徒然日誌 藤井四段の快挙(ニ)

2017年  29日 08:43
彼と勝負した相手は全て、恨み言を述べる事も無くアッパレ」と評している。彼の指し手が見事だったと言うのにほかならない。彼は連勝を目標に勝負しているのでは無く、連勝はあくまでその結果である。騒いでいるのは周辺の人達であり彼は常に冷静に振舞っている。

公式グッズとしての「扇子」の発売もクリアファイルの発売も恐らく将棋連盟の発案であり、今度は自伝本の発刊もあると言う。こんな事は恐らく彼自身の本意では無いだろう。未だ中学生だ、大人から言われれば深く考える事も無く、反対も出来ず引き受ける事も多いだろう。これからは公式グッズでなくとも、周囲には欲の深い連中が群がって来るだろうから、本来の将棋以外の事に気を遣わし折角の逸材を壊す可能性もある。これだけは何とか阻止して欲しいと心から願っている。

彼によってテレビ等に引っ張りだされるようになった加藤九段や師匠の杉本七段、更には出前を取ったお店が有名になるなど話題となっているが、これはこれで良いんじゃないかな。勝負と言うのは永遠に勝ち続ける事は有り得ないだろうから、大切な事は負けた後の彼の姿勢であり、負けた後から又連勝を続ける位の気迫があって欲しいと願っている。

将棋のタイトルは新たに出来た叡王を加えて八つの頂がある(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖、叡王) 夫々の頂には渡辺明竜王・棋聖、羽生善治三冠(王位・王座・棋聖)、佐藤名人、久保王将が君臨している。羽生三冠は以前7冠全てを制覇した事があるが、恐らく藤井四段の第一の目標はここにあるに違いない。

彼の修行の特徴は自分の趣味でもある詰将棋と最近一段と進化した将棋ソフトを使ったトレーニングだ。新しくタイトル戦に昇格した叡王戦のタイトルを取れば、人工頭脳(AI)との勝負電王戦への出場となるが、佐藤名人も完敗した最強ソフトの{PONANZ(ボナンザ)」を破る事が彼の最終の目標であり、念願であるに違いない。私もここまで生きていたいものだ。
2017_0628ocn0001.jpg 2017_0628ocn0003.jpg 2017_0628ocn0006.jpg      2017_0618ocn0017.jpg
6歳、9歳、10歳の時の写真、新聞から拝借で写り悪いが様になっている。  グッズの扇子 彼の字で「大志」

徒然日誌 藤井四段の快挙(一)

2017年  28日 08:57
線路は続くよ どこまでも~・・・将棋界での藤井四段の29連勝の報道があった一昨夜9時半過ぎ,、私は何故かこんな歌を口ずさんでいた。この少年はなんでこんなに強いんだ。昨年12月のデビュー初戦に、著名な加藤一二三九段に勝利した事が話題の始まりだったが、相手は将棋史上最年長のお年寄り、若者にはもう勝てないかと加藤九段の方に意識が向いていたのは事実だ。

案の定加藤九段はその後直ぐに引退を発表したが、藤井四段に意識が向いたのはデビューからの最多連勝記録10を塗り替えた辺りからだ。テレビで見る顔はおっとりとした、いかにも中学生と言った感じで、彼の中に30年振りの連勝記録更新する様な力が漲っているなんて夢にも思わなかったんだ。マスコミも大騒ぎをする様になり、あの会場の関係者や記者やカメラマンに周囲を囲まれた慣れない雰囲気の中で良く平常通り戦えたものだと彼の非凡さを改めて知る事が出来た。

戦った来たのは九段1人、八段3、七段5、六段5、五段4、四段9、アマ2人の29人、アマを除いて全て先輩のそうそうたるメンバーだ。愛知県瀬戸市で生まれ、5歳で将棋に出会い史上最年少の14歳2ヶ月でプロ入りを決め、この29勝がデビュー戦からの無敗の記録である。

