徒然日誌  永平寺回向

2017年  17日 11:00
〇 2017年5月14日は母の日、妻は長男の嫁から花を貰いピンク色のケーキでお祝いをしてもらった。次男からはメールが届き、娘からはお小遣いが届いていたな。それはそうと父の日は何時だったか、皆に連絡してなくて良かったかな。この前の誕生祝いと一緒だと言うのではないだろうか。
2017_0517ocn0005.jpg 2017_0517ocn0008.jpg
貰った花にカーネーションが無かったのでちぎり絵を添えてみた。

〇 5月16日永平寺に、遅ればせながら母の23回忌のお参りに妻と二人で行ってきた。往復で330kmのドライブ、軽自動車なのでやはり疲れた。大きな車はハンドルが安定しているけれど、軽自動車はスピードを出すとハンドルをしっかりと握っていないと道路の少しの凹凸でタイヤが動くので手首と肩が本当に疲れてしまう。長距離の運転には軽自動車はやめた方がいい、私にはやはりベンツが似合うかもな。

名神は工事中で一車線通行、北陸道に入ってほっとする。賎が岳で休憩し小谷城ICを通ると迫ってくる新緑が目に痛い。

永平寺では11時からの供養に間に合った。北海道、岐阜の方々と三組が一緒になる。受付に家で写経している2年分の般若心経を持参し回向焼却を依頼した。それ以前の2年分は我が家のお寺さんで焼却を済ませている。ここでは申込書に記入する様になっており、巻数記入とある。お坊さんに尋ねると般若心経の枚数だと言うので731巻と記入、お布施として3千円と記入した。これは別に決まってはいない。

總祠堂での回向には赤い袈裟のお坊さん1人に黒い袈裟のお坊さん7人の内2人が大きなりんと木魚を打ち厳かに回向が進められた。23回忌の母の戒名は勿論のこと父の戒名も読み上げられ、良いお参りが出来た事に満足、お二人さん又来るからね。

駐車場の店で永平寺そばを食べ帰途についたが、帰りは岐阜への山越えをしようと急遽ナビを色々と操作するも道が判らず、結局高速道路で来た道を帰る事になってしまった。天気も良くお参りを済ませてほっとしたけれど本当に疲れたね。

2017_0516ocn0007.jpg 2017_0516ocn0002.jpg
總祠堂内                       左側が總祠堂の庭の巨木
2017_0516ocn0001.jpg 2017_0516ocn0015.jpg 2017_0516ocn0005.jpg 2017_0516ocn0006.jpg
賎が岳SE      永平寺参道       總祠堂         控え室内屏風
2017_0516ocn0014.jpg 2017_0516ocn0013.jpg 2017_0516ocn0016.jpg 2017_0516ocn0023.jpg
永平寺参道奥              入口の石塔        永平寺そば