私の生涯日誌 その245

2016年  30日 05:15
60周年記念クラス会に先生の不在は少し寂しかったけれど、役者揃いで会としては皆楽しかったと思うよ。

2016_1128入丸八幡0025 2016_1128入丸八幡0028 2016_1128入丸八幡0026 2016_1128入丸八幡0029
「エェ~相変わりませずこの美男、美・・・が司会を務めますで」 「あんた何言っとりやしたか、美で止まっとったがな」 「この顔見んさい、綺麗な肌しとるがね」 「そんならわしだって鬘取りゃふさふさの黒髪だがや、だけんど惚れんたってちょ、女房おるでな」。

ってな調子で司会進行。新崎組五人男が終わると恒例のカラオケ、こちらでは重いのを我慢して持って来た甲斐があって良かった。だけど歌っとるのはやっぱ私やな。
2016_1128入丸八幡0016 2016_1128入丸八幡0018  2016_1127入丸八幡0004

翌日のミニ修学旅行は「いのちのたび博物館」に行ったが、出発前に大騒動ハプニング「私の老眼鏡行方不明事件」 何か最近の出来事とカブるなぁ。朝、眼鏡が無いのに気づいて同室の憲のバックをひっくり返すやら、昨日の芝居の小道具箱を撒き散らすやら大騒ぎしても見当たらず。結局この日は諦めたのだが、帰りの新幹線に大庭の康から電話が入り「ゴメン間違って持って帰ってた」だと。だけど見つかって良かったよ。

ただこのメガネ、今年のクラス会でも行方不明騒動、康は居なかったので結局はロビーで落としていたのを見つけたのだが、二度ある事は三度あるの諺通り、先日のゴルフの記事にも書いたけれど又紛失してしまい、今度は現時点迄見つかってないんだ。諺って当たるんだねぇ、大損だけどこのメガネ、私から逃げたがっていたのかねぇ。。
2016_1128入丸八幡0019 2016_1128入丸八幡0022 2016_1128入丸八幡0023

私の生涯日誌 その244

2016年  29日 09:42
博多駅まで山崎君に送ってもらい折尾に戻る。今日はクラス会の前に担当の新崎先生宅を訪ねる予定。実はこのクラス会の一週間前にご主人が亡くなり急遽欠席になっていた。今まで一度も欠席された事は無かったが、残念ながらこればかりは仕方がない。お訪ねしたら案外元気にされていたのがせめてもの救いだった。

今回のクラス会には安部先生も体調を崩され欠席、生徒11名だけの少し寂しいクラス会となったが、計画していた余興は予定通り実施する事になった。白浪五人男ならぬ新崎組五人男である。出演の各人が夫々自分に関係する内容で口上を考えたのであるが、私が最初の役処ろで、

問われて名乗るもおこがましいが、生まれは播磨の神戸在 ちいせぇ頃から若松に 親の都合で移り住み ごんぞぅの町には似つかねぇ 可愛い面が災いし 言いたかねぇがモテすぎて 磨けば光る才能は 高校半ばで錆つくも 貰った女房は世界一 身の生業は口八丁 営業マンの鏡だと おだてられての五十年 気づけば腹も出シワも増え 髪の薄さも情けない 何とも冴えねぇ昔の美男子、新崎組の昌介左右衛門たぁ 俺のこったぁ」・・・と

歌舞伎調での口上に、裏方恵美子の「バタ、バタ、バタン」と「ツケ打ち」の真似事の音が響き拍手喝采。続いた四人も素晴らしい口上を考えていたなぁ、先生に聞かせたかったよ。
2016_1128入丸八幡0013 2016_1128入丸八幡0011 2016_1128入丸八幡0007 2016_1128入丸八幡0002
花道からの入場も様になってるねぇ        見得をきったぜ
2016_1128入丸八幡0004 2016_1127入丸八幡0007

私の生涯日誌 その243

2016年  28日 08:50
平成26年10月は忙しい月になった。26日の中学クラス会の出席に合わせ、懐かしい人を訪ねる計画を立てた。まず入丸福岡時代の取引先の西部日本鋼材の東島氏と折尾で飲もうと23日黒崎のホテルに泊まる事とした。黒崎駅で待合せしたが50年ぶりの東島氏は白髪こそあれ昔と余り変わらぬ風貌。