これから先どこまで連勝が続くか判らないが、某テレビ局でこの全試合の彼の指し手と、コンピューターで出した最善手とを比較したデータを出していたが、最善手は対戦相手の49%に対し彼は65%と高く、悪手は対戦相手の118%に比して彼は40%と低い。このデータの見方が良く理解出来ない所もあったが、彼が如何に理にかなった最善手を多く出していたかは良く解る。

かって非公式戦ながら彼に一度敗れている羽生三冠は、「結果も素晴らしいが内容も伴っている点すごみがある」と評し次の顔合わせを楽しみにしているとの話も出た。今回は竜王戦本戦の1回戦だったが5回勝ち抜くと6戦目に順調に勝ち上がって来るであろう羽生三冠と竜王戦の挑戦権を争う事になる。こうなれば将棋界においても前代未聞の出来事である。(続く)

2017_0627ocn0014.jpg 2017_0627ocn0003.jpg 2017_0627ocn0005.jpg 2017_0627ocn0018.jpg
対局会場将棋会館               増田四段投了時の盤面       記者会見 

徒然日誌 果たして復活だろうか

2017年  26日 08:40
久し振りにブログ画面を開いてタイトルを入れようとしたら、文字が入力出来ない。キイボードをいくら叩いても文字にならない。電池を変えてみても全く変わらない。あれもうボケたかと思いながらワードを開いて文字を打ったらちゃんと文章になったので、ブログ画面に戻って文字を打ったら今度は出来た。何なんだろう、未だブログを書くのは早いぞとの警告なんだろうか。

最近本当に記憶力と言うのか、名前とか思い出せなくなる事が多くなり認知症になりつつあるのかと不安になる。例えば、今日日記を付けようとしたが昨日会って食事をした人の名前が出て来ない。その人は良く判っているのだが名前だけが出て来ない。私が勤めていた会社の社長だから会社名を思い出そうとしたがそれも出て来ない。これは結局暫くして思いだしたが、冗談でも何でもない、この様な事が最近続くんだ。

その後、妻と買い物に出たが、マンションの3階から降りる階段から見える1階の敷地に、毎年咲いている花の名前が出て来ない。自分ではほら渡哲也が歌った花の名前だろうがと思っているのに、シクラメンの名前しか出て来ない。 「くちなしの匂いが強いわね」と後ろから降りて来た妻の声、そうなんだよ歌の題名は「くちなしの花」なんだ。

元々人の名前を記憶するのが昔から弱くて営業マンとしては失格に近いのだが、手帳に書き込んだり訪問前には名刺を見直して何とかしのいでいたが、その欠陥が年を取ると倍増して来たんだ。今はインターネットとか便利な物があって、調べる項目をインプットすると即回答が出る。だが調べる人の名前とか出て来なければ調べようが無いだろう。

これから先この頭はどうなるのだろうかねぇ。認知症になったかなっていないかは自分で気付くのだろうか、認知症になっている人に聞いても判らないだろうしね。だけどブログ再開のご挨拶代りの記事にしては少し寂しいか。気概に欠けるなかりしか!

2017_0625ocn0001.jpg 2017_0625ocn0003.jpg

徒然日誌 お休みのお知らせ

2017年  18日 14:07
都合により暫くお休みさせて戴きます

2017_0615ocn0027.jpg 2017_0615ocn0030.jpg
どれが我が家のベランダの紫陽花でしょう?
2017_0615ocn0036.jpg 2017_0618ocn0015.jpg

徒然日誌 サグラダ・ファミリアの天使像

2017年  16日 10:12
ある人からガウディのサグラダ・ファミリアに魅せられて人生の半分近くをつぎ込んだ外尾悦郎と言う日本人がいると聞いた。実は恥ずかしながらこの名前を全く知らず、慌ててネットで調べてみた。

