徒然日誌 政治編

2017年  23日 09:14
ブログの記事も随分政治から遠ざかっていたように思うが別に逃げていた訳ではない。自分が信念をもって書かないと気が済まぬ私にとって、あの共謀罪に関しては自分自身が明確な意見を出せないでいる。中身を読んでもこの年齢の自分にはどれも影響がある訳でも無い事なので、真剣に考える気持ちにならないのかも知れない。

そもそも国連の国際組織犯罪防止条約は、マフィア対策の為に各国が手を結ぼうと言う趣旨だと思うし、日本でも現行のレベルで十分国連の条約を締結出来るレベルでもありテロ対策も整えられているのに、話し合っただけでも処罰される可能性のある共謀罪の趣旨を織り込んだ法案の成立を強引に進める必要があるのか、権力に批判的な市民運動を押さえ込もうとする意図があるのではないだろうか。

安倍首相は「対象をテロ集団、暴力団、薬物密売組織など組織的犯罪集団に限定しており、一般の方や正当な活動をしている団体が対象とになる事はない」と言っている。私は未だ詳細まで共謀罪の内容を把握している訳ではないが、共謀罪に該当する罪は277もあり、解釈次第によっては正当な活動を行っている団体でも簡単に組織的犯罪集団と認定できるのが共謀罪であるらしい。要するに計画と準備行為で罪に問える制度であり、見方によっては日常的行為も含まれ殆ど無限定であると言える。

首相は違うと言っても最も懸念されるのは一般市民が処罰対象になったり、政府への意見表明を萎縮させたり、憲法で保障された思想・良心の自由を侵すのではと言う事である。共産党関係者摘発目的で1925年交付された「治安維持法」がエスカレートし特別高等警察が暗躍し、言論の自由を侵害されたあの時代に戻るのではないかと皆怖れているのだ。

この様に書いて来ると共謀罪反対の意見となるが、ずっと報道されている新聞の記事は全てが反対意見であり、共謀罪は正当であるとの記事は全く無いと言って良い。そうなればそれを読んでいる読者は当然反対の意見に染まってしまう。そのような共謀罪の法案が絶対多数の与党の意見だけで通過成立するのは、絶対多数になる様に選挙で選んだ国民が悪いのだろうか。

通り過ぎてしまえば直ぐに無関心になって、現政権支持になんら疑問を持たない様になる国民の罪だろうか。成立した法案でも次の政権が廃案にする事は可能なんだろうか。勉強不足の私には判らない。

2017_0523ocn0006.jpg 2017_0523ocn0016.jpg
散歩道の平和な花々。
昨日ボクシングの世界タイトル戦が4試合あった。WBOライトフライ級の田中の防衛戦、WBCフライ級の比嘉の挑戦、WBCライトフライ級の拳四郎の挑戦、WBAミドル級村田の挑戦だ。結果は村田以外全て勝利した。

オリンピック金メダルの村田は何かにつけ話題の選手であり日本人には難しい階級のミドル級と言う事もあって、全て世界戦なのに他の3試合が前座の試合の様な雰囲気が最初から漂っていた。勿論田中の試合は場所も違っており放送時間も早い時間だったが、全てが村田の挑戦のお膳立てをする様な雰囲気を周囲に与えていたのも、他の選手には悪いが事実だと思う。それ程村田は期待され、確実にチャンピオンになると思われていたんだ。

ライトフライ級の田中の相手は16戦16勝16KOの手ごわい相手、だが判定ながらも安心して見ていられる彼のファイトが感じられ、最後の12回だけしか放送しなかった拳四郎は兎も角、フライ級の比嘉はいつKOするかが楽しみとなる試合運びだった。

村田の試合は誠に残念だった。残念だったと言う意味は、解説者達が判定がおかしいとか言う意味の残念では無く、私はコーチの指示、状況判断の誤りが残念だったと言いたい。彼のパンチは誰もが認める力を秘めているが、周囲も彼自身もそのパンチ力を過信していたのではないだろうか。確かに前半に一発当たってダウンさせたが、それが反って当たれば倒せると言う悪い方向へと流れて行ったのではないだろうか。

