風に吹かれて 東京の旅 ④

2016年  31日 09:15
東京最期の日、次兄の家で目が覚める。今日も天気で手入れの良い庭の緑が美しい。予定より少し早くタクシーを呼んで鎌倉駅へ。今日の予定は、「オカリナひろば」のお土産の「鳩サブレー」と孫の土産に江ノ島で「江ノ電もなか」を土産に買う事、次兄夫婦の案内で長谷寺から鎌倉の大仏へ行き江ノ島見物をして藤沢に行き東海道線で小田原に行って16時4分の新幹線ひかりに乗るのが予定のコース。行動は全て兄がビデオに収めてDVDを送ってくれると言う。但し自分としてはブログに載せる必要もあり写真を撮って行く事とした。これからは写真を載せながら説明しよう。

2016_1027入丸八幡0026 2016_1027入丸八幡0083
兄貴宅の庭の一部と江ノ島から見た富士山を先に載せた。
2016_1027入丸八幡0033 2016_1027入丸八幡0038 2016_1027入丸八幡0039 2016_1027入丸八幡0042
江ノ電鎌倉駅から電車で長谷寺へ、地蔵堂の傍には卍池と水子地蔵の山。
2016_1027入丸八幡0044 2016_1027入丸八幡0046 2016_1027入丸八幡0051 2016_1027入丸八幡0055
長谷寺の長谷観音は奥に鎮座していたが撮影禁止で拝んだだけ、平日で早い時間だったから境内も寺院内も静かで良かった。所が大仏さんの所は修学旅行か遠足かのガキ共が境内に一杯、まあ大仏さんは大きいから関係無かったけどね。天気が良くて暑くて汗だくだく、そろそろバテ気味だ。それにしても兄貴は健脚、平気でさっさと歩いて行く、自分の足の弱さが思い知らされたが、これから先が先が思いやられるな。
2016_1027入丸八幡0059 2016_1027入丸八幡0062 2016_1027入丸八幡0079 2016_1027入丸八幡0076
家を出たのが早くて「鳩サブレー」の豊島屋が開いて無かったが、大仏近くに出店があり無事ゲット、次の目的地江ノ島へ、江ノ島駅が近づくにつれ、江ノ電からは江ノ島富士山が目に飛び込んで来る。江ノ電はドラマにも良く登場するが確かに景色は裕次郎達が見ていた景色なんだろうな。江ノ島駅のコインロッカーに荷物を預け、早速江ノ電モナカの扇屋へ(写真の江ノ電の正面が店の看板)、これも無事確保し土産は終了、それにしてもこの最中は結構重いな。

風に吹かれて東京の旅 ③

2016年  30日 08:30
3日目は朝食のバイキングを早めに食べ7時半にはホテルを出立、着替えとかを娘に宅急便にして貰う為娘宅に寄り、最小限の荷物と2家族への土産を持って長兄宅を訪問した。暫くして次兄夫婦も到着してまずは食事の前に仏様にお経を上げて、全員揃っての記念写真を撮る、丁度25日は母の月命日に当たり兄弟が集っての団欒にはさぞ喜んだ事だろう。私の妻は体調を崩し参加出来なかった代わりに娘が参加、酒の燗付け係りを任命されそれなりに役にたって良かった良かった。

兄嫁がご馳走を作ってくれていたが、前日長兄の息子即ち甥っ子が新潟の旨い酒と大きな国産松茸3本を届けてくれていた。これは高いぞ高いぞと言いながら、松茸は未だ初物だから笑って食べないといけないよと講釈が入るも美味しく戴いた。良い息子を持って兄貴も安心だ・・(〇一郎 読んでるか)。幸い皮膚癌手術も目の手術の経過も良好、人の腹を叩いて「なんじゃこの腹は、俺は体重50k台だぞ」と威張るだけ健康で何よりだ。

それからは飲んだね食べたね喋ったね。本来来年1月の母の23回忌には12月早々に揃って長崎のお墓にお参りし、未だ会ってはいないけれど親戚の「吉宗」にも挨拶に行ってそこで食事しようと言う相談が纏まった。(これは後日、長崎は寒いし長兄の体力も心配と言う事で12月に永平寺の別院、西麻布の長谷寺で法要を行う事に変更した)

