今日は何故か機嫌が悪い

2016年  31日 10:53
○和歌山の4人を死傷させた犯人が、拳銃を所持しているのが判っているのにも拘らず、緊急対策を行った様子も無く、一般市民の見かけたと言う通報で駆けつけた所、拳銃でパトカーを撃たれ窓ガラスが割れたんだと。テレビでは何か建物の上に立って二丁拳銃をチラつかせているのが写っており、説得中だとか言っている。

何故撃ち殺さないんだ、何の為にサットとか訓練させているんだ。相手は人殺しの上に、今も発砲してきたんだろ、危険な人物じゃないか、説得の仕方も、出て来ないと撃ち殺す了解を得る位の事を言って、従わなければ殺せばいいんだよ。それとも何か!善良な一般市民が打たれて死ぬか傷つくのを待っているのか。それを正当な理由にして撃てるようにと待っているのか。家から出るなと言っても何が起こるか判らないんだぞ。

それとも射撃が下手なんで怖がっているのか、オリンピックで良く判ってるよ。犯人は覚せい剤取締法違反事件の男だろ、こんなのは生かしておく必要もないんだよ。アメリカの警察は銃の使用に行き過ぎの所はあるが、こんな時は市民の安全第一を考えて一発で撃ち殺してるよ。日本は市民の命より凶悪犯の命が大切なのかい。何か起こってからは遅いよ。米国に修行に行って来いよ。

○ 本当に中国と言う国は、自国が誤った行為をしても平気のへいざ、むしろその違法行為を正当化しようとする。欲に固まったその性格は生まれつきのものなのか、指導者のねじれた考え方なのか、北朝鮮の無能なガキと変わらないのか。

日本主導のアフリカ開発会議に中国は警戒し、いちゃもんをつけている。中国はアフリカに対し金で牛耳って行く考え方で接しており、そんな疚しい考え方を持ってるからこそ、日本も同じ考えだと批判している。馬脚を現したようなもので、弱い相手に金の力で押さえつけようってのが中国なんだよ。

何でもかんでも自分の物にしたい、理屈なんかどうでもいいんだ。正常な相手が何もしないでいると屁理屈を通してくる国なんだよ。今にジンギスカンが侵略した範囲迄自分の領土だと言い出しかねないのが怖いね。

2016_0807入丸八幡0003 2016_0825入丸八幡0008
  8月7日                         8月25日
2016_0829入丸八幡0002 2016_0831入丸八幡0002
  8月29日                        8月31日
あれだけ沢山植えた朝顔も、咲きつづけたのは2株だけ。もう終わりだろうと思いながら30日迄咲いた花も今日31日は左右に4輪だけ。恐らく明日は0でしょう。最初は抜いてしまうぞとか言っていたけれど、小さいながらも、30輪近く咲いた日も何日かありご苦労だったと言いましょう。朝顔は知っての通り1日で萎むから、合計ではかなりの花だったと思う。

オリンピック夜話・最終

2016年  30日 12:45
オリンピックの話も底をついた。結果の良い悪いで褒めたり貶したりしたと言うより、感動を与えてくれた事や不甲斐なさに腹が立った事を主体に書いたつもり。柔道、レスリング、競泳、体操、卓球については何も言う事は無い、良く頑張った。このブログで記事にしなかった女子重量挙げ三宅選手、陸上男子50k競歩の荒井選手、テニス男子錦織選手、バドミントン女子シングルス奥原選手達も良く頑張ってくれたね、ご苦労さん

それだけに4年後の東京オリンピックに向けては、地元で開催だけに尚一層の努力と結果が必要となるだろう。日本は2000年以降、選手を医・科学の側面からサポートする国立スポーツ科学センターや各種トレーニング施設と宿泊所が完備されたナショナルトレーニングセンターが東京都に設置された。それ以外にも強化合宿を定期的に行える施設が容易に利用出来る様な選手支援が充実して来ている。

だが今回成果が大きかった要因に、監督、コーチ、選手同士の一体感があった事を忘れてはならないだろう。メダルを取る事への執着が強すぎて、ロシア、中国の様なドーピングを含む不正に走ってはならない。これからも日本人の美徳である正々堂々、清く正しく美しくをモットーに成果を上げてくれる事を切に願っている。