ボクシングはパンチが当たればいいし、ノックアウトしてしまえばいいんだけれど、判定の場合は審判の見た目の判断となる。相手も世界1位だ、村田の倒す事だけに集中するボクシングに、よろけた振りをしながら上手に点数を稼いで行く。これがボクシングなんだ、この経験不足の村田をカバーするのがセコンドにいるコーチだろ。素人の私でさえ、途中からこれは負けだと見るのを止めたんだ。

コーチがしっかりしていないと、本人も判断を誤るんだ。この経験を生かせば彼は近い将来必ずチャンピオンになれる。その為にも私をコーチに雇わないか。

2017_0521ocn0001.jpg 2017_0521ocn0002.jpg 2017_0521ocn0003.jpg 2017_0521ocn0005.jpg
WBOライトフライ級チャンピオン田中       WBCフライ級新チャンピオン比嘉
2017_0521ocn0006.jpg 2017_0521ocn0007.jpg 2017_0521ocn0008.jpg 2017_0521ocn0009.jpg
WBCライトフライ級新チャンピオン拳四郎    WBAミドル級世界2位村田

徒然日誌 つぅボヤキ

2017年  06日 05:45
〇 今日は記事になるような話題が無い。ただ私の70代最後の誕生日ではあるが話題としては弱いな。少し前に戻ってみようかと思う。

〇 先月末安倍首相はロシアを訪問しプーチン大統領と会談し、北方四島の両国による共同経済活動実現に向け、事業のリストを作成したり専門家を派遣する事を合意したようだ。領土返還に関する協議が進まない事からの、やり方を変えての交渉の緒を掴もうとしての今回の共同活動の具体化と思うが、活動を進めて行けば行く程この島の価値を高め、あの強欲なロシアが将来返還の交渉に乗って来るとは到底考えられないと言うのが私の意見だ。

この島出身の住民が自由に墓参りに戻る事が出来る様になる位がせいぜいの事であって、その為にロシアの為に資金や労力を使って、逆に返還不能にしてしまうのでは無いだろうか。私の考え方が小さいのだろうか・・・あの強欲で信義を重んじなく自国の事以外には目も向けず、今でもスキあらば領土を広げようとするロシアを、まともな目で見てはいけないと思うがどうだろう。

〇 もうトランプの事は余り書きたくも無いのだが、朝鮮半島に原子力空母を派遣したり色々と北朝鮮を刺激していたかと思えば、正恩との話合いの余地ありとの訳の判らない発言が飛び出した。今、正恩が追い詰められたと判断したのか、それとも大事に至らぬ様にとの配慮からか(ありえない)・・・トランプには公約した事の殆どが実現されていない様に、まともに考えもせずに発言する事が多い。正恩は恐らく彼も頭の良い方では無いから、自分達の反発行動から米国が参っての発言としか解釈しないし、尚更強気姿勢から自国有利の条件提示とか考えるのじゃないかな。

未だ支払いの事ではモメてるにしても、トランプは商売人らしく戦争機運を煽った上で、韓国にTHAADを配備させた。1基約1250億の品物で、これは今後日本にも導入させようとするだろう。このTHAADは米国で作る製品と考えると、彼はこれを売り込む事で自国の輸出増を図ろうとしているのではないかね、根っからの商売人たるトランプは大統領の仕事より商売商売だと思ってるよ。戦争を煽る事で商売に結びつける、凄い才能だと思わないか。大統領なんかにしているのは誠に惜しい!

2017_0427ocn0013.jpg 2017_0427ocn0022.jpg
朝の散歩道の花々。
2017_0429ocn0003.jpg 2017_0427ocn0014.jpg
 
〇 指定暴力団の神戸山口組が分裂し新組織として「任侠団体山口組」が設立された。これで指定暴力団「山口組」と合わせて三つ巴の対立となった。組長が誰だとか知る必要も無い。故田岡組長の様に全体を仕切る器の無い団栗の背比べみたいな連中が、何かあると直ぐに頭になりたがる。どうせ又幾つかに分裂するんじゃないの。

ニュースで見ていてもどの顔も「ヤクザでござる」と言う顔だね。だけど本当に何をして生きているのだろうか。暴力団対策法の規制対象になっていると思うが、その法律でも潰してしまう事が出来ないんだねぇ。こんな事を書いて大丈夫かと心配する事は無い、どうせ出来の悪い連中にブログなんか開く事は出来ないよ。