日本酒を飲み干しウイスキーに変わった所で、長兄と次兄が碁を打ち始めた。体調が良い頃には次兄は長兄の家に月に一度は泊まり込みで烏鷺を戦わす程好きだったが、暫く体調の問題もあって出来ずにいた為ウズウズしていたんだ。結果は次兄は長兄をたてて気持ちよく終局し、その後は供養の代わりにマイクも無いのに私と長兄でよれよれの「吾亦紅」を歌ってお開きとした。私は次兄と一緒に鎌倉の家に向かったが、結構酔っており私のたっての希望で家でラーメンを食べ、今日の楽しい一日は、夢の世界へと流れて行ったんだ。

2016_1029入丸八幡0002 2016_1029入丸八幡0003

2016_1029入丸八幡0004 2016_1029入丸八幡0007 2016_1029入丸八幡0008 2016_1029入丸八幡0009
「はぁ~ 発声はこうするんだよ」「出来るよ、歌わせろよ」「困ったなぁ」「肩を抱いてやるからさぁ」「判ったよ1番だけだぞ」次兄が全部撮影してました。漫才ではありませんコーラスです。

風に吹かれて東京の旅 ②

2016年  29日 09:55
2日目の24日は夕方から同期会の日だ。婿と上の孫娘は定刻に出勤、遅く起きてきた下の孫娘に早速「島人ぬ宝」の「あいの手」を教わる。連絡していたのでこれを教える為に遅い出勤にしてくれたらしい。

所が「イヤ~ サッサ」迄は良かったが「スイ・スイ・スイ・スイ・スイ・スイ スイサッサ~」の出だしの1拍休みが中々出来ない。オカリナの練習でも楽譜が良く判らないので、先に歌を覚える事から始めるし、オタマジャクシにはドが1と言う様に数字で覚えている。昔から歌を歌うのは好きなのに楽譜は全くでダメで覚えようとしないんだ。

所で何の為に島人の宝の「あいの手」が必要かと言うのを説明していなかったな。今月の31日にオカリナ演奏のボランティアで介護施設を慰問するのだが、我々の演奏の後に先生が演奏するのが「島人の宝」で、その可愛い先生から「あいの手」をお願いされたんだ。これは本番のオカリナよりも大切な事だと言うのが理由なんだよ。結局直ぐには覚えられず携帯録音機に収めて帰る事にした。

同期会の会場は浅草ビューホテル、つくばエキスプレスに乗る為に、交通機関に弱い私は「山の手線」と「丸の内線」とを間違えてホームに入ったり右往左往してやっとホテルに到着。懐かしい人にも会って、お互い元気である事を喜んだ。何しろ前回の2年前から既に3人が鬼籍に入っており、分かっているだけでその数だから、連絡がつかない者を合わせたらどうなるだろうと少し寂しく思った次第。

120人の卒業生で今回の出席は27名、いつもこれで終わりかなと思っているが、次回は大阪が幹事を引き受けてくれる事になり2年毎を変更して1年目の来年開催と決定した。出席者は皆元気だが2次会のカラオケでは余り出しゃばりは居ず、小生「花と竜」と「芭蕉布」を披露し喝采を浴びたんだが、2曲も歌うとは私はやはり出しゃばりか。

部屋からはスカイツリーが真正面に見えて最高、土井君と同室だったが私のイビキは家族でも辟易とするレベル、彼の朝目覚めるのが遅かったのは恐らく私の所為だと申し訳なく思った次第、ゴメン m(_ _)m。
2016_1027入丸八幡0126
2016_1027入丸八幡0023 2016_1027入丸八幡0018


風に吹かれて東京の旅 ①

2016年  28日 09:04
24日の山大経済学部10期同期会に出席の為、23日に尾張一宮の駅で妻に見送られて東京に向かった。私の性格はゆとりを持って行動すると言う、良いのか悪いのか判らない所があるが、この日も12時27分発の新幹線に乗るのに、名古屋駅の待合室に入ったのが11時15分、流石に少し早かったようだ。

この頃余り旅行をする事が無いので解らなかったが、待合室の中は白人の外人さんがいっぱい、最近外国の旅行者が多いと言うのは聞いていたが本当なんだなぁ。今日泊まる予定の娘宅の土産に「赤福」を買って、昼食用の「天むす」と「読むだけですっきりわかる戦国史」と言う単行本を準備して新幹線ひかり518号に乗り込んだ。