東京五輪は2020年7月24日に開幕し、新たにメダルが期待される野球・ソフトボール・空手を含む5競技18種目が追加された。オリンピック大会旗も既に小池都知事が受け取って日本に持って来ている。

小池さん、これから開催に向けての大変な時期の都知事として、やらねばならぬ事が山ほどあると思うが、「都議会のドン」として問題の多い自民党の内田都議会議員,これには気をつけなさいよ。 大手GCのトップが内田参りをするのも何かきな臭いが、そんな男だから牛耳られないよう頑張って欲しいものだ、期待してるよ。

2016_0822入丸八幡0053


オリンピック夜話 ④

2016年  29日 11:12
レスリングの吉田が決勝で敗れかなり騒がれた話は既に述べたが、新聞にこんな記事が載った。{横綱双葉山の69連勝を巡っての名言が残る。70連勝を阻止した前頭安芸の海が喜び勇んで勝利を報告すると、師匠の出羽海親方は「勝って褒められるより、負けて騒がれるようになれ」と。負けた事が大ニュースになるのはそれ程強かったと言う事である」まさにその通りであった。

今回卓球シングルスで銅メダルを獲得した水谷のプレーを見ていたが、自信を持った連続ラリーに彼はこれから優勝も夢では無いと思わせてくれた。中国選手のラケットのゴムに疑惑があるとの話もある。それは兎も角中国選手も団体で水谷に破れた選手の参ったと言う顔が印象的であった。

反対にかっては日本のお家芸でもあったマラソンの惨敗は選手もコーチも坊主になれよ。体格差のある競技でのメタル獲得が難しい中で、マラソンは日本人に最適の競技だろ。練習での努力不足なんだ、何が悪かったのかコーチは理解しているのか、4年後は東京の町を走るんだぞ、日本国民に無様な結果を見せるような予測が立つようだったら参加を辞退しろ、本当に覚悟をもって挑めよ。猫と順位を争った韓国の選手よりましだったけどね。

前にも述べたように、体格的に外国の選手に見劣りしない競技は、その結果は全てが努力次第だと言える。努力したくても設備が無いとか時間が無いとか言うのであれば国なり、その担当協会、所属会社に申し出て対策を考えろ。何も対策も相談も無く駄目だと言うなら最初から参加を辞退せよ

射撃とかは銃の扱いから自衛隊か警察関係から選ばれるが、今回もどの競技も遥か下位に名を連ねる。職業上一般人よりましだからと言う程度なら出場辞退しろ。中国、韓国は常に上位にいる、戦争になったら負けてしまうよ。

バドミントン女子のダブルス、シングルス共に立派だった。身長差はかなりのハンディになるが工夫もしていたね。ダブルスは本当に負けたと思った、レスリングの伊調、登坂、土性の逆転を思い出して頑張ったと言うのは記者が考えた事で、同点以降何も覚えていないと高橋が言った言葉が本当だろう、良くやった。

2016_0829入丸八幡0015 2016_0829入丸八幡0019
皮肉な事に監督がバルセロナ五輪金の韓国人朴選手、韓国が悔やんでるそうだ。シンクロの井村監督の話と逆だね。

休日の幕間記事

2016年  28日 16:00
○ いつも家に来ている孫の尚宏は岐阜工業専門学校に通っているが、先週の始めから学校の授業の一環として企業での研修があり、彼は岐阜の航空自衛隊を希望して通っている。航空自衛隊だから輸送機にも乗せて貰ったそうだが、飛行機の修理とかが希望だったようだ。JRも希望したそうだが希望者が多く抽選で外れたとの事。本人の卒業後の希望進路は未だ明確では無い。

話は昨日の事、授業の一環では無いが陸上自衛隊の富士演習場での演習の模様を見学出来る券を貰ったとの事で、行く手段を色々と検討しても電車も無く周辺の宿も満杯で苦慮していたが、こちらの自衛隊から現地向けのバスが出るとの事でそれに乗せて貰える事が出来たらしい。

問題は自衛隊岐阜地方協力本部から28日夜中の2時出発で1時50分迄に集合との事。そこに行く公共交通機関は勿論無く結局私が駆り出されたんだよな。日頃午後10時迄には寝ている私が、孫可愛さの妻にも説得されて起きていたんだなぁ、責任上妻もついて来て零時45分出発、無事孫を送り届けた。2時過ぎに戻って来たが、満足な睡眠が出来ず今ぼんやりした頭でブログを書いている。

