徒然日誌 石刀神社の紀元祭

2018年  14日 09:00
先日の11日は建国記念の日、即ち昔の紀元節だ。私は未だに文部省唱歌の「雲に聳ゆる高千穂の 高根下おろしに草も木も~」の歌詞の1番位は口ずさむ事が出来る。第一次大戦後占領軍GHQに紀元節を祝う事やこの歌を歌う事を禁じられたが、この日はそもそも旧暦の1月1日の神武天皇即位の日が、新暦での2月11日になったものである.。

 改めて日本誕生の日としての建国記念日説があったが、日本の建国日が明確に判る訳でも無く、お祝いする為に定められた日と言う意味で建国記念の日となった訳である。

 長々と説明してしまったが実は石刀神社で11日9時より紀元祭と掲示されていたので、今迄行った事もないし何をするんだろうと散歩のついでに覗いてみようかとなった次第。まずお宮の近くの喫茶店でモーニングコーヒーを飲み、時間通りお参りしたが・・・何もやって無い、拝殿の中も静かだし横の母屋に人気もない。

 狐につままれた様な気持ちでお宮を後にしたけれど、まぁお参りしただけでも良かったとするか、それとさっきの喫茶店は先月俳画の展示をしていたが今月は切り絵を展示していたのでそれだけでも良かった。

 2018_0211ocn0012.jpg  2018_0211ocn0011.jpg
何もやってなかった石刀神社                切り絵の紅梅
2018_0211ocn0005.jpg 2018_0211ocn0006.jpg 2018_0211ocn0009.jpg 2018_0211ocn0010.jpg
正面からだと窓とか私の影がガラスに映ってしまう。  だけど切り絵と言うのもいいもんだねぇ。

〇 平昌五輪、モーグル原大智:銅、ジャンプ高梨沙羅:銅、スケート1500m高木美帆:銀 とやってくれました。突き放したのが良かったのかな。少し安心したよ有難う。これで恐らく弾みがつくのではないかな。

2018_0208ocn0001.jpg  2017_1207ocn0020.jpg
今日はバレンタインデイ 唯一妻から貰ったウィスキーボンボン。 墨彩画:鳥取の流し雛

徒然日誌

2018年  09日 16:50
〇 異常な寒波の大雪で人家の被害が増大している中、福井県の8号線では雪で動けなくなった車が1500台位道路で立ち往生していたが、1360人の自衛隊員も出動して約2日間に亘る缶詰状態からやっと解放された。チェーンもスノータイヤも役にたたない位の雪だったんだろう。こんな時は最初の車がどういう状態でストップしてしまったのか解らないが、数時間なら兎も角何十時間もとなると、食事、水、排尿排便、ガソリン、暖房関係と多くの問題があるだろうし、排気ガスで車の中で亡くなった人が3人もいたと聞いた。

 近くに店があっても直ぐに品切れになり補給もされる状況では無く、動けなくなるような道路は都会の真ん中ではないだろうから、近くに満足出来る店など無いに違いない。やっと自衛隊が水、食料を供給、除雪作業に出動した訳だが、除雪しても直ぐに積もる悪循環に苦労していたようだ。

 自衛隊の存在が戦争の為だけでは無い事を国民に示す良い機会だと思うよ。大きな災害の時だけじゃ無くてさ、こんな小さな事(次第に小さい事と言えなくなって来ていたが)でも大切なんだよ。政府も対策本部を立て対策を行ったが、自然災害には本当に弱いね。救いは雪に埋もれた車の運転手さんに、近所の住人が食料や水を提供してくれていた事だ。こんなニュースが一番嬉しいよ。

〇 春が近い事を知らせるプロ野球のキャンプが始まった。プロ野球の日が2月5日らしい。それも知らなかったが女子プロ野球がある事も知らなかったんだ。先日兵庫県淡路市から私の居住地愛知県一宮市に本拠地を移した「愛知ディオーネ」と言うチームがあると聞いて興味を持ったんだ。

