私の生涯日誌 その4

2015年  30日 09:55
前に進む前に少し時代背景を説明していた方が良いだろう。

明治時代の日清戦争も日露戦争も遥か昔、第一次世界大戦は大正時代、私が生まれた昭和13年は、丁度前年から日本と中華民国との戦、支那事変(日華事変)が始まって1年が過ぎた年、この戦争は昭和16年まで続き、12月に真珠湾攻撃の日米開戦から泥沼の大東亜戦争と引き継がれて行く。

この様な厳しい世相の中ながら支那事変は日本の勝利が続いており、写真を見る限り戦争の緊迫感は感じられない。昭和16年この大東亜戦争が始まる少し前に、父の転勤に伴い福岡県若松市に家族全員転居したのである。

若松市は火野葦平の「花と龍」でご存じの玉井金五郎のごんぞう(石炭荷役の沖仲仕)の町、昭和9年には未だヤクザの組同士の大喧嘩もあってこれを基に日活が企画した「博徒百人」と言う映画も作られたそうである。
転居して来た頃の若松の貨物の扱量は石炭を中心に日本一であり活気溢れた町であったが、街の中心を貨物電車が走り都会とは程遠い殺伐とした街であったようだ。

姉と長兄は神戸の学校から転校して来た。ところが昭和16年には国民学校令により制度が変わり尋常小学校が国民学校になり、姉は旧制女学校、長兄は国民学校に通うようになったと思うが、服装でまずいじめにあったそうだ。神戸の学校では制服の上着に半ズボン、黒の長靴下に皮の編上げ靴であったが、若松は未だ下駄や藁ぞうりもある世界、これではいじめられるのも当然だったようだ。

後の話になるが、父はこの子供達の転校時の苦労を見て、この苦労を繰り返させまいとこれ以降の銀行の転勤を拒否したそうである。銀行は転勤によって出世する制度、父は子供達の為に出世を放棄したのである。

この時期我が家の言葉遣いにも変革があった。おとうちゃま、おかあちゃまをお父さん、お母さんに変えたのである。この土地に根付く為にはちゃま使いでは生活出来なかったのである。当初は4人共馴染めず苦労の連続だったらしいが、使ったら罰金の制度迄作ってこの地で生活する努力が始まったのである。(続く)

2015_1129子供時代40012 康介兄と浜の町か。
2015_1129子供時代30007 若松での初雪、3兄弟
2015_1125昌介赤ん坊20022
顔立ちもしっかりして来たな。

私の生涯日誌 その3

2015年  29日 09:23
何故136枚の写真が残っていたか・・父が整理していたネガを探し出して一枚一枚透かして見ながら自分ではないかと探したのである。昔のボックス型のカメラのネガは写真と同じ大きさで一枚一枚セロハンの様な紙袋に収められている。現在のフイルムの様に小さくは無いが、ご存知のように写真とは白黒が逆なので判りにくいし、ベタ写真を作る事が出来ないので大変な作業だった。

本当はもう少しあったのだろうがもうこれで我慢した。それでも昭和初期にこれだけの写真を撮ってくれていたのも父の趣味がカメラであったからだと有難く思っている。

神戸の生活は3歳7ヶ月迄、殆ど記憶に無いが須磨の浦、奈良、神戸の摩耶山、諏訪山公園、五の宮、六甲山、加古川、大阪動物園等に行った時の写真はあるがこれも写真を見ながら母に聞いたものである。後は殆どが近所で遊んでいる写真ばかりで、足に包帯を巻いた写真も結構あったが、怪我をした訳でもなく包帯を巻くのが趣味だったと母が語ってくれた。

「なにゆえに 人々の笑いしか われは知らず え知る筈なし そは稚き 三歳のむかしなれば」 北原白秋の詩を思い出す。

2015_1125昌介赤ん坊20007
2015_1125昌介赤ん坊20009
2015_1125昌介赤ん坊20014
2015_1125昌介赤ん坊20019
2015_1128子供時代0004
神戸時代はこれで終わる。戦争の匂いも何も記憶にない幼児期であった。