私はジパングの会員になっているが「のぞみ」は30%の割り引きが効かない。30%の割引は大きいよ、急ぐ旅でも無いので隙間だらけのひかりの車両でのんびりと車窓の景色を楽しむ。天むすだけでは物足りなくて車内販売の「カツサンド」を食べ、コーヒーを飲んでいる間にもう横浜。退屈もせずいい旅が出来そうだ。

さてこれからが問題だ。娘の住まいは池袋から出ている西武池袋線の「ひばりヶ丘」だから山の手線内回りで池袋へ・・・止まる駅が多いけれど大丈夫かなと不安を感じ始めた時に次は池袋との案内。案内表示に従って西武池袋線の改札口に行き「飯能」行き急行で二駅、改札口に娘の顔を見てほっとした所て、ゆとりの顔を取り戻した。

駅には旦那の運転で迎えに来ており帰りのスーパーで買い物に付き合う。店内で横浜名物焼売のサービスを食べていたら「お父さん、そんなの食べていたら買わされますよ」と婿の声、「大丈夫だよ、一宮のスーパーではいつも食べてるよ」・・私は田舎者かな。 娘の家は保谷から代わって以来始めて、しかしマンションと言うのはどこも間取りは大差がないね。

土産の「貝新の佃煮」と「坂角のせんべい」と「芋まんじゅう」と追加した「赤福」には早速に手を出していた。食事をしている所に上の孫娘が帰宅、下の娘は遅いらしい。婿を付合わせながら、飲んで食べて東京の初日はまず快適快適

私の生涯日誌 その235

2016年  22日 13:45
29日の今日は山に霧がかかっていたが雨の心配は無さそうだ。昨夜の食事の時に使われていた手作りの器を、飾り物として土産に買って帰った。驚いたのは宿を出発する時に宿の人からおむすびのお弁当を貰った事だ。黒米のおむすびだったが、これが本当に美味かったんだ。旅館を引き上げる時にお弁当を貰ったのは始めてであり、この心遣いが良い印象として心に残ったので、インターネットでこの宿を予約した所に、岩戸屋を褒めたコメントを入力しておいた。

最初は宿の直ぐ近くの天岩戸神社本宮をお参りする事とした。お宮は高い石段の上にあるが、登り口の横に天うず女命(あめのうずめのみこと)(うずの字は金偏に田だがパソコンで出てこない)の像があり近寄ると舞をするように回転する。(天の岩戸の前で踊った日本最古の踊り子と言われている)。本宮を参拝し続いて西本宮を参拝、更に高千穂宮を参拝したが、石灯籠の上にも苔が山をなしており歴史を感じさせた。お参りを済ませてからいよいよ高千穂峡の見物だ。
2016_1022入丸八幡0001 2016_1022入丸八幡0002 2016_1021入丸八幡0064 2013_0530兄弟夫婦旅行20119 2013_0530兄弟夫婦旅行20122 2013_0530兄弟夫婦旅行10030 2013_0530兄弟夫婦旅行10029 2013_0530兄弟夫婦旅行20125
2013_0530兄弟夫婦旅行20128 2016_1021入丸八幡0069 2016_1021入丸八幡0076 2016_1021入丸八幡0075
写真を沢山載せようとすると順番も何も分からなくなってしまった。小さい写真だと特に分り難い。いづれにしても1段目は「うず女」と本宮の登り口、すぐ右にうず女の像。2段目は神社本宮と西本宮登り口。三段目の右は高千穂宮の石灯籠。
次は高千穂峡にしよう。ここは昔福岡勤務の時に一度来た事があるが、兄達は始めての様で素晴らしい景観に満足して貰った。
2013_0530兄弟夫婦旅行10038 2013_0530兄弟夫婦旅行20130

2013_0530兄弟夫婦旅行20141 2016_1021入丸八幡0089 2013_0530兄弟夫婦旅行20135 2016_1021入丸八幡0088
高千穂峡の最も景観の良い所。渓谷の水は上から見ると澱んで見える。この滝は真名井の滝で、小さな写真は反対側から撮したもの。白く光っているのは渓谷の下を流れる川である。写りの加減で上に登っている様に見えるが、上から写したので分り難い。
右の2枚は川の反対側の大きな池にチョウザメと鯉が泳いでおり、長兄が「大きな鯉が泳いでいるよ、1mはあるかな」と大きな叫びを上げていたが、立て看板にチョウザメと書かれているのを見て「何だキャビアか」 とは恐れ入ったね。