 調べても詳しくは解らなかったが、女子プロ野球は9年前に設立され愛知以外に京都市の「京都フローラ」、さいたま市の「埼玉アストライア」と育成球団京都城陽市の「レイア」があるらしい。年間18試合をどこでどのようなスケジュールで実視していくのか迄調べていないが「愛知ディオーネ」は3月21日にナゴヤドームで開幕試合、4月1日に一宮市営球場で「京都フローラ」と試合があるらしい。

 近いから見に行ってみようか。長年応援してきた「ジャイアンツ」は全く魅力が無くなったので「愛知ディオーネ」に変えてもいいかもな。

 2017_1207ocn0021.jpg  2017_0727ocn0027.jpg
お雛様は3月3日にはもう片付けるので早めに展示。 墨彩画とちぎり絵

徒然日誌  節分小話

2018年  04日 10:35
 3日節分の日、夕食は孫達と南南東を向きながら恵方巻きを食べる。実は私は昼にも恵方巻きを食べてこれが二本目だった。

 孫達も帰ってテレビも見終わりさて寝ようかなと腰をあげた時に妻が「あっ・・豆を撒くのを忘れてた・・明日にしようか」「今日が節分だろ・・明日じゃ意味ないんじゃないか」・・・仕方なくこの年寄二人が久しぶりの豆まきに挑戦。

 大声出すのも格好悪く「鬼は外、鬼は外」・・・と小声で豆を撒く妻に、鬼の面をかざした鬼役の私は「もっともだ、もっともだ・・」と部屋を回って玄関から外へ・・・福の面をかざしながら戸を開けて「福は内」・・・で大役を演じきった。流石に79個の豆を寝る前に食べる訳にもいかず明日に持ち越し、これ位はいいだろ。

    2018_0204ocn0003.jpg  2018_0204ocn0008.jpg
15年位使っている鬼の面は店の貰い物、福の面は孫娘が幼稚園時代に作ったものを未だ使用している。もっと髪の部分を広くしていれば禿げた額も隠せたのに残念。

 2017_1207ocn0015.jpg
 義姉の墨彩画 節分

徒然日誌 話題少ない日

2018年  01日 08:50
○ 1月始めの記事でスキージャンプ女子の高梨沙羅が新記録目前で優勝出来なくなった理由を、私の独断と偏見で述べた事があるが、それから11戦ありながら事実未だに優勝出来ずにいる。専門家は競争相手の二人が急に強くなったからだと説明していたが、そんなに急に強くなるものかな。例え強くなったとしても高梨の技術からすれば、それ迄ぶっちぎりで強かったんだから一度位優勝してもおかしくないだろう。

 やはり私が言った事が正しかったのかな・・精神的なものが技術面に影響しているんだ。不思議なものでこうなったら私の発言が正しかったと証明する為にも、優勝されたら困るな・・・いかんいかんそんな考えではいかん・・・可愛くなった沙羅ちゃんを素直な気持ちで応援しようじゃないか。

○ 朝いつもの通りに般若心経の写経を済ませ、日付と枚数を記入したら丁度2,222枚の日だった。ついこの間2,000枚になったとブログで報告してからもう約7ヶ月が過ぎたんだ良く続いているね。

 前にも話したと思うが、毎朝写経して仏壇に供えて、妻と声を揃えて家族全員と兄弟全員の健康と幸せを両親とご先祖様にお願いしながら般若心経を唱えているんだ。最近は、先日富山旅行した時に総持寺で購入した、小さな蛙型木魚を左手でお経に合わせて叩き、右手でリンを鳴らしており、これがボケ防止と共に的確に木魚とリンを鳴らすのが脳神経の活性化を図っていると思っている。

 次の語呂が良い日は3,333枚になるがこれだと今から3年と16日目になる、それ迄生きて続けているだろうか。そんな寂しい話をするつもりではなかったんだが、たまたまこんな枚数になったのと、今日も妻と朝の散歩に出て、未だ再開して間がないので余り遠く迄行かず適当な所で帰ったのだが、帰って万歩計を見たらなんと、2,222歩(本当は2,220歩だったので2歩家で追加したんだ)・・・今日は何か良い事でもあるのじゃないかな・・・ナンバーズ4を2222で買っておこうかな・・・こらぁ俗世に戻っちゃいかん。