憲二に紹介されていた折尾の居酒屋「そのみ」からスナック「ポップ二世」でカラオケになった頃はもう昔の二人に戻っており痛飲、結局彼も黒崎のホテルパールシティで泊まり、翌朝博多に行く私を駅のホームで見送ってくれた。

博多に着くと昔の同僚で名古屋に転勤する迄家族ぐるみで付き合っていた山崎君が、車で駅迄迎えに来てくれていた。今日は山崎君宅に泊まる予定ながら、その前に小学校時代の恩師を梅光園のマンションに訪ね、65年振りの感激の再会を計画していた。

先生はお年を召されてはいたがしっかりとされており、88歳とは思えないお元気な様子、私が5年生の時に誕生した敬君と娘の洋子さんと一緒に、近くのお寿司屋さんでご馳走になった。ずっと賀状は出していたが本当に喜んで戴き、お訪ねして良かったと感激したんだ。

山崎君に迎えに来て貰い福岡タワーに上って、大分変わった博多の説明を受け、夜は彼の愛妻の料理を戴きゆっくり休ませてもらった。翌日は三人で九重の夢の大吊橋からやまなみハイウェイをドライブし帰りに中華料理をご馳走になって更に一泊、昔のままの変わらぬもてなしに、九州はやっぱりよかねぇ。
2014_1027九州旅行記念0006 2014_1027九州旅行記念0014 2014_1027九州旅行記念0007 2014_1027九州旅行記念0009

私のゴルフはどうなるだろう

2016年  27日 05:25
一昨日のゴルフは最低の酷いスコアになり、公表したくなかったが敢えて記事にした。ゴルフ場は大甲賀CCである。スコアは伊吹コース64、志摩コース54の118であった。平成21年からの記録ではこの大甲賀には2回来ておりH24年110、26年102の成績であった。このコースは余り好きではない記憶が残っており、フェアウェイの芝も余り綺麗ではなく砂混じりだった記憶があり、今回も変わっていなかった。

出だしの伊吹コースでは1番Par4⇒6(3)(パット数)、2番4⇒6(3)、3番4⇒8(5)、4番4⇒7(3)、5番3⇒6(2、OB)、6番5⇒9(2)、7番4⇒5(3)、8番3⇒4(3)、9番5⇒13(4)、トータル64(28パット)。
出だしから続けての最悪のパットに、日頃自信を持っていたショートアイアンも途中からおかしくなり、9番では20ヤード位の4打目がソケットしてグリーン横のバンカーへ入り、バンカーで4打叩いて更に4パットと無残なスコアになった。ちなみに志摩コースのパット数21も良くは無い。

越智氏と一緒にプレイしたが、86歳の彼が上手くショットが飛ばず腐っているので「その歳だったらスコアなんか余り気にせず元気にゴルフが出来る事を喜ばなくては」と慰めていたけど、本当は自分が情けなくて自分に言っている様な気持ちだったんだ。

このコースは確かにグリーンが、早いのか遅いのか最期まで解らなかったのと、途中からは得意のショートアイアンが次第に打ち方まで解らなくなってしまったんだ。最近はこれ以上上手くならないからと、木曽川での練習をサボっていたのが覿面に結果に現れてしまった。木曽川でのショートアイアンの練習は、この年になれば上達の為と言うより何とか現状を維持する為の絶対条件だと言う事が良く解った。今一度初心に戻ってチャレンジしてみよう。

ゴルフじゃないけれど今一つ残念だった事は、大切な老眼鏡を無くした事だ。家から持って出たのは間違い無いが、ゴルフ場でサインしようとした時にはもう無かったんだ。途中で落とす様な所も無く、車の中も家に帰って探しても見つからない。悪い事は続くものだ、折角久し振りに越智氏とプレイしたのに誠に誠に残念な一日になってしまった。あ~~あ。

私の生涯日誌 その242

2016年  26日 10:40
7月に若松高校中部地区同窓会に久しぶりに出席した。校長他本部から6人、OB出席者9名、随分少なくなったものだ。他人事みたいに言うけれど、お前(私の事)にも責任の一端はあるんだぞ。校長は福岡高校出身の珍しく女性だった。現状の若松高校の活動記事を纏めたパンフレットを配ったり中々熱心な校長だった。校区が無くなって優秀な生徒が東筑高校とかに流出しているらしく、私達の時代に比して随分質が落ちているようで誠に残念。
2016_1124入丸八幡0001 2016_1124入丸八幡0002 2016_1124入丸八幡0003 2016_1124入丸八幡0005
久しぶり出席のお詫びの挨拶   校歌熱唱