彼は京都市立芸術大学武術学部彫刻家を卒業後非常勤講師を経て1978年バルセロナに渡りアントニ・ガウディの建築、サグラダ・ファミリアに魅せられてその彫刻に携わり39年を経て正式社員の芸術工房監督になったとの事。しかも17年の歳月をかけ2000年に完成させた「生誕の門」に飾られている15体の天使の像は彼の作品であり、アントニ・ガウディの作品群としてユネスコの世界遺産に登録されているとの事。

知らなかったなぁ、サグラダ・ファミリアはまだ建築続行中として、直接見た事はないがあの独特の建物は誰もが知っているだろう。それに日本人が携わっていたとは知らなかったけれど誇らしい気持ちになるね。

私は今日彼の全てを語るつもりは無い、ただガウディに、サグラダファミリアに一途にのめり込んだ彼の顔は何故か神々しくもある。「時は過ぎて行くものではなく過ごすもの」と彼が語った言葉が記事の中にあったと思うが、正に彼そのものの様な気がする。
2017_0615ocn0048.jpg 2017_0521ocn0011.jpg
生誕の門に飾られた15体の天使の像。  サグラダ・ファミリア全景
2017_0521ocn0010.jpg 2017_0521ocn0015.jpg 2017_0521ocn0017.jpg 2017_0521ocn0020.jpg
2026年に完成とのニュースもあるが、嘘だろう。永遠に造り続けなければ夢が無くなるよ。

徒然日誌 二人の巨匠

2017年  14日 10:30
昨日妻に誘われてシアターに行き「家族はつらいよ」を見た。一口に言って私には映画の内容として車の免許証返上のやり取りまでは良かったが、映画が終わった後に感じた後味の悪さは何だったのだろうか。先日「家族はつらいよ」の、恐らくになるのであろう映画がテレビで放映されたが家族構成はどちらも同じであったし今度の2と言うのは1の続編と言う意味だと思う。

寅さんシリーズの山田洋次監督作品で、橋爪功・吉行和子演じる定年を迎えた夫婦に長男夫婦と孫2人が同居する生活、脇役陣には娘夫婦と末っ子夫婦との総勢が織りなすホームドラマになるのかな。1話は定年を迎えた夫婦の定年離婚話を中心にした割に微笑ましいドラマだった。

今回の2話は、主人公の橋爪功が何十年振りかに会った、今は身寄りのない高校時代の友人と暴飲し、成り行きで家に泊まらせた所、翌朝心筋梗塞で急死していた事での家族の戸惑いと各々の思惑が中心となった話であったが、平和な家庭の中での身近に起こった、家族にとっては知らない人の突然の死と言う現実と、平凡なドタバタしたドラマの中に、事件でもないのに神聖な人間の死を持ってきた事に何か違和感を感じ、私も妻も何かしっくりと受け入れられない気持ちになっていたんだと思う。これがドラマだと言われればその通りなんだが、1話を観ていた私にとっては平凡な平和で終わる話をある面期待していたのかも知れない。

少し前にテレビで小津安二郎監督、原節子主演の秋日和」と言う映画を観たが、内容としては誠に平凡な話の進め方ながらも終わった後に何か心に残る温かい物があったんだ。

小津監督の技法なのか二人の会話シーンではお互いの正面の顔を写す場面が多かったのが現在の技法と違うと思われる点、会話の言葉と言うか節回しと言うか現代の普通の会話と何か違う点が私には多少抵抗があったけれど、全体を流れる平穏な普段着的な昔の家の様子を感じる事が出来たのは、今の映画作りとは違う何かがあるのだろう。

「家族はつらいよ」の映画から話が変な方向に飛んでしまったが、山田監督も寅さんと言う強烈な個性が主人公の映画のようには行かなかったので少し冒険したのだろうが、何も奇を衒わなくても平凡な中にも心に残る映画は出来ると思うのだが現代は違うのかな。だけどこれ以上のシリーズは無理だと思うよ。