  2018_0130ocn0007.jpg  2018_0130ocn0006.jpg
 これは1月30日の話

徒然日誌 病院検査記録一覧表  

2018年  30日 10:05
○ 私は現在定期的に総合病院の西病院へ検査に通っているが、治療は内分泌内科で高血圧、高血糖(糖尿病)、泌尿器科で頻尿、前立腺炎定期検査であり、別の病院かみやクリニックでは呼吸器、肺気腫の検査・治療を行っている。ただ内分泌内科では必要に応じて胃、腸、心臓、脳等のCT・MRIを混じえた検査も行っているんだ。

  私は昭和63年11月(55歳)の会社検診から始まり、現在の西病院での定期検診に至る29年間の検査記録を、下記写真の様に表にして保管している。 現在表の長さは2m48cm、記入記録は114件もある。私は昔から記録等を整理して残しておく癖があり、この表も果たして何の役に立つかと言われれば困ってしまうが、体重の変化から検査項目の数値の変化を見るのも面白いものである。

 例えば体重の変化では、20歳頃から平成元年(51歳時)迄平均53.5kg位で殆ど変化無しだったものが、それから5年過ぎた平成6年(56歳時)には65.4kgの+12kgと突然増えて来ている。ところが平成29年(79歳)には23年間で+3.4kgの68.8kgで済んでいる。若い時から絶対肥えないスマートだった私が、51歳頃に出向問題等の不満から暴飲暴食した結果、思いもよらず体重増となったのが元に戻らなくなってしまったんだ。馬鹿な事をしたもんだとつくづく思っている。

 所がこの56歳時と現在79歳時の検査の主要項目の数値を比べると余り変わらないのはどのように考えたら良いのだろう。

検査項目  ( 説明 )              標準値      56歳時    79歳時
AST(GOT) (肝臓異常検査上昇不可)      8~38      56        46
ALT(GPT) (     〃    )       4~43     106       54
γーGPT   (アルコールによる肝障害)        6~84      88       173
LDH     (肝臓、心臓、血液病で高値)  121~230     315      253
TG      ( 中性脂肪 )         30~149     191      164 
Hbaic     (糖検査   )        4.6~6.2    6.7      7.8
 
 *56歳時も79歳時のいずれも数値は標準値の高値を越えているが、23年間の間に著しく悪くなった所が無いのを喜ぶべきなのか、この表を見ていると56歳の時から悪い所は既に悪かったんだなと思う。だからどうなんだと言う結論的な話は何も無いけれど、この表だけは続けて記入して行こうと思っている。

2018_0120ocn0004.jpg
最初の頃の基準値オーバーにはを塗っていたが、最近分はピンクにしたので見え難い。 この他に診察時に持参する毎日の血圧の折れ線グラフの表もあり担当医も参考にしているが、私の質問等も多いので「余り気にしない方がいいですよ」と言われてしまった。ただブログ上で表作成技術をしらないので、数字が項目の下に並んでいるか不安だ。 
 皆さんは検査表を貰った時、項目に書かれているローマ字が理解出来るかな。例えばWBC、RBC、,Ht、PLT、Tp、BUN、UA、GLU、TG等だ。知らなくても良いのかも知れないが順番に(白血球数、赤血球数、ヘマトリック、血小板数、総蛋白、尿素窒素、尿酸、空腹時血糖、中性脂肪等)だ。その横に標準より高い時はH、低い時はLと記入しているが、項目の意味が判らないとその結果も意味無いんだ。
 

徒然日誌  追記

2018年  17日 11:20
昨日のブログの添付俳画の字が小さくて判らないとのお話もありましたので、2枚だけ少し大きくしてみました。
カメラを忘れ古い携帯電話で撮したので、拡大すると字がぼやけます。これ以上拡大すると更に悪くなるのでこれまでにします。

    141.jpg  144.jpg
風渡る水郷めぐり若葉雨        石庭の色深まりし春しぐれ

徒然日誌  2件

2018年  16日 08:44
○ 先週、近くの喫茶店で「中島ともゑ 水彩画展」の開催の案内を見て、妻とランチがてら見に行ってみた。小さな店の壁に6枚の水彩画が掛けられていたが、私の好みの色使いでは無く、それより奥の2畳程の和室に展示されていた俳画に注目してしまった。