2016_0829入丸八幡0024 2016_0829入丸八幡0023

2016_0829入丸八幡0025 2016_0829入丸八幡0026 2016_0829入丸八幡0027 2016_0829入丸八幡0028
2016_0829入丸八幡0030 2016_0829入丸八幡0031 2016_0829入丸八幡0032 2016_0829入丸八幡0035
17時の中京テレビのニュースで富士演習場での迫力ある演習状況が放映された。観客に孫を探したが写って無かった。

○ 27日から第18回「にっぽんど真中まつり」が2日間行われる。最初始まった頃はこれ程盛大になるとは思っていなかったが、日本人は本当に祭り好きだねぇ。今回は全国から207チーム、総勢23,000人の参加である。この時期恐らくホテルや宿は満杯だね。

この参加条件は①鳴子を持って躍る事②躍る楽曲に必ず地元の民謡を入れる。これが守られれば誰でも参加出来る。栄の中心の舞台以外に、名古屋駅前道路や県内各地の指定場所で披露する。最終的に決められた審査員の査定でファイナルに12チームが選ばれ、栄の舞台で最終の踊りが演じられ順位が決まる。私の知る限り、犬山の笑”(じょう)、名古屋学生チームの鯱、Kaguraが上位に入ってくる。私は一度も見に行った事は無い。申し訳ない

2016_0828入丸八幡0016 2016_0828入丸八幡0038

2016_0828入丸八幡0007 2016_0828入丸八幡0011 2016_0828入丸八幡0019  2016_0829入丸八幡0010

2016_0829入丸八幡0008

2016_0828入丸八幡0015 2016_0828入丸八幡0024 2016_0828入丸八幡0026 2016_0828入丸八幡0036

2016_0828入丸八幡0031 2016_0828入丸八幡0022

オリンピック夜話③

2016年  27日 14:00
今回のオリンピックに出場した日本代表選手の中で活躍した、陸上のケンブリッジ飛鳥、ウォルシュ・ジュリアン、柔道のベイカー摩秋、テニスのダニエル太郎はハーフであり、幼児期より日本で育ち日本人として認められているから問題は無い。

問題はラグビー7人制のメンバーの副島亀里ララボウラティアナラ:(フィジー出身2007年日本女性と結婚、2009年来日、2013年日本国籍取得)、トウキリ・ロテ(フィジー出身、日本の白鴎大学出身以来日本で生活、2015年日本への帰化認可)、レメキロマノラファ(ニュージーランド出身日本女性と結婚2014年日本国籍取得)の3人である。

結果優勝はフィジーで日本は強豪の中で4位に入り絶賛されている。が、この3人が居なかったら果たして可能だっただろうか。この3人の履歴からは単純に勝つために呼び入れた人達では無いと判るし、今回問題は全く無いと思うが、今後7人全員が外国出身となった場合素直に喜べるだろうか疑問だ。

最近は勝つ為にヨーロッパ各国は、強い国の人達に国籍を与え代表としている。出場した選手を見ただけではどこの国の選手か解らないのが現状だ。今回の男子400mリレーの様に体力不足をバトントスの技術でカバーし銀メダルを取った、これがスポーツの原点なんだ。バトントスはこれから各国で研究され恐らく4年後の東京では又体力負けするだろうが、これでいいんだ、技術の日本を世界に一度でも知らしめれば、体力のある外国人で編成して勝つよりも大いに誇れる事なんだ。

シンクロナイズドスイミングのデュエットとチームで夫々銅メダルを取った。ロンドンではどちらも5位だったから井村監督が戻っての復活と喜んでも良い。だが待てよ今回も中国が銀、この井村監督が全く入賞も出来なかった中国を指導してめきめきと強くなったのだ。

何故それまで日本を指導していた井村監督が中国に渡ったか良く覚えていないが、何か日本チームを首になったのが不満で敵方の中国を指導し、日本に仕返しをしたとも聞いている。その時は流石に私も「この売国奴め」と罵った記憶がある。その後弱くなった日本に再度迎えられ今回の結果が生まれたのだが、それ位井村監督は優秀だったとも言える。

それは兎も角、今回デュエットもチームも中国の下だろ、それでも選手は銅を取れた事で喜ぶのは判るが、井村監督迄があんなに手放しで喜ぶ事はないだろう。自分が指導した中国だから上になってもいいんだと思ったら間違いだろ、本当に喜ぶのは金を取るか、せめて中国を抜いての銀になってからでも遅くないのじゃないのかな。

