは無く共謀罪で目を付けられるのは私だけで十分だ。森友問題から加計問題、稲田防衛大臣の無知発言や問題行動に対する処分の甘さ、安倍チルドレン達の許されざる行為も安倍一強の内閣の気の緩みと奢りが全ての原因と言えるだろう。

最も身近な問題は九州の大災害時に、G20の会合が終わった後にも中断可能な外遊を続け、被災者も含む国民に向けて夫婦揃っての満面の笑みを見るのは誠に不愉快。対策は関係部署に任せて行ったと言いたいのだろうが、夫婦揃っての遊びみたいな外遊と、被災地に飛んでの慰問・対策会議とどちらが重要と思っているんだ、全てその姿勢が国民には奢りと見えるんだよ。そんな事だから災害援助の自衛隊指揮の長たる稲田防衛相もこの重要な時期に、一時所在不明になる様なミスを引き起こすし、恐らく首相は加計問題衆院・参院閉会中審査に出たくなかったからとの心底はバレバレだよ。

この審査に折角前川前事務次官を参考人として招致しても、最も必要な安倍首相は不在、全てに鍵を握る和泉首相補佐官は出席を拒否、案の定野党の質疑にも平気で嘘を通す萩生田官房副長官や知らぬ存ぜぬを通せと言い含められた常磐高等局長や時間を費やす為に長々と文章を朗読する山本地方創生担当相等、安倍首相が何事も真摯に説明責任を果たして行くと国民に大見得を切った舌の根も乾かぬ内の部下の嘘八百、全てその場しのぎで誤魔化そうとする姿勢そのものだ。誰もが国民に目を向けず安倍さん貴方に媚を売っているんだよ。

尚一層醜い行為は前川氏に対する菅幹事長の卑劣なレッテル貼りによる問題のすり替え姿勢、読売新聞を使ったキャバクラ通いの報道や前職の地位に恋々としがみついていたと誹謗する言葉等、森友問題と同じように首相夫婦に集中批判が及ぶ前に籠池氏の補助金不正受給に目を向けさせ、国民の目を首相夫婦から目を逸らさせようとする行為が目に付きすぎるんだ。

補助金不正も事実とすれば無論許される話ではないが、捜査が籠池たたきだけに傾くようであれば国民とすればこれは裏のある国策捜査と見抜くと思うよ、検察は内閣府寄りだろ。国有地を安く売った問題の国会答弁で交渉経緯の十分な説明をせず、不利な問題には知らぬ存ぜぬを通した功績で国税庁長官に昇格した佐川理財局長の様に、安倍首相の防波堤となっている菅さんは、次に何を狙っているのかねぇ。まさか次期総理でも・・・。(続く)