お詫び
明日23日から27日迄ブログを休ませて戴きます。東京で大学10期の同期会に出席します。合わせて娘宅に寄り、長兄宅で次兄も交えて会食、続いて次兄宅に寄り江ノ島見物をして帰ろうと思っています。勝手ながら宜しくご了承下さい。本日迄お訪ね戴いた方のブログは拝見しますが、後は28日になります。

私の生涯日誌 その234

2016年  21日 17:04
島鉄の島鉄本社前で降りると南風楼の車が迎えに来ていた。南風楼は割に大きな旅館で大村湾に面し庭も立派だったが、来た日が悪かったのか老人クラブの各団体みたいなのが宿泊しており、サービスに欠ける点があったのは残念だった。夕食はまあまあだったが、カラオケルームは明かりが暗く沢山撮した写真も殆ど見えない位だった。

翌日は朝から雨、予約していたトヨタレンタリースが車(ヴォクシー)を宿迄届けてくれた。雨の中だけど予定していた島原観光に向かう。普賢岳・平成新山は展望場所から雨に霞んで全く見えずそのまま島原城に向かう。雨に風も強くなり、外で写真を撮る事も出来ず最上階も雨と風で早々に退散。
2016_1020入丸八幡0025 2016_1020入丸八幡0029 2013_0530兄弟夫婦旅行20067 2016_1021入丸八幡0003
島原市内は武家屋敷通りと湧水庭園に行ったが、武家屋敷は雰囲気だけの上再々車が通るので趣も無い。水屋敷の菖蒲は綺麗だったね。長崎名物「かんざらし」はちゃんと食べましたよ。12時5分発のフェリー「オーシャンアロー」号で島原外港より熊本に渡り宮崎県高千穂に向かって出発。運転手は多少疲れそうだが全員元気、次兄は映写カメラを回し続けている。途中の観光地は通潤橋、時期的に橋からの放水は無いがここ迄来たら形だけでも見ておこう。
2016_1021入丸八幡0018 2016_1021入丸八幡0017 2016_1021入丸八幡0021 2016_1021入丸八幡0024

2013_0530兄弟夫婦旅行20100 2016_1021入丸八幡0028
背景は通潤橋                         くまモンが門番の古民家
途中で長崎鼻展望所より阿蘇外輪に繋がる渓谷美を誇る蘇陽峡に立ち寄り、今日の宿泊地高千穂の花旅館岩戸屋に到着した。岩戸屋は佇まいからも鄙びた静かな宿で、料理も山菜中心で我ら年寄りには都会の喧騒から離れ静かな一時を過ごす事が出来た。
2016_1021入丸八幡0035 2016_1021入丸八幡0037 2013_0530兄弟夫婦旅行20117
高千穂宮の傍で夜神楽があると聴き早速に出かけた。こんな辺鄙な所に100人位の客が入っていたのは驚きだった。
2013_0530兄弟夫婦旅行20106 2013_0530兄弟夫婦旅行20109 2016_1021入丸八幡0056 2013_0530兄弟夫婦旅行20111

私の生涯日誌 その233

2016年  20日 18:00
6月逝去した父の27回忌を兄弟夫婦で長崎の永昌寺で行う計画を立て、末っ子の私が法要後の旅行の計画を立て、ホテル予約、レンタカーの手配を全て行った。

計画の概要は5月26日航空便で長崎へ行き、次兄夫婦と同じホテルを予約。長兄は前日より法事準備。27日永昌寺での法要、その後禅林寺参拝。そのまま島原鉄道で島原、宿泊先南風楼へ。28日予約していたレンタカーで島原城、普賢岳展望、市内観光・水屋敷他、フェリーで熊本に渡り水潤橋見物後宮崎高千穂宿泊先花旅館岩戸屋へ、夕食後神楽鑑賞。29日天岩戸神社東西、高千穂神社、高千穂峡、から阿蘇に向かい白川水源、阿蘇神社、阿蘇草千里から中岳、仙酔峡を経て本日宿泊先東横イン熊本へ。ここでレンタカーを返却。30日熊本城観光後熊本駅で解散。我々は飛行機で中部空港へ。