話題3点

2015年  28日 09:50
今日も少し書く記事があったので生涯日誌はお休み。

○ 昨日は久し振りのゴルフに行った、土筆会のコンペである。寒波来襲で、晴天だったけれど寒い一日だった。寒さで古傷の左親指付け根の複雑骨折が痛み急遽テーピングで応急手当。その割にはスコア:47+46の93で久し振りにしては満足した。特にショートはバーディ1、パー2、ボギー1(3パット)で好調、最後の谷越153ヤードでは4組目でニヤピンかと喜んでいたら5組目で逆転されていた。
新々ペリア方式でハンディ14になり13位、残念。久し振りだったので帰りに左手がつって指が動かず、今度は運転中に右手がつって指が固まった。腕がつるのは始めてだったが運転事故の原因にはこんな事もあるんじゃないかい。

2015_1127土筆会11月0001 サンクラシックGC
2015_1127土筆会11月0005

○ トルコのロシア機撃墜問題で両国がもめているが、私の見解ではロシアが領空を犯したのは事実だろう。ロシアの言う事等は常日頃の言動からして信じられるものではない。各國ともトルコを支援して早く解決しないと喜ぶのはISだけだ。本当にロシアと言う国は自国の非を正当化して主張する最低の国である事を各国とも再認識すべきである。大国面した卑劣漢だ・・・どこかにもう一国あったような気がするけどな。

○ 明日最終結果が判るだろうが、明日は生涯日誌を書くので今日にした。浅田真央はNHK杯SP4位だ、フリーでトップになるのは到底無理だ。これで私は坊主にならずに済む。私は浅田真央の事を厳しく言っているが、決して彼女が嫌いな訳では無い。ただもう無理なんだから過去の栄光に傷をつける事なく、スケーティングが忘れられないなら何か別の方法があるだろう。ろくに練習も続けてなくて筋肉も衰えた彼女に期待出来るものは無い、甘く見ては懸命に努力している後輩達に悪いと思うよ。

クリスマス会発表曲

2015年  27日 05:00
○ 一昨日オカリナ練習日だった。会が近づくと出席も多くなる、多いと言っても8人中6人だから日頃の出席率が悪いのが判ってしまうなぁ。

先会での宿題、発表会の曲2曲を1曲にするかどうかについて・・・。今日の練習を聞いてから決めようと言う事になった。言い訳ではないが、私は自分で気にかかるフレーズにさしかかると、頭が真っ白になってメロディが流れて来ない。
今回はブログの中でもタンカを切った様に結構練習したつもりだったが上手く行かない。自分が自分に腹が立ってね、日頃良く喋るのに今日は大人しくなってしまった。

以前の会で無縁坂を独奏した時、気にしていた箇所で引っかかって上手く吹けなかった。それ以来最初に気になった箇所に来ると練習ではある程度上手く行くようになっていたのに駄目なんだなぁ。これは心臓の問題だな、先生のように○○○なければいけないんだ。・・・さて○○○は何でしょう?

所でクリスマス会には結局2曲だしてみようとの先生の結論だ。上手く行った訳ではないが努力をしている姿を判断してくれたんだと思うよ。何故なら伴奏では無くメロディを弾きましょうとなったんだ。残念だがメロディが流れていたらオカリナが途切れても何とかなるだろうと言うことなんだな。

泣いても笑っても練習日はあと1回、身内だけのクリスマス会なんだから気楽にやろうぜとは思うけれど三つのクラスの対抗戦でもあるからやっぱり頑張らんとね。

私の生涯日誌 その2

2015年  26日 09:12
5月12日お七夜で赤飯を炊いて祝ってくれたようだ。父は名前を三~四日考えた末「昌介」と命名してくれた。菖蒲にちなみ且さかん也との意が込めてあるそうだ。「健やかに成長し姉や兄と共に立派な人物となる様祈るもの也」と記してある。果たして私は父母の期待に応える事が出来たのだろうか。