2016_0827入丸八幡0002

オリンピック夜話②

2016年  26日 14:34
今回のオリンピックでは金12銀8銅21合わせて41個のメダルを獲得したのはご承知の通りだが、夫々のメダルにも初めての獲得、何10年振りの獲得等の努力の結果が、総数として新記録となったのは喜ばしい事である。

体格的にハンディがある競技、努力さえすれば対等に戦える競技と区別すると、体重別でクラス分けされたレスリング、柔道等は日本人向きであり、陸上はやはり体力的に最初から日本人には厳しい競技が多い。従ってそのハンディを乗り越えて銀メダルを得た陸上男子400mリレー、銅メダルのカヌースラローム男子カナディアンシングルは特に素晴らしいと思う。

金銀銅と言うのは世界の1、2、3位なんだ。極端な話で世界総人口約73億5千万人の中の1,2,3位とは素晴らしい事なんだ。オリンピックは個人競技と団体競技、全てが国の代表としての競技だが、最終的には各国の獲得メダル数が競われ、メダルを獲得する事が政治にも影響を与えると考える国が現れて、純粋なスポーツの祭典から離れて行きつつあるのは悲しい事だ。

特に禁止薬物を使用するドーピング問題、国が後押ししてのドーピングでオリンピックを含む凡ゆる競技大会から締め出されたロシア陸上界の最近の出来事から、北京オリンピックのメダル獲得者の中にも中国を筆頭にドーピング違反者がかなりの数で居た事が判りその処置を検討中との話もある。

純粋な国対抗のスポーツ競技大会の趣旨を離れ、メダル数を争う為の色々な手段、方策が考えられている。薬物問題以外にはその競技に強い国の選手を自国に引き入れて国籍を取らせ国の代表として競技に送り込む事等だ。

今回もドイツ卓球代表には中国人が入っていたが、問題は国籍を取得さえすれば、その国の代表となれる事が安易に出来る事自体が今後問題になるのではないだろうか。身近な話では芸人の猫ひろしがオリンピックのマラソンに出たい一心で何年にも亘ってカンボジアの国籍取得に奮闘し、念願叶って今回出場してビリ2の139位、これは国策と言うより本人の気持ちが優ってのご愛嬌だが、これが出来ると言う所に問題がある。

国として勝つ為の対策として何らかの報酬を準備し、オリンピック出場に間に合う様に強国から選手を輸入し国籍を取らせる、そして終われば元の国に返せばいい。代表の人数が国として限られていれば、本人も出たいと思えば自分の意思ででも協力するだろう。これを世界各国が行う様になったら、例えば陸上100m決勝で9人が全員ジャマイカ人で国籍は夫々9カ国と言う笑い話みたいな事もありえないとは言えないだろうし、それでも勝った国の国民は両手を上げて喜ぶだろうか? 

7人制ラグビー日本代表の事もあり続きは明日にする。

2016_0825入丸八幡0021  2016_0825入丸八幡0024

私の生涯日誌 その199

2016年  25日 15:00
北海道社員旅行の最終日、今日のメイン行事は旭川市の旭山動物園見学である。網走の友愛荘を8時に出発し、国道39号線沿いで網走刑務所の真ん前にあるオホーツク海産物専門店のオホーツクバザールに寄った。

実は今回の旅行の趣向として、バスの車内で抽選会が開かれ、ズワイガニ2ハイ1名、毛蟹2ハイ1名、アブラガニ1ハイ1名、紅鮭1尾1名、ホッケの開き5枚1名の5名の当選が決まっていた。同時に2食入りラーメンを全員にプレゼントとして貰える事になっており、それの仕入れと各人個々のお土産購入をこの店で行う事になったんだ。

私は残念ながら抽選には当たらず、個人の土産として毛蟹を数匹自宅に郵送した。後の話になるがそれから数年に亘ってこの店から自宅に電話での注文取りがあって断るのに往生したね。

そこから北見、上川を経由して旭山動物園に入り2時間半の自由時間を夫々が楽しんだが園内は坂道や階段が多く、流石に足の悪い私には急ぎ足で回る訳にも行かず、ある程度選別せざるを得なかった。