26日:長崎空港からバスで長崎に入り、次兄夫婦と東横イン長崎駅前ホテルで合流して「吉宗」で昼食、時間もある事から市内観光として出島・オランダ坂・眼鏡橋に行く事にした。そこで何故かカメラが変になり余り写真が撮れなかった。その夜は長兄夫婦も合流して中華街の江山楼にて会食。
2013_0530兄弟夫婦旅行10010 2013_0530兄弟夫婦旅行10018
下の写真は出島の中に昔の出島の建家模型。      眼鏡橋とオランダ坂。
2013_0530兄弟夫婦旅行10006 2013_0530兄弟夫婦旅行10003 2013_0530兄弟夫婦旅行20058 2013_0530兄弟夫婦旅行10016
27日は朝次兄夫婦と日本二十六聖人像を見てから永昌寺に向かい、無事法要を終わり禅林寺にも全員で参拝し長崎駅のまたもや中華料理店皇上皇にて昼食、真っ直ぐ島原へ、宿泊予約の南風楼に電車の着時間を連絡しバスの迎えを依頼した。
2016_1020入丸八幡0002 2016_1020入丸八幡0004
2016_1020入丸八幡0008 2016_1020入丸八幡0007
永昌寺、禅林寺にて6人揃って「般若心経」を唱える。もう揃ってお参り出来るのも最期かもしれない。

私の生涯日誌 その232

2016年  19日 14:32
2013年(平成25)に入る。もう時代も近くなったので世の中の出来事も記憶に残るものが多い。主な事は2月:ロシアに隕石落下、5月:長島茂雄氏と松井秀喜氏に国民栄誉賞、8月:イチロー日米通算4000安打達成、9月:夏季五輪パラリンピック東京開催に決定、10月:消費税8%へ、11月楽天初の日本一、12月:流行語大賞異例の4つ決定「じぇじぇじぇ」「倍返し」「今でしょ」「お・も・て・な・し」。

恒例の新年挨拶、今年は娘家族は来ていない。孫娘達も大きくなって自分達の用事があるようだ。1月には年末に予約していた妻の指の腱鞘炎手術を実施、紹介された「森田シャントアミロイド治療クリニック」で一発で治った。
2013_0101H25元旦0009 2013_0101H25元旦0010

2013_0101H25元旦0026 2013_0101H25元旦0036 2013_0101H25元旦0037 2013_0101H25元旦0040
2013_0101H25元旦0043 2013_0101H25元旦0048

3月に入ると孫の佳奈が友達と一緒に訪ねてきた、旅行の最後に立ち寄ったようだ。朝来て名古屋城、なばなの里を案内して夜11時の夜行バスで東京に帰った、何とも気ぜわしい旅だが若い頃はこんなのが楽しいのだろう。
2013_0303佳奈友人と旅行0003 2013_0303佳奈友人と旅行0007 2013_0303佳奈友人と旅行0012 2013_0303佳奈友人と旅行0021
2013_0331石刀神社参道桜0001 2013_0331石刀神社参道桜0004 2013_0331石刀神社参道桜0006 2013_0331石刀神社参道桜0009
このしだれ梅は昨年藤原GCの帰路、梅園で千円で購入。 石刀神社参道の桜並木。
10日に愛知県下水道科学館での春のロビーコンサートにオカリナの発表会として出席した。対外的に演奏するのは始めてだったが楽しく演奏が出来て私も満足、先生も満足、観客の妻も満足。
2013_0310オカリナロビーコンサ0008 2013_0310オカリナロビーコンサ0011

その夜、東京の友人から入丸時代からの先輩の岩本氏が急逝したとの連絡が入った。彼には福岡時代から家庭ぐるみ公私共に良い兄貴分であった。14日通夜、15日告別式と参列し慌ただしいお別れをしたが、帰りに先輩の関氏、後輩の三神君と岩本氏をしのんで献杯。この日は鎌倉の次兄宅に世話になり翌日鎌倉瑞泉寺、鎌倉宮、天満宮、護良親王首塚と朝の散歩で兄に案内して貰った。

美穂の催しとしての管楽器コンテストと一宮リバーサイドフェスティバルを見に行った。フルートも中々上手になっている。5月の誕生日で75歳、とうとう後期高齢者の仲間入りだ。
2013_0203H25管楽器コンテスト0004 2013_0203H25管楽器コンテスト0005 2013_0203H25管楽器コンテスト0010
2013_0503美穂演奏会0009 2013_0503美穂演奏会0017