2017_0602ocn0015.jpg 2017_0602ocn0017.jpg
散歩道の花々。

徒然日誌 ゴルフと大相撲と

2017年  31日 08:38
○ 先日親しいメンバーと今年2回目のゴルフに行った。小雨だったがこれは私の望み通り、年寄りにカンカン照りは地獄だ。体力的に続くかどうか、これが人生最後のラウンドになるのではと思いながら十分にゆとりのある時間に家を出たつもりが、途中定日の出勤時間と重なった所為か、日頃は1時間以上前に到着しているのにスタート30分前に到着、慌てると息遣いが荒くなるんだ。

桑名国際GCの鈴鹿コースOUTからスタート、1番からトリプル、ダボ、ダボ、ダボ、ダボ、ボギー、ダボ、ダボ、トリプルの55で食事、疲れは兎も角この惨めなスコアに、44であがった森さんとは冗談を言い合っての楽しいプレイながらも多少面白くない。INに入ってもダボ、ダボ、ダボと続いた後、何故か気持ちの良いショットが続き始め、結局46で上がりトータル101。

宿敵森さんの86には遠く及ばなかったが、口では未だまだ負けそうにないので次もやろうと決意した。1回目が108で今度が101・・・となると次は94の計算になる。判っとろうね森さん、安心させとるとバイ、次はそうはいかんとよ、首ば洗ろうて待っときんしゃい

ただ私が復活宣言した日に藍ちゃんの引退報告があった。残念、栄光を続けていた彼女にとって最近の成績ではプライドが許さないのだろう。それから考えると100以上叩いても何ら抵抗も無く平気でゴルフが続けられる私などは幸せなのかねぇ。

今一つ昨日のニュースで腰の手術から今季の出場が無理と言われているタイガー・ウッズがアルコールor薬物運転容疑で逮捕されたが即釈放との事。その後のニュースは有名人だけにかなり風当たりの強い話が続いていた。その時私は有名人にならなくて良かったとしみじみ思ったんだ。

 2017_0526ocn0001.jpg 2017_0526ocn0008.jpg 2017_0530ocn0006.jpg 2017_0530ocn0002.jpg
             美男美女・・?   愛ちゃんと逮捕時のタイガー、人相までちょっとね。

○ 大相撲夏場所は1年振りの横綱白鵬の全勝優勝で幕を閉じた。この1年間に断食したりヨガをしたり、彼なりの決意での鍛錬努力の結果だと思う。稀勢の里も彼を見習ってしっかり養生するように。大関がかかっていた関脇高安は期待通りの成績で昇進を確定した。

私が期待する力士玉鷲、御獄海、正代、宇良、貴景勝は全員勝ち越し、今後若手の益々の活躍が期待される。高安の大関昇進に当たって、私も前から言っていたが、解説の北の富士が四股名について苦言を呈していた。規定は無いにしてもこう本名でとる力士が増えてはやはり問題だろうと・・・。理事長始め親方達は何も考えていないのかねぇ。

2017_0529ocn0008.jpg 2017_0529ocn0016.jpg 2017_0529ocn0003.jpg 2017_0529ocn0002.jpg
優勝の白鵬は誰でも知っているだろうが、次の2枚は貴景勝(たかけいしょう)と阿武咲(おうのしょう)の20歳同士の勝負。結果は貴景勝が勝って11勝4敗、新入幕の阿武咲は10勝5敗と先々好敵手となる初戦であった。敢えてこれを載せたのはこの二人は中学時代に中学相撲全国大会の決勝で戦い、この時も貴景勝が勝って優勝した経緯がある。写真で見ると髷が無いだけで同じ顔同士、今後良い好敵手同士となる事だろう。


徒然日誌 最後のOB会

2017年  29日 09:35
先日旧会社日鐵商事(NS)のOB会名古屋地区懇親会が名鉄グランドホテルで開かれた。東京からOB会Y会長、M副会長を含め4名の出席と当地区合わせて26名の出席、年に一度の開催ながら旧交を温め時間を忘れる程で楽しい会であった。