8月には星野産商社長に誘われホテル名古屋ガーデンパレスでの泡盛祭りに参加、これが毎年一回続く事になる。又この8月には広小路のヤマハホールで行われたGioire(ジョイーレ)のオカリナコンサートに妻と岩田先生とで聞きに行ったが上手だったね。私も熱心に練習を続けていたんだ。

9月に悲しい出来事が起こった。知人からNSの同期で花菱会OBメンバーの荒川君が、8月に胃がんの手術をしたが手遅れだったとの連絡があり、何も知らなかったので、その翌日病院に見舞いに行き励まして帰ったが、帰宅後の夕方に亡くなったとの連絡があった。

会えてて良かったが誠にあっけなく、人間はこんなに脆いものかとつくづく思ったものだ。会社関係の連中に方々連絡し翌日の通夜に参列したが、昔の部下も形ばかりでこんなものかと寂しく思い、私の時にはどうだろうと変な事を考えてしまった。・・・龍哉よ寂しくならないように頼むぜ。

10月に一人で東京の娘の家で二泊する。別に妻と喧嘩して家出したんじゃないよ。次兄が長兄の所に年に一度の泊まり込みの碁を打ちに行く話から、では久し振りに兄弟で飲もうかと言う話になったんだ。仲のいい話なんだよ。昼は私の娘もいつものお邪魔虫で長兄宅で食事、夜は次兄の奢りでレストラン花瑠音で会食。翌日は長兄の奢りでそば処田中でご馳走になる。私は末っ子だから奢られっぱなしでいいんだ。千葉に単身赴任の息子に会う目的もあったが都合つかず断念。
2014_1012佳子宅0007 2014_1012佳子宅0009 2014_1018美穂16歳誕生日0007 2014_1018美穂16歳誕生日0012
娘に譲って貰い今は私の家にある車。  10月の孫娘美穂の誕生祝いと祝いの手製のくす玉。

私の生涯日誌 その241

2016年  25日 05:00
平成26年4月には六日会で恵那峡国際ホテルでの一泊旅行に6人参加。初日はそば打ち体験から36ホールのグランドゴルフ、私は少々馬鹿にしていたが結構距離もあり、坂を登る所などかなり力が必要となる。広場でやってるゲートボールとは全く違うものだった、これは未だやった事は無いけれどね。

翌日は恵那峡遊覧から大正村散策し最後に岩村城址に行ったが、上りの坂道は肺気腫の私には少々厳しく、皆に遅れてのろのろ登っていたら笹内君が心配して戻って来てくれた。顔に似合わぬ優しい男だ。

2014_0409六日会恵那旅行0004 2014_0409六日会恵那旅行0006 2014_0409六日会恵那旅行0011 2014_0409六日会恵那旅行0015
恵那峡                             岩倉城址

4月22日には花菱会OB会の飲み会をスナック旅で開催、出席は春日井、横山、荒川、大野、寺儀、大橋(敬称略)と私だったがこの時元気だった荒川君がこの年の9月に胃がんで亡くなるとは全く予測もしていなかった。5月は私の76歳誕生日、この月末には訪ねて来た娘と3人で茶臼山の芝桜を見に行ったんだ。
2014_0530茶臼高原芝桜旅行0006 2014_0530茶臼高原芝桜旅行0007 2014_0530茶臼高原芝桜旅行0027 2014_0530茶臼高原芝桜旅行0029

今年の6月迄のゴルフは明智GC94、四日市リバティGC101、土筆会109、アイランド上石津104、本巣GC110、サンクラシックGC97、東建多度CC(星野コンペ)102、新陽GC(花菱会OB会)94、岐阜セントフィールド(土筆会)99、知多CC97  合計10回平均スコア100.7。遂に平均で100を越えてしまった。

*今日は久し振りに越智氏とゴルフに行く。今月2日のゴルフが悪かったので不安。



六日会の旅 ③

2016年  24日 11:44
朝食の時に世話をしてくれたS17年生まれのおばあさんは何しろ饒舌で、喋りの多い私もタジタジ、会の趣旨が六日生れのメンバーだと知ると自分は5月6日生れだと言う。私も一緒だと言うと大喜びで、来年の誕生日には一人で来てくれと言う、何をされるんだろう。