兄康介は正式には私と2歳5ヶ月違いである。恐らく私が生まれる前迄は母に添い寝をして貰っていたと思われる。この日の記事にはお腹を壊してお七夜の祝い膳が食べられなかった事、「母親のお乳は昌介のものであることをよく納得していて独りで寝るのでえらいと思っている」と記して未だ幼い兄を気遣っている様子が伺われる。

誕生した上祇園町の家からその後神田町の家に転居し、更に父の転勤により九州福岡県若松市(現在の北九州市若松区)に移り住む迄の3年7ヶ月に写して貰った写真が136枚アルバムに張ってある。これは現在私が整理し所持している約50冊のアルバムの第1冊目である。

父の趣味はカメラで当時ドイツ製のボックス型カメラ(現在康介兄所有:ローライフレックス:当時400円現在価格200万円)を所有し自宅に暗室を作って現像迄していたようだ。父は三井銀行(現在の三井住友銀行)に勤め、私と同様石部金吉で趣味のカメラ(私はオカリナ)一筋だったそうだ。

当時父は写した写真を順次アルバムに整理し膨大な数のアルバムがあったが、子供達の写真を夫々に分けている訳でも無かったので、私が成長して調べた時には兄や姉達が自分が写った写真を剥いで自分が所有してしまっていた為歯抜けだらけ、子供達が一人で写った写真なんかは殆どなく、結局末っ子の私が写った写真で残っていたのは僅かだった。(続く)

2015_1125昌介赤ん坊20002
上は康介兄と。下は母と龍介兄と、家族写真。明子姉と猫はトンか。

2015_1125昌介赤ん坊20005
家族写真だけ少し大きくした。このキューピー随分長くまで居たような気がする。

私の生涯日誌 その1

2015年  25日 08:53
私は昭和13年5月6日(金)午前11時40分、雨、神戸市湊区上祇園町183の自宅で生まれた。父武一母邦子の三男である。兄弟姉妹は姉1人、兄2人。体重は860匁(3,308kg)。姉とは11歳、長兄とは7歳、次兄とは3歳違いとなる。当日の父の育児日記をそのまま転用する。

「邦子が朝から腹の具合が違うとの事なので産婆に来て貰った。陣痛は五分置きで直ぐには出産もあるまいとの産婆の言葉であったが、今日は銀行を休むことにした。攝て頂いた三石神社のお米を食べたら間もなく激しい陣痛が起こりそれが三十分間引っ切りなしに続いて、午前十一時四十分安らかに男の子が生まれた。生まれると同時に高い声を出して泣き出した。女中のチヨを助けて何かと手伝いをした。今日は雨で康介も家に居たので産湯の時赤ん坊を見せてやったらびっくりして見ていた。顔は康介の時と全くよく似ている。予定日より一週間程長くお腹に居たので860匁の体重がある。康介もいよいよ兄さんになった。赤ん坊にも良い名前をつけてやろうと思ふ。始めの頃は目を片方しか明けていなかったので心配したがあとではちゃんと両方明けていたので安心した。康介の時もそうであったが生まれた瞬間は目が良く明けられないjものとみえる。泣き声がとても劇しくおこった様になく。余り泣くので湯たんぽを入れたら泣き止んだ。康介が夜中泣くだろうと思ったが良く得心していて可愛ゆくおとなしかった。」

今日は父の日記だけにする。アジアにはキナ臭い匂いが立ち込め始めていたが、私は斯くの如く平和の中に誕生した。

2015_1124昌介赤ん坊0006 この瞳は今も変わらない
2015_1124昌介赤ん坊0007

*この日誌は連続では無く通常の記事も途中で挿入して行くつもりなのでご了解を。

私の生涯日誌 まえがき

2015年  24日 10:40
そろそろ自分の生涯の伝記を書く準備を始めた。私は有名人でも無く、改めて私の生涯に興味を持つ人も居ないだろうし、果たして読み続けてくれる人が居るかどうか疑問だが、決めた以上は進んで行こう。