私の次兄は鎌倉に在住しており、Y会長とは湘南CCのメンバーとして面識もあった為、その話題やY会長の趣味の水彩画がブログに「湘南の風景」として載せられておりこの話題でも盛り上がったね。各人既に現役を引退し趣味に力を入れている人も居たが、W君が自分で書いたエッセイを持参しており私に読んで欲しいとの事、彼は私のブログを読んでいる訳でもないのに文才を見抜いていたんだ。批評は厳しいよと言いながら満更でもない気持ちになったね。

日鐵商事は2013年(平成25年)に住金物産と事業統合をして新たに日鉄住金物産㈱として発足しており、次回よりOB会も旧会社同士の合同OB会にする事が決まり、今回の会が日鐵商事の最後のOB会となった。が、私にとってもこれを最後のOB会とする予定だ。

会社関係のOB会は昔の懐かしい戦友達に会って旧交を温める会である。合併会社になったからと言って、全く見ず知らずで歴史も共有していない連中が一堂に会した所で何の話をすればいいのかい。気を遣って酒を飲む事はもう昔の接待だけで勘弁して欲しいよ。特にOBにとってはお互いに新しく知り合う必要はもう何も無いんだ。

会社として両方のOB会に経費を負担する事は出来ないと言う理屈は解るが、旧会社の人間同士だけが集まってしまっては話にならないだろう。従って私はOB会会員としては名前を残すが、懇親会等にはもう出席するつもりは無い。

旧、旧会社の入丸出身の会は東京、大阪、福岡等で開かれており、懐かしいからこそ続いているんだと思うよ。名古屋でもNS時代の気の合った連中が10人位で集まる会を有志で作っており、勿論経費は個人負担ながら参加希望者が増えつつある。OBの会と言うのはお金じゃないんだ、懐かしいと思う人達の積極的な集まりでなければ意味が無いと思うけどな。

2017_0529ocn0020.jpg 2017_0529ocn0019.jpg
ベランダは目下鬱蒼としている。手前の紫陽花は葉ばかりで小さな花がやっと付いた所。奥の桜は伸びすぎても切るとまずいので紐で少し形を作ろうとしている所。中央のしだれ梅は最初随分切ったつもりだが、後はお手上げの状態。誰か教えて。

徒然日誌  永平寺回向

2017年  17日 11:00
〇 2017年5月14日は母の日、妻は長男の嫁から花を貰いピンク色のケーキでお祝いをしてもらった。次男からはメールが届き、娘からはお小遣いが届いていたな。それはそうと父の日は何時だったか、皆に連絡してなくて良かったかな。この前の誕生祝いと一緒だと言うのではないだろうか。
2017_0517ocn0005.jpg 2017_0517ocn0008.jpg
貰った花にカーネーションが無かったのでちぎり絵を添えてみた。

〇 5月16日永平寺に、遅ればせながら母の23回忌のお参りに妻と二人で行ってきた。往復で330kmのドライブ、軽自動車なのでやはり疲れた。大きな車はハンドルが安定しているけれど、軽自動車はスピードを出すとハンドルをしっかりと握っていないと道路の少しの凹凸でタイヤが動くので手首と肩が本当に疲れてしまう。長距離の運転には軽自動車はやめた方がいい、私にはやはりベンツが似合うかもな。

名神は工事中で一車線通行、北陸道に入ってほっとする。賎が岳で休憩し小谷城ICを通ると迫ってくる新緑が目に痛い。

永平寺では11時からの供養に間に合った。北海道、岐阜の方々と三組が一緒になる。受付に家で写経している2年分の般若心経を持参し回向焼却を依頼した。それ以前の2年分は我が家のお寺さんで焼却を済ませている。ここでは申込書に記入する様になっており、巻数記入とある。お坊さんに尋ねると般若心経の枚数だと言うので731巻と記入、お布施として3千円と記入した。これは別に決まってはいない。