少し早めに宿を出たが喫茶店が無い、駅前の交番に聞いても30分位かかる場所を言うので諦めて駅に行くと、小さなカレー店にコーヒーがあったんだ。ちゃんと交番にもPR必要だよと注意しておいた。

予定より早めの電車に乗れたので、予定していなかった近江八幡の八幡堀屋形船での水郷めぐり遊覧が楽しめたんだ。乗船場に行くバスの中からはやたらと近江兄弟社の名前が目に入る、そうだここが発祥の地なんだ。八幡堀は今は城跡も無い近江八幡城の外堀だそうで、今は水田となった周りを約80分船頭さんの手漕ぎでの遊覧だ。

舟は高い葦(よし・・・あしとも読む)(あしは悪しに通じるので良しになったんだと)の間を船頭さんの解説を聞きながらのんびりと進むが、風も無く最高の天気と言える。貸してくれた褞袍を羽織っても少し寒い位だから風があれば大変だ。10個の橋を通り抜けたがこの中には剣客商売」と言うテレビドラマのロケに使われる橋があった。

2016_1121入丸八幡0042 2016_1121入丸八幡0044
時代劇テレビロケで使われる橋        葦の正面に見える山が安土城があった安土山
2016_1121入丸八幡0033 2016_1121入丸八幡0034 2016_1121入丸八幡0046 2016_1121入丸八幡0039
舟の乗船場      狭い場所の水路    高い葦で外は全く見えない   葦の中に蒲の穂もある

ただ舟には当然トイレは無い。寒い時の年寄りは注意が必要。現に下船してトイレに飛び込んだ私の分の写真(プロが途中で撮した写真)は人数分は現像しないので、後で送ってもらうハメとなった。
2016_1121入丸八幡0049 2016_1121入丸八幡0050 2016_1121入丸八幡0051 2016_1121入丸八幡0055
日牟禮八幡宮の鳥居  時代劇ロケで使われる荷揚げ場所 歴史的住宅  近江八幡駅

近江八幡の市街を散策し駅に向かう。もう少し歩けば歴史的町並みももっと見る事が出来たと思うが、何しろ年寄りの旅、これで終わりにしたんだ。尾張一宮駅で名古屋行きの4人を万歳で見送ってやったよ。 

六日会の旅 ②

2016年  23日 17:52
問題は長浜駅の改札口で起こった。トイカのカードを当てて自動改札を抜けようとしたら、扉がガチャンと閉まったんだ。おかしい、お金はちゃんと入っているはずだと、改札のあんちゃんにクレーム付けたら、尾張一宮から木の本迄が精算されていないと言う。トイカはJRだろ、木の本駅はJRじゃないのかと文句を言っても、やれ西日本がどうとかさっぱり判らん。皆が待っているので現金1,400数拾円払ったがトイカが効かない区間があるようだ。他の私鉄でも九州でも使えたのに、何でここだけ使えないんだ二重取りされたんと違うやろな。

ぶらりぶらりと市街に向かって歩くと、賑やかしく人通りの多い通りがあった。食べ物屋から土産屋や小間物屋みたいな店が並んでおり昔の灯篭みたいな所に北国街道と看板がある。家の土産に生麩饅頭を試食した所で、3日は日持ちする軽い菓子を買った。何しろマイクが重く沢山買えないんだ。宿は割に近い所にあった。土蔵を改造した宿だったが、後で聞いた話では改造費の方が随分と高く付いたらしい。
2016_1121入丸八幡0030 2016_1121入丸八幡0027 2016_1122入丸八幡0002 2016_1122入丸八幡0001
長浜駅     北国街道の看板   旗籠白忠の表側と泊まったお市の部屋。

食事の時、又行き違いの揉め事があった。幹事は旦那と電話予約の時に飲み放題契約をしていたのに、嫁さんは聞いて無く一人2,000円だと言う。旦那は不在で、どうもいつも旦那はこの調子らしい。嫁さんがこの宿の経営者らしく旦那の事を余り良く言わないんだ。結局電話での契約通りで通したが、折角食事も美味かったのに気分は良くなかったね。

食事の後でカラオケをセットしたが、皆疲れており2階で休む4人がさっさと寝てしまい、1階に寝る私と幹事の2人だけで1時間位歌ってお開き、重たいセットを持って来たのに甲斐が無かった。もう次からは持って来ないぞ。