〇 未だ続くだろうから後日でもいいかなと思ったが、愛知県瀬戸市出身の14歳の少年藤井四段が将棋のプロになり、初戦では伝説的棋士の加藤一二三九段を破り、従来の連勝記録の10連勝を越えて目下初戦から15連勝中である。

5歳で将棋を始めその5歳の時には通っていた将棋教室の先生を破り、小学校時代には全ての大会で負け知らず、神の子伝説も生まれている末恐ろしい少年である。先日は非公式ながら羽生三冠を破り、その計り知れない能力に羽生三冠も舌を巻く始末。今後この連勝が何処迄続くのかベテランの棋士達も戦々恐々らしい。この先楽しみとなる将棋界である。

そう言えばサッカー界で将来の日本を背負って立つ15歳の久保建英が、U-20W杯韓国大会の日本代表に選ばれた。東京オリンピックを見据えての事だがメッシを超える逸材とも言われている。日本の若者達にも楽しみな連中が育ってきたな。

2017_0503ocn0007.jpg 2017_0503ocn0009.jpg

2017_0503ocn0001.jpg 2017_0503ocn0006.jpg
「ごくしげ」氏がブログに載せた国立ひたち海浜公園のネモフィラの映像が、民放の天気予報の背景に映ったのでテレビに向かってシャッターを切ったが一発勝負で上手く写らなかった。ただこの海浜公園の秋は一面のコキアが見頃で賑わうそうだ。

徒然日誌  北朝鮮情勢

2017年  30日 10:54
北朝鮮の挑発か米国の挑発か良く判らないけれど、ニュースは連日緊迫した情報を流している。北朝鮮のミサイル発射の情報で東京メトロや北陸新幹線で一部運転を見合わせたそうだ。こんな事で一喜一憂し日常生活に迄支障を来すのはデブ恩の思うツボではないのかい。前から述べている様に戦争等起こりっこないよ。

現在の兵器、ましてや核兵器を使用しての戦争は人類の滅亡を意味する。神様がそこまで地球を見放すと思うか。現在の攻撃兵器に対応出来る完璧な防御システム等あるはずが無い。目下頭に血が昇ったトランプやデブ恩もそれは重々承知の上で引っ込みがつかなくなってしまっているんだ。北朝鮮はあんなチャチな兵力で立ち向かおうなんてお笑いだし、披露した大陸弾道弾ミサイルなんかもっぱらハリボテじゃないかとも言われている。

昔の日本が兵力を誇大化する目的で作ったベニヤ板の戦車みたいな物だ。ただ一つ怖いのはガキ並みのデブ恩の知能の低さと疑いもなく従おうとする洗脳された兵隊や国民だ。変な格好で行進する兵隊や旧日本軍のような服装の将官クラス、特殊作戦軍とか言って顔面に炭を塗りサングラス姿で行進する姿等、格好だけで戦力を誇示しようとする姿は、昔のドイツや日本軍隊が無能な指導者に引きずられて戦争へと突入して行った姿を彷彿させるものがある。

だがデブ恩も国民の前で誇示する事で、見栄を張りながら自分の保身を計っているだけで、一発で国が亡くなり最後は自分が絞首刑になる事が解りきっている戦争に踏み切る勇気は100%無いと思う。だからデブ恩の変な挑発は無視して、どんどんミサイルを発射させたり軍事演習をさせ財力を失わせる事で、国民の反感を引き出し暴動を待つ事の方がが最良の対策なんだ。日本もトランプに付き合わざるを得ない事情は理解するがお遊びも程々にしておきなさいよ

2017_0430ocn0012.jpg 2017_0430ocn0006.jpg
日米韓の合同軍事演習と日本海に入った米国の原子力空母カールビンソンを護衛する海上自衛隊護衛艦。
2017_0430ocn0009.jpg 2017_0430ocn0011.jpg
北朝鮮の軍事力を誇示する軍事演習。

徒然日誌  色々

2017年  28日 06:16
〇 先日福岡の天神繁華街での3億8400万円強奪犯人の3人は未だ捕まっていない。私は昔博多で勤務していたから天神界隈は多少判っているが、白昼にも関わらず逃げた車の最終ルートを追跡出来ないのも不思議だと思う。ただ同日に福岡空港で見つけられた韓国グループが7億4000万円を台湾に持ち出そうとした事件、駐車場で襲った人物と違うし、お金も金額や帯封が違うとの話だが、それにしても余りにもタイミングが良すぎるとは思わないかい。