先日我が家の先祖「田村庄左衛門藤原俊房」に付いて調べている方の依頼があった我が家に残っている系図の写しと写真の資料を昨日送付した。

この方は愛媛県の方で、ある縁から我が家の親戚でもある長崎の150年の歴史を持つ茶碗蒸し「吉宗」の専務から創業150年の区切りの時に、先祖の事をもっと知りたいとの調査依頼を受け、インターネットを通じて「田村庄左衛門」をインプットした所私のブログの記事にヒットした事は既に述べた。

私が自分の生涯を書くに当たって考えた事は、現在の私は何の取り柄も無い無名の者ながら、将来私の縁者から総理大臣や大企業の社長、癌の特効薬の発見等の有名人が生まれる可能性が無いとは言えない。
その時に「吉宗」の専務のように自分の先祖の事をもっと知りたいと思う子孫が出て来ないとは限らない。その時に苦労させない為の準備だ。

何の資料も無く曖昧な記憶の中で書いて行く記事には、記憶違いや誤りも恐らくあるだろうし、兄弟や知人からのクレームや指摘も有るだろうが、その時は遠慮なく申し入れて欲しい。これは小説では無くありのままを書いて行こうと思っているのだから。

2015_1124育児日記0001
これは父が書いてくれていた私の育児日記である。小ダンスの奥から引き出してきた。私の生まれた昭和13年5月6日より1ヶ月間の6月5日迄は毎日、以後は点々と書き綴っており最後は10月23日で終わっている。

普通の話題3点

2015年  23日 12:10
 昨日の相撲のテレビは見なかったが、今朝の新聞で予想通りの日馬富士の優勝が載っていた。白鵬は日馬富士が稀勢の里に負けたのは予定外だっただろうが、次の鶴竜との取り組みで自分が負ければいい訳で、8勝しかしてなかった横綱の面子も少しは救えると思ったんだろう。
現在角界に誇る横綱として情けないね。これに甘えて横綱の地位にすがり付こうとする鶴竜、日馬富士はこれから先どうすれば良いと思っているのかな・・・思ってなんかいないだろう、何しろ白鵬と言う後ろ盾がいるんだから安心だよな。

 大阪府知事と市長選で新党「おおさか維新の会」が自民、民主、共産が後押しする候補者を破り両方共圧勝した。橋下現市長も今回は多少不安だったと思うが杞憂だったな。
維新の党の不人気な松野氏と別れたのは正解だったと思う、基本的に民主党員だった松野氏が民主党に擦り寄って行くのは周知の通り、今回の結果により更に議員が「おおさか維新の会」に流れると思うよ。
それにしても橋下氏の人気は半端じゃないね、都構想も今度は上手く行くのではないかな。

 国内ゴルフダンロップフェニックスで宮里優作が優勝した。松山は追い掛けたが2位タイに終わり連続優勝ならず、結局学校の先輩に優勝を譲った形になった。石川遼は予選を通ったかどうか判らない。
この頃の男子ゴルフは面白い。いつも韓国の優勝が決まっているような情けない日本女子のゴルフはもう見る気もしないし、初日日本人がトップにいても10位以内に韓国人がいたらもうテレビは見ないね。
結果はいつも案の定だよ。男子ゴルフの米欧人との体力的差は如何ともし難いと思う事はあるが、東洋人に体力差がある訳でも無く、結局は努力するかしないかの意思の問題が全てだな。  

白鵬の八百長相撲

2015年  22日 09:15
「ブルータスお前もか」⇒「白鵬お前もか」・・情けない事に北の湖理事長の逝去と言う相撲界の悲報の日に、模範たるべき横綱の白鵬が八百長とも思われる、いや完全な八百長相撲を取った。

膝の故障で負け越し寸前の照の富士に、絶好調の白鵬が、熱戦とも見える下手な演技相撲の末に寄り切りで破れた。見え見えの相撲に座布団も飛ばなかったのは九州人の意地だな。