 中島ともゑのご主人とお姉さんの賛助出品となっていたが、悪いけど私にはこの俳画の方が好みに合っていたな。俳画には当然俳句が書かれており筆の字も上手だった。残念ながら1000円のランチは少しお粗末だったかな。
  141.jpg 142.jpg 143.jpg 144.jpg 145.jpg 146.jpg

○ 大相撲初日、不祥事があったにも関わらず協会ご挨拶の八角理事長の口からは、その事についての報告も侘びの言葉も無かったのは、誰もが知っている事だっただけに、物足らぬと感じたのは私だけでは無いだろう。

 今場所の成績が気がかりな2横綱の内、鶴竜は白星を飾ったが稀勢の里は貴景勝に不覚をとり不安材料を残してしまった。稀勢の里に関しては先場所の出場を決めた時、相撲は稽古だけではなく本場所での土俵上での相撲勘を取り戻す事が大切であり、出場する以上例え負け越しても最後まで取りきり、次場所に期する位の気持ちがないと駄目だぞと言ったが、結局途中休場して不安を残していた。

 今場所初日の敗北は不安がそのまま本当になってしまったと言える。運が悪いと言えば最近伸び盛りの若手が丁度上位に陣取っており、気を抜く事が出来ないのも辛い所である。そうは言っても横綱なんだからね。

2018_0114ocn0005.jpg  2018_0114ocn0008.jpg
 これが最後の横綱土俵入りにならねば良いが・・。 詰めの甘さも相撲勘の悪さによるもの。

徒然日誌 今年のスポーツ 

2018年  12日 10:36
○ 今年に入って恒例のラグビー全国大学選手権は帝京大が史上最多を更新する9連覇を達成、全国高校ラグビー大会は大阪第2代表の東海大仰星が2大会振り5度目の優勝を飾り、最近のスポーツ界では箱根駅伝の青学の4連覇もあった様に、連覇も含め決勝にはいつも常連の学校が進んで来る。 体格差は然程ある訳ではないのにこのような結果になるのは、やはり伝統校と言う強みなのか、それに値するようにとの日頃の訓練にあるのか、監督、コーチの力なのだろうか。 

 最近はラグビーより人気のサッカーは高校選手権で女子は静岡の藤枝順心が3度目の優勝を飾り、男子は群馬の前橋育英が念願の初優勝だった。初優勝と言ってもこの学校も昨年は準優勝4年前にも準優勝していた言わば常連校なのだ。

 色々と冬のスポーツが紙面を賑わせているが、今年初戦の米男子ゴルフセントリーチャンピオンズでは世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンがぶっちぎりの優勝で、ランク5位の松山は何とか4位Tでゲームを終えランキングの変動も無かった。

 それにしても米男子ゴルフのシード権を無くした石川遼はこれからどうするのだろう。以前から親父のコーチでは米国では戦えないよとブログで何度も言ってきたが、結局は体力が無いのに無理をして折角の技術迄ダメにしてしまった。恐らくこれから日本で戦っても、昔の様にはいかないのではないだろうか。米国のゴルフは松山の様に技術と並行して体力を鍛えなければ、無理をしてフォームを崩してしまうんだ。親父の所為で惜しい選手を潰してしまったな。

 話は又飛んでしまうがスキージャンプ女子の高梨沙里、破竹の勢いで勝利を重ねていたのが新記録となる54勝を前にピタッと優勝が無くなった。この頃からではなかったかな、化粧する様になったのは。

 確かにテレビで見ても可愛くなったなと思っていたが、スポーツ選手、特に女子は色気付いたら駄目なんだ。ましてやジャンプでは顔を怪我でもしたらとの少しの迷いが、フォームに影響するんだ。綺麗になったなと、意識がそちらに行く様になったら、恐らくもう駄目なんじゃないかな。

 2017_1207ocn0014.jpg  2017_0727ocn0046.jpg
 墨彩画 寒あやめ                 ちぎり絵 侘助

徒然日誌 箱根駅伝

2018年  06日 09:04
○ 新年2日と3日は例年通り大学箱根駅伝でテレビの前に座りっぱなしになってしまった。結果はご存知の通り総合は青山学院大学の優勝で2014年から続く4連覇を達成した。ただ一つ、前3年間の往路、復路優勝の完全優勝と違って、今年は往路を前年総合2位の東洋大が優勝し一矢を報いた結果となった。