私の穿った見方では、この両者の間に何らかの関係があり、強奪事件の追尾側の目を一瞬はぐらかせる為の、時間を稼ぐ役割だったのでは無いだろうか。空港事件では海外に持ち出された訳ではないから、良く判らないけれど没収される事はないのだろう。両方逃げ延びてめでたしめでたし、かな・・・馬鹿言ってるんじゃないよ・・・それにしても貧乏人には考えられない金額のお金が、安易に持ち運びされてるんだね。

〇 ニ階派の問題大臣がやっと更迭された。そもそも最近の大臣任命は50~60人居る入閣希望組から各会派を配慮しながら当てはめて行くだけなので適材適所なんて考える余裕なんか無い。それにしても今の内閣の主な顔ぶれ、菅官房長官も貧相だし、二階幹事長は見た目もふてぶてしくイメージも暗い、麻生経財相も悪相の上にこれまた発言の仕方も不愉快な感じが強い。多くの問題閣僚が物議を醸している中で、何事も無い閣僚のイメージが悪いのも人気を落とす要因になり兼ねないと思うよ。

今村元大臣が二階派のパーティー席上の講演で問題発言したのが更迭の原因だが、会場にいた二階幹事長はその発言に対して別に問題とも思っていなかった様子で、新聞記者に対しての批判的発言の中に今村氏を擁護する様な発言や、今村氏を更迭した首相がそのパーティ会場で、今村氏の発言を謝罪した事に対して反抗的と見られる発言も見られ、世界情勢も緊迫の中この内閣は今後どうなって行くのだろうかと、我々善良なる一般国民は不安でならない。ついでに言うと本件で本会議衆参合わせて12会議が延長となり、経費は1日1億円だそうだ、これも税金だ。

2017_0427ocn0007.jpg 2017_0427ocn0002.jpg
散歩の道筋の庭に見るハナミズキ他。
2017_0427ocn0004.jpg 2017_0427ocn0024.jpg

徒然日誌 

2017年  22日 12:20
〇 又自民党に苦言。経済産業政務官を辞任した中川衆院議員には議員も辞めろと尻を叩かれている。彼の親父も女性問題があったとの記憶があるが、親子二代に亘っての醜聞には驚かされる。確か女性問題では宮崎謙介も辞職したと思うが、本当に安倍政権はたるみっぱなしと言われても仕方ないだろう。

元々二世議員と言うのは単純にオヤジの地盤を引き継いだだけで選挙民にとっては本人の能力、性格の善し悪しなんてどうでも良い、彼の広島選挙区の彼を支持した選挙民は失礼ながらアホと言われても仕方がないのではないかい。未だ辞める気も無く離党して逃げる様だが、自民党の支持率に頼りきって逃げておりさえすればいつか助かると思っているようだ。こんな事をさせるのも自民党が悪い、安倍政権が悪い、こうしてしまった国民が一番悪いのではないだろうか。

〇 こんな男に引き替え川崎市の京急電鉄の踏切で、自殺志願の77歳の年寄りの男性を助けようとした銀行員の52歳の児玉氏が、二人共電車に跳ねられ死亡する痛ましい事故が起きた。この勇気、果たして自分だったら同じ行動が出来たかと言うと自信が無い。年齢ももう助ける側の年令では無いが、年齢とは関係なく助けようとしたかどうか疑問である。

この人だけかと思ったら数日後南海高野線の踏切でも81歳の老婆が40代の女性二人にこちらは救われた明るいニュースだ。税金でのうのうと暮らし女房、子供がおりながら他の女性との醜聞でみっともない姿をさらしている中川君より何れ程素晴らしい人達か。広島の選挙区の住民よ、反省しろ。同時に私も含めた年寄り連中は若い人達の迷惑にならないよう注意しろよ。将来ある善意の人を巻き添えにするとは、爺さん君は地獄行きだよ。