2016_0821入丸八幡0042  2016_0819入丸八幡0077
2016_0821入丸八幡0043 2016_0821入丸八幡0012 2016_0821入丸八幡0016 2016_0821入丸八幡0018
2016_0821入丸八幡0023 2016_0821入丸八幡0013 2016_0821入丸八幡0021 2016_0821入丸八幡0025
2016_0821入丸八幡0045 2016_0821入丸八幡0034 2016_0821入丸八幡0035 2016_0821入丸八幡0039

動物園を満喫して新千歳空港から中部国際空港に戻る。この3日間、何事も無く無事解散。本来社員旅行は万一の危険を避ける為に飛行機は2便に分ける事が多い。今回何事も無く楽しい旅行で終わり本当に良かった

オリンピック夜話 ①

2016年  24日 10:25
一昨日リオ・オリンピックは閉会式を迎えた。色々と話題の多いオリンピックだったが、終わってみれば日本にとってはメタル数が過去最高の喜ばしい結果を残して幕を閉じた。成績の内容は既に報道された通りで繰り返すつもりは無いが、4年後の東京を見据えリオ五輪で思いついた事などを何回かに分けて夜話を進めたいと思っている。順序建てて書くつもりは無く、思いつくまま気の向くままの偏屈おじいさんの言いたい放題もあるけれど、年寄りの言う事だから大目に見てちょ。

開会式はお祭り化し過ぎてショー的要素が多すぎ緊張感が欠けると私は余り良い評価をしなかった。が閉会式は雨の中だったけれど良かったと思うよ。競技も全て終わり緊張感もほぐれた中で大いに盛り上がるのはいいと思う。ただ現地は今は冬、入場行進までは未だ我慢出来たのだろうが、雨で寒かったのだろう、グランドの周囲に作られた選手席には最後の方では人がまばらで白い椅子の席が目立ち過ぎたのは残念だった。

次期開催国日本のPR的パフォーマンスは制限時間8分間の中での企画、演出、進行を椎名林檎が担当したと聞いた。演出内容に賛否両論ある中で、私は色彩的にもう少し派手でも良かった様に思う。日本の謙虚さを表した様にも思えないし、ブラジルの派手な演出が目立っただけに、今一つ工夫が欲しかった様に思う。スーパーマリオに扮した安倍首相の登場は少し軽い様に思えたけれど外国のメディアには評判が良かった様だ。ただ演出的にマリオの衣装の脱ぎ方が早かったな、今少し衣装を着けたままで間を持たしパァッと満面の笑みの首相が現れる・・・このタイミングのテクニックが欲しかった。今回笑も少なく表情が固かったのは残念。

次第に派手に趣向が凝らされて行く中、4年後の東京五輪の演出を誰が受け持つのか今から話題になっている。北京、ロンドン、今回のリオと開会式の演出は映画監督が担った。演出はお金をかければ良いと言うものではない。リオの開会式の演出経費は北京の20分の1、ロンドンの12分の1に抑えられたと聞いている。経済状況の悪化からだと言われているが何度も言う様に演出は中身で勝負なんだ。

今日本で名前が上がりそうな候補者は秋元康、テリー伊藤、宮崎駿、庵野秀明、北野武、宮本亜門の各氏であるが案外思いもよらぬ人になるかも知れない。いずれにしてももう決めておかないと間に合わなくなるよ。

2016_0822入丸八幡0006  2016_0822入丸八幡0056

2016_0822入丸八幡0011 2016_0822入丸八幡0052 2016_0822入丸八幡0012 2016_0822入丸八幡0018
2016_0822入丸八幡0021 2016_0822入丸八幡0025 2016_0822入丸八幡0027 2016_0822入丸八幡0031
2016_0822入丸八幡0033 2016_0822入丸八幡0038 2016_0822入丸八幡0041 2016_0822入丸八幡0044
2016_0822入丸八幡0045 2016_0822入丸八幡0049 2016_0822入丸八幡0052 2016_0822入丸八幡0057
2016_0822入丸八幡0060 2016_0822入丸八幡0062 2016_0822入丸八幡0066 2016_0822入丸八幡0069