 青学は去年の大学出雲駅伝2位、大学全日本駅伝3位だっただけに今年は無理かと思われたが、復路の最初の6区の山下りで36秒差を逆転し、逆に52秒差をつけて7区に渡すと後は全く独走状態でゴールしたんだ。

 2013年の5位から、4連覇を達成した選手は勿論の事、指導や選手の能力を見出して来た原監督を褒めるべきだろう。2014年1年生だった選手は4年間優勝だけを味わって卒業出来る事は本当に嬉しい事だし、残った選手は過去最高の中央大学の記録6連覇を目指して頑張って欲しいものだ。

 ちなみに5連覇は日本体育大学、4連覇は青学以外に順天堂大学、駒沢大学、日本大学である。この大学で今年の箱根では日体大が4位に入った以外中央大学、順天堂大学、駒澤大学は10位までのシード校に入れず来年は予選会からの出場になり、日本大学に至っては今年の予選会でも破れ本戦出場も叶わなかったんだ。

 駅伝名門校でも斯くの如し、青山学院も慢心する事なく来年に向けてスタートだよ。勝者には休みは無いんだ。
2018_0104ocn0020.jpg 2018_0104ocn0021.jpg 2018_0104ocn0023.jpg 2018_0104ocn0024.jpg
スタートから芦ノ湖往路東洋大ゴール。  6区山下りで逆転 青山学院大総合優勝。

徒然日誌  元旦風景 

2018年  04日 10:45
○ あっと言う間に3が日が過ぎた。人間怠惰になるとそれに浸ってしまって抜け出せなくなる。今日から新たな気持ちでブログに取り組んで行こう。

 我が家では1日0時になった時点で集まった全員で新年の挨拶、屠蘇での祝いを行うのが恒例だ。孫達が未だ小さい時から、形だけでも漆塗りの盃を持たせお祝いをする。今年集まったのは長男夫婦に孫二人、娘夫婦に孫娘一人(上の孫娘は東京で友人達と年越し)、次男は一人の総勢10名、毎年長男家族だけだったので賑やかな年越しとなった。

 元旦の朝は快晴、初日の出を拝み、マンションながら入口に日の丸を掲げ、ムードを高める為にもCDの箏曲宮城道雄の春の海をかけるが、今年は娘家族が泊まっているだけに私の部屋で一人だけその雰囲気を味わうだけになる。昔からのしきたりでおせち料理は家庭で年末から準備を始める。最近は孫達も昔風の料理は余り好まないだけに少しずつ内容も変化しているが、祝い膳としての縁起物 雑煮、黒豆、数の子、海老、ブリ、たつくりは欠かせない。

 10時から開始した新年の祝い膳は次男の孫二人も加わり、皆大きくなっただけにこの狭いマンションではかなり窮屈だ。一人は未だ東京ながら20歳過ぎたのが4人、内社会人が3人、未だ学生の3人だけがお年玉の対象となる。来年は対象が2人となり次第に減ってくるのは助かるが寂しくもある、逆にお年玉を貰ってしまった。

 恒例の家族毎の記念撮影を済ませ娘家族が旦那の実家に出かけた後、3家族で三社参り。今年は駐車場で苦労する真清田神社を除き、毎年決まっている石刀神社、酒見神社と名前も判らない小さなお社の3社に行って祈願。今年も家族・兄弟全員元気で頑張ろう。

2018_0101ocn0016.jpg 2018_0101ocn0012.jpg 2018_0102ocn0009.jpg 2018_0101ocn0019.jpg
 狭いマンションながら飾り付けだけはきちんと。
2018_0101ocn0023.jpg 2018_0101ocn0021.jpg 2018_0101ocn0035.jpg 2018_0101ocn0037.jpg

2018_0101ocn0056.jpg 2018_0101ocn0054.jpg 2018_0101ocn0058.jpg 2018_0101ocn0066.jpg
 長男が体調を崩し祝い膳、記念写真に加われず。ただ三社参りには同行。