六日会の旅

2016年  22日 12:30
考えて見れば私の生涯日誌も平成26年に入り、あと僅かで今の出来事が生涯日誌の続きとなる。先日からの東京の旅、九州の旅、そしてこの六日会の旅は、まもなく生涯日誌のその○○となって再び顔を出す事になるだろう。

この旅では今回の幹事義勝君が各人が乗るべき電車の時間表迄きちんと書いたスケジュール表を作成し送ってくれていた。きちんとした性格、同じメンバーのT君とは随分違う。今回の旅は木の本の鶏足寺紅葉狩りと湖北長浜、北国街道散策して一泊、翌日は近江八幡市の散策と年寄り向きに計画してくれていた。前日にカラオケセット必要なら持って行くよと電話したのが失敗で、重い一式をリュックで背負う事になる。

一宮駅でJRのトイカに少し入金し出発。名古屋から4人、岐阜から1人揃って米原で乗換えて木の本駅に到着。この駅の改札口が何か変で結局これが後で問題となった。バス乗り場には定時バス以外に紅葉バスがあってそれに乗ると鶏足寺・石道寺の紅葉マップをくれた。バスを下りて少し坂道を登ると石道寺の入口で200円の拝観料を取られた。お寺に入るのとは関係なく紅葉の木々の手入れ料だと。何でもお金だね。

だけど日曜日でもあって沢山の人、前日の雨で少し道は泥濘落ち葉で滑りそうになる。鶏足寺はかなり階段を登る必要があり、石塔が立っている入口と思われる所の紅葉も素晴らしく、肺気腫の私は其処までにしたんだ。
2016_1121入丸八幡0003 2016_1121入丸八幡0004
2016_1121入丸八幡0011 2016_1121入丸八幡0005
駅行きのバス停に急ぐ途中、既にバスは出発していたのを厚かましい年寄り共はバスの前に飛び出して無理やり止めて乗せてもらう。「普通では決してしませんよ」とガイド車掌に言われてしまった。町のPR館みたいな所で降りて見学、この北国街道だけが町みたいな所、食事を済ませて長浜に向かった。
2016_1121入丸八幡0015 2016_1121入丸八幡0018 2016_1121入丸八幡0016 2016_1121入丸八幡0024
PR館にあった写真、北国街道の表示と懐かしいポスト、何かの跡、木の本駅。

私の生涯日誌 その240

2016年  19日 13:20
2月末の連絡で妻の兄の連れ合いが亡くなった。急ぎ九州へ行き2日の通夜、3日の葬儀に参列したが、夫婦二人の生活だったし義兄の体調も余り良くないので心配したが、後日確認したら結構元気にしていた。義姉の時もそうだったし周囲が心配する程人間は弱く無い。悲しみを乗り越えないと生きていけないんだね。3日の夜は憲二と折尾で献杯、翌日には妻と学業の神様太宰府天満宮に孫娘美穂の高校入試祈願で参拝。有名な飛梅
2014_0304太宰府天満宮0010 2014_0304太宰府天満宮0002
3月には娘と下の孫娘が来たので、尚宏、美穂も連れて下呂から飛騨へ一泊流行。オテル・ド・マロニエに泊まったが翌日は3月の忘れ雪、雪の中を飛騨の民俗村とか回ったけど寒かったね。
2014_0321下呂温泉旅行0015 2014_0321下呂温泉旅行0023
2014_0321下呂旅行20035 2014_0321下呂温泉旅行0005 2014_0321下呂旅行20033 2014_0321下呂温泉旅行0018
2014_0321下呂温泉旅行0021 2014_0321下呂温泉旅行0024 2014_0321下呂旅行20052 2014_0321下呂旅行20058
民俗村から飛騨高山の町散策、おやきとかを食べて飛騨高山の山車展示館で記念撮影。

3月28日からプロ野球開幕、巨人は勝ったけどね。30日に愛知県下水道資料館でオカリナの発表会、ドレミのさんぽ2名、オカリナひろば5名参加、雨の酷い日だった。
2014_0330下水道会館オカリナ0012 2014_0330下水道会館オカリナ0008 2014_0330下水道会館オカリナ0004 2014_0330下水道会館オカリナ0025

(注)この頃良く休むけれど、明日朝早くから「六日の菖蒲会」で木の本の鶏足寺の紅葉や長浜の町散策、翌日は近江八幡の街を散策する一泊の旅をするので又明日から21日迄ブログを休みます。すみません。