2016_0822入丸八幡0077 2016_0822入丸八幡0079

2016_0822入丸八幡0081










夏の甲子園高校野球に思う事

2016年  23日 09:50
○ 夏の甲子園、高校野球の決勝はは21日栃木代表の作新学園と南北海道代表の北海高校との間で争われ作新学園が54年ぶりに優勝した。今年の高校野球で準々決勝に残った8校は私の予想に反する学校が何校か入っていた。同時に盛岡大付属の様に、言い方は悪いが地方の学校にしては強打者の多い学校もあったし、今の試合では昔の様なご愛嬌のエラーも少なくなり、プロ並みの美技をする子も多くなった。

私の考えに裏付けは無く憶測に近いが、昔から都会の野球部の中学生の中にはその地域の野球強豪高校に入れない時や、入ってもチームの代表選手に選ばれそうに無いレベルの者は、地方の高校の中で甲子園代表に行ける実力のある高校に、野球留学する者が多かった。大阪から島根、鳥取に行く子が多かったようだ。

だから出身地がその県で無い選手が居る事自体、純粋な高校野球を汚すものであると私は思っていたし、それはその中学生だけが悪いのでは無く、勝つ事がある意味義務付けられている監督とか、黙認している学校にも責任があるのではないだろうか。

何故今回この様な事を言うかと言えば、熊本代表の初出場秀岳館の選手に熊本出身者が一人も居なく、大阪のリトルリーグ出身者ばかりだったそうで、それを集めたのが元パナソニックの役員をしていた監督らしく、それを知っている観客は被災地の秀岳館を応援するどころか、負けろと思っている者が多かったと友人から聞いたからだ。県代表であり勉強の一環として純粋であるべき高校野球が、プロ並みの補強に走り本来の目的を忘れてしまった学校の将来に不安を禁じえない。

勝つ為だったら何をしても良いと言うのは、内容は違っても勝つために国をあげてのドーピングに走り選手生活をダメにしてしまったロシア人と一緒じゃないか、少なくとも日本人である以上こんな事は止めようよ。懸命な努力によって、体格の劣る日本人がリオ・オリンピックで新記録のメタルを獲得した、これこそ日本国民は純粋にその快挙を賞賛している。

付け加えるとこれは作新学園の優勝にケチをつけているのでは決っしてない。同時に努力を重ねて甲子園出場を決めた学校の選手や監督に失礼な事を言っていると思われるならお詫びする。野球が本当に好きな少年が何とか甲子園に出たいと思う気持ちに悪意はないだろう。だけど甲子園が全てではないんだよ。イチローだって甲子園に行かずとも世界に名を為す選手になっているんだ。これを教えるのが監督だろ、私が言っている事に思い当たる人が居たら、もう一度考えてみようよ。

だけど改めて作新学園優勝おめでとう。君たちは全員県内中学出身者なんだよな?

2016_0821入丸八幡0009
2016_0821入丸八幡0010  2016_0821入丸八幡0030

私の生涯日誌 その198

2016年  22日 11:17
翌日も良い天気、足首をテーピングでしっかりと固定し7時半にホテル出発する。今日はまず摩周湖に向かう。摩周湖は歌にもある様に霧のかかる日が多いが今日は湖に浮かぶ小島もしっかりと見える。

2016_0821入丸八幡0001  2016_0821入丸八幡0003
今日はこのシャツで行こう。ホテルの部屋で記念撮影。  霧の無い摩周湖。
2016_0819入丸八幡0002
全員での記念撮影。
2016_0819入丸八幡0059  2016_0819入丸八幡0071

摩周湖からサクラマスの遡上が見える清里に寄りオシンコシンの滝に向かう。この滝はオホーツク海に流れる名爆だが記念撮影だけで、次の目的地知床峠に向かう。知床峠は羅臼岳が間近にみえる絶景の場所、ちゃっかりと綺麗なガイドさんとの記念撮影、私は右のガイドさんが好みだね。知床では昼食が鮭のちゃんちゃん焼き、北海道でしか食べられないね。
2016_0819入丸八幡0058  2016_0819入丸八幡0062

これから知床五湖に向かい、全員徒歩で五湖の内の2湖の見学に行く。自然観察員のガイドさんが案内してくれたが流石にここは歩きである為、私は一人入口のベンチで休憩。60分の休憩は昨夜のお酒を覚ますには良い休憩だった。今日の宿泊地網走に向かう途中にある女満別町のひまわり畑は素晴らしかった。
網走の宿の「かに本陣友愛荘」は流石かに料理の夕食、2人で2.5kgの活タラバガニが付いていたよ。
2016_0819入丸八幡0040  2016_0819入丸八幡0074