今年の5月迄のゴルフは2月:安八CCに2回98,97、3月:藤原GC91、土筆会コンペ小萱OGM105で11位、4月:富士可児美濃CC95、花菱会OB会シーダーヒルズCC96、リオフジワラGC103、5月:多治見北GC95、山大中部鳳陽会コンペ養老CC100で2位。明日は父27回忌で兄弟夫婦長崎への墓参記事。

私の生涯日誌 その231

2016年  18日 14:32
10月にはプライベイトで土井君達と岐阜本巣CCでゴルフ:89、宇部万年池は記述済、11月2日は全然会社明徳産業創立コンペに参加藤原CC:96(12位)、11月3日は江南市民文化センターであった尾張吹奏楽祭に美穂の中学が参加、孫の司会とフルート演奏を見学。
2012_1103(004).jpg 2012_1103(009).jpg

11月10日から六日会の一泊旅行、初日パターゴルフをして鵜沼に泊まり、翌日は中山道鵜沼宿を散策し犬山城より約3.6kmにある日本ラインを見下ろす景勝地寂光院の紅葉を鑑賞。
2016_1018入丸八幡0001 2016_1018入丸八幡0006
2012_1110(011).jpg 2012_1110(003).jpg
2012_1111(003).jpg 2012_1111(006).jpg

11月19日土井君とのゴルフ高岡GC:91、28日は土筆会ゴルフサンクラシックGC:93で3位、12月7日はシーダーヒルズGC:110。今年もこれで平穏無事に年を越すかと思ったら、亡き姉の夫、義兄が亡くなったとの知らせが入り、急遽兄弟夫婦と甥と高槻市の高槻会館に泊まり通夜と告別式に参列した。今年の最後のゴルフは土井君と藤原GC:93、結局今年は合計30回のゴルフを行い、平均97.5で終わった。

私の生涯日誌 その230

2016年  17日 16:00
28日、朝の佐世保駅前は静かなものだ。佐世保は軍港としての名前は良く聞いていたが始めてである。今日は遊覧船パールクイーンで九十九島巡りをした後水族館の「海きらら」に入る。出た所に佐世保名物の佐世保バーガーの店がありベンチに座ってそれを昼食としたんだ。時間があったので展海峰と言う九十九島が一望に見える展望所迄バスで登った。未だハウステンボスに行く電車の時間迄ゆとりがあったのでアーケードのある商店街を散策したが、これと言った目に止まるものは何も無かった。
本日の宿泊予定ホテルオークラJRハウステンボスはハウステンボス入口のすぐ傍にありそこでで一夜を過ごしたが、翌朝ベランダから園内の建家が一望出来、天気も良く楽しい一日になりそうだ。
2012_1028(004).jpg 2012_1028(028).jpg
2012_1028(002).jpg 2012_1028(005).jpg 2012_1028(015).jpg 2012_1028(021).jpg
2012_1028(022).jpg 2012_1028(024).jpg 2012_1028(030).jpg 2012_1028(029).jpg
2012_1028(034).jpg 2012_1028(045).jpg
2012_1028(044).jpg 2012_1028(046).jpg 2012_1028(047).jpg 2012_1028(048).jpg
展海峰からの九十九島と頂上のお花畑。   夕方にホテルオークラJRハウステンボスに到着

ハウステンボスは一つの国として設定しており、入場ゲートから入国し後は歩くも良し、自転車で回るも良し、場内は水路で回遊出来るようにもなっているが我々は歩いて回ったんだ。アミューズメントの街では勿論有料ながら迫力のある映像を見たり、パレードを見たりして楽しんだが後は写真を見て貰った方が早いだろう。
2012_1029(010).jpg 2012_1029(012).jpg
2012_1029(014).jpg 2012_1029(015).jpg 2012_1029(016).jpg 2012_1029(020).jpg
2012_1029(024).jpg 2012_1029(038).jpg
2012_1029(022).jpg 2012_1029(027).jpg 2012_1029(029).jpg 2012_1029(046).jpg
2012_1029(048).jpg 2012_1029(050).jpg 2012_1029(051).jpg 2012_1029(052).jpg
最後は自棄っぱちの様に写真を並べてしまったが、親子3人旅で楽しかった事を伝えたかったんだ。帰りは長崎空港から娘は東京へ、私達は20時30分発で中部空港へ戻ったんだ。25日に出発29日帰宅、楽しい旅だった。