總祠堂での回向には赤い袈裟のお坊さん1人に黒い袈裟のお坊さん7人の内2人が大きなりんと木魚を打ち厳かに回向が進められた。23回忌の母の戒名は勿論のこと父の戒名も読み上げられ、良いお参りが出来た事に満足、お二人さん又来るからね。

駐車場の店で永平寺そばを食べ帰途についたが、帰りは岐阜への山越えをしようと急遽ナビを色々と操作するも道が判らず、結局高速道路で来た道を帰る事になってしまった。天気も良くお参りを済ませてほっとしたけれど本当に疲れたね。

2017_0516ocn0007.jpg 2017_0516ocn0002.jpg
總祠堂内                       左側が總祠堂の庭の巨木
2017_0516ocn0001.jpg 2017_0516ocn0015.jpg 2017_0516ocn0005.jpg 2017_0516ocn0006.jpg
賎が岳SE      永平寺参道       總祠堂         控え室内屏風
2017_0516ocn0014.jpg 2017_0516ocn0013.jpg 2017_0516ocn0016.jpg 2017_0516ocn0023.jpg
永平寺参道奥              入口の石塔        永平寺そば 

徒然日誌 記事を思いつかない

2017年  14日 09:36
〇 昨日からブログの記事で悩んでいるが思いつかない。何もないと言うのは誠に結構な事だが、ボヤキ親父にとっては困る話なんだ。短編小説では無いが思いつくまま気の向くまま何か書かないと、2日置きの決め事を崩したくないんだ。

〇 今年1月の母の23回忌は、昨年末に兄弟夫婦揃って長崎のお寺で法要を行った。実は永代供養をお願いしている永平寺から年回の案内が来ており、我々夫婦で1月にお参りする予定をしていたが、今年の天候不順に逆らえず延期していた。

次兄から今年は静岡辺りで兄弟夫婦揃わないかとの誘いもあっていたので、この5月に永平寺にお参りし和倉温泉泊りで能登、金沢観光を提案し賛同を得たが、長兄は足を痛めてリハビリ中で今回パス、次回の兄弟での旅行を目指し努力しているとの回答を得た。

昭和6年生まれに無理をさせられず、6月9日は父の命日でもあるので、今回は今月16日に夫婦で日帰りのお参りをする事にした。年寄り夫婦だけに無理な運転をせずのんびりとドライブして来ようと思っている。16日が次のブログの日だけれど、こう言う事情でお休みし次の日に写真主体の記事でお許し戴きたい。

〇 米男子プレーヤーズ選手権には日本からは松山と池田が参加している。昨日迄の予選で松山(ー1、34位)池田(ー2、23位)で決勝に進み楽しみにしていたが、今日の松山は12番迄でー4の10位迄行きながら13番ショートで2度の池ポチャをして8を叩き落胆大きく今日の結果で+4の54位に後退した。順位も10位迄上がり行けると欲が出た結果だが、このコースは甘くないよ。だが未だ明日もある。

反面池田は我慢のゴルフを重ね昨日のままのー2の16位、初出場ながら頑張っている。ちなみに優勝賞金は日本円で2億円、目下日本で開催中の日本プロ選手権日清カップは賞金総額で2億円、桁が違うんだなぁ。

2017_0514ocn0007.jpg 2017_0514ocn0013.jpg
松山13番ショート2回池ポチャ。       池田18番セカンドショット。

〇 今日から大相撲夏場所。初場所、春場所優勝の稀勢の里の2枚の優勝額が国技館に掲げられ除幕式が行われた。今日の横綱土俵入りには新調した化粧回しで登場するだろう。

2017_0514ocn0014.jpg 2017_0514ocn0020.jpg
前列4横綱を従えての協会ご挨拶。     東正横綱稀勢の里の土俵入り。