がっぷり四つに組んで動かない時に私は妻に言った「これはもう見なくてもいい、白鵬が負けるよ」案の定、結果もそうなったので私はチャンネルを他の番組に切り替えた。お金の絡んだ八百長じゃ無いから許されると思ったら間違いだぞ。白鵬は今回日馬富士に優勝させる為に、そして照の富士に勝ち越させる事も含めて懸命の演技をした。明日の相撲はもう見る必要もない。流石に今日の新聞には白鵬が負けた写真も無い、誰もが判ってるんだよ

白鵬も所詮モンゴル人だったな、朝青龍と言う悪役が居たのでまともに見えていたが、少し増長マンになっていないか。確かに人気に溺れた不甲斐のない日本人力士が多いので仕方が無いが、白鵬にとっては自分の脚本で何でもやれると言う態度の昨今に多少不愉快を感じ始めていた。

ここまで大相撲を馬鹿にされてくると、ショーでは無くスポーツの勝負と一喜一憂するフアン迄が馬鹿に見えて来る。その点九州人はモンゴル相撲に嫌気がさしているのか、ここだけは空席も目立つし、満員御礼も途切れている。

外人特にモンゴル人の多さに辟易としていたが、優勝まで持ち回りにされたら目に見えない八百長だぞ。恐らく鶴竜、日馬富士と早く優勝させなければ風当たりが強くなるだるとの考えもあっての事だろうが、これで暫くは白鵬の優勝が続くのだろうし、そして次は照の富士の横綱昇進に向けての画策が始まる事だろうよ。

相撲協会はモンゴル人の手のひらの上で泳がされている事を考えろよ。白鵬の記録は過去の記録を塗り替えて行っているが、弱い日本人力士に囲まれての運の良さと理解すべきで、品格も含めての大横綱はやはり大鵬なんだよ。

ひとりカラオケ

2015年  21日 12:55
昨夜は一人でカラオケスナック藤に行く。6日に開いた六日の紅葉会の時に写したママさんの写真を届ける為と言うのは嘘、定期的に月2回カラオケで発散する目的だ。

いつもの様に客は居ない、あの人は来ないかなと思っても無理だな。一曲目の「蛍」を歌い始めたら六日会員の博君から電話、待っちゃいないと歌い切ったら電話切れてた。

かけ直したら私のブログの記事の件、「先日からやっとインターネットに繋がって記事を読み始めたけれど面白いので何度も読み返してます、特に{サラリーマン生活物語}は傑作だから福岡編とか名古屋編とかに分けてもう一度書いたらどうですか」との有難い読者の言葉

丁度ネタ切れにもなって来ているので考えようとは思っているが、前と同じ内容では面白くないのと、私の会社とは関係無い人が読んでも背景が判らないから面白くないだろうしね。

そこで考えてみた、私がになろう・・・ストリップじゃ無いよ・・赤裸々に我が人生を振り返った伝記にして芥川賞を狙ってみよう、又吉君でも取れたんだからな。・・だが待てよ賞を取る為には創作も必要になる点正直者の自分には抵抗がある、特に隠したい事は人間には沢山あるし、今更波風も立てたくないしと考えると書き方にも配慮が必要になって来るしさ、やはり次回の賞は2番手に譲ろうかと思う。

そうだ博君私は歌を歌いに来たんだった。松原のぶえの「蛍」の後は「うたかたの恋、安曇野、雪椿、面影の郷、大阪ふたりづれ、女の朝、そんな女のひとりごと、博多しぐれ、波止場しぐれ、流恋草、花挽歌、別れの磯千鳥、忍ぶ雨」、今日はいつもより少し趣が違っていたが博君の所為かな。帰宅定刻の9時になったのでいつものお別れ曲「枇杷の実のなるころ、芭蕉布」を歌ってお開き、今日はママさんとの会話も多かったので16曲と少なかったな。

2015_1121花0003