2017_0419ocn0001.jpg
妻と三岸節子記念美術館に新しく桜の絵が展示されていると聞き見に言った。処が桜の絵は93歳の時に描いた作品名「さいたさいたさくらがさいた」(100F号)の1枚だけ。私は余り好きな絵では無かったが記念に一枚。


徒然日誌 ぼやき3点 

2017年  18日 13:25
〇 千葉のベトナムの小学3年女児殺害の男、何をした結果殺したかおよそ想像はつくが、哀れなのは本人の2人の子供、親の為に踏みにじられたこの子達の将来を考えると可哀相でならない。当然学校にも行けないだろうし、離婚して母親も居ないと聞いているが、この子供達を引き取れる母親ならいいがどうなんだろう。自分の子供の事も考えず欲情に走ったこの親父は果たして人間と言えるのだろうか。

〇 観光振興を巡ってがんは学芸員」と言った山本地方創生相は、世論が騒ぎ出すと直ぐに撤回した。信念をもって意見を通す根性も無く、政権の支持率が落ちないのが変な自信になり失言しても大丈夫との空気があるが、これは正に安倍政権の奢りとも言えるだろう。失言の絶えぬ政権の 「失言、撤回、辞任はせず」は今年の流行語大賞にノミネートされるかも知れないね。そう言えば金田法相も民進党の質問に「私の頭脳では対応出来なくて・・・」云々と醜態を曝してたなぁ。

 ユナイテッド航空の乗客流血事件は善良なる一般乗客に対する暴行として、この会社の株価を翌日には最大1100億円も下げ、当然利用客の減少での損失やこれから発生する、引きずり下ろした乗客に対する保証金が億単位になるだろうと予測されている。この事件発生の経緯はもうご存知と思うが、会社が許可していた降りる乗客に対する保証金は15万円迄あったのに、現場のマネジャーが何故約9万円としたのか不明。

暴行を加えた警察官は休職させられたらしいが、この為に膨大な損失を被った会社は名誉を回復するのにも時間を要するのは自業自得だね。デルタ航空では早速その保証金を最大110万円迄にしたそうだ。昨日の話では詳細は判らないがユナイテッド航空では又結婚式に向かうカップルも下ろしたらしい。これだけの損失を会社に与えたマネジャーは日本だったら当然解雇だが米国はどうなんだろう。

2017_0414ocn0003.jpg
我が家のベランダのこの僅かな空間の中に、陽光桜、しだれ梅、パンジー、カランコエ、デンマークカクタス、あじさい、ビオレ、シクラメン、ゼラニウム、観音竹、どんぐりの木の鉢が収まっている。今が一番淋しいかも。

徒然日記  真央引退

2017年  12日 10:04
〇 昨日の全ての報道機関は浅田真央の引退報道で溢れかえった。確かに日本女子フィギアスケートに於ける彼女の業績、貢献度は素晴らしいものであった。同時期に韓国のキム・ヨナと言う強敵がいた為、浅田真央はバンクーバーオリンピックでも金メタルは取れず満足出来ない気持ちが引退出来ない、いやしたくないと言う気持ちに繋がっていたと思う。

ただ1年休養に入る時点で本当は引退すべきだったのではないだろうか。約2年前の2015年5月に休養開けで再度復活宣言した時に私が書いたブログの記事は下記だ。クリックして見て戴きたい。
http://esunojo.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

私はその時点で、今にちの彼女が想像出来たんだ。確かに彼女のスケーティングは素晴らしい、ジャンプにしても現在の一人者の宮原選手のただ回るだけの低空ジャンプと比較しても雲泥の差で美しい。休養せずに続けていたら未だ大丈夫だったかも知れないが、やはり体力的にも無理だったんだ。

酷な言い方かも知れないけど美しい記憶が残っている段階で辞めるべきだったと私は思ってるよ。ただ引退の報道が出て、彼女の人気の大きさをつくづく知らされたね。顔立ちもスタイルもスケーティングの優雅さも、小さな時からの姿が皆の目に焼き付いていたんだ。そして五輪に優勝出来なかった悲劇のヒロインとしての印象が強かったんだろうね。

私は当時のブログを修正するつもりは無いが、最後迄目標とした結果は出せなかったにしろ、彼女の功績やジャンプした時の素晴らしい姿はフアンの心にいつまでも残る事だろう。同時に沈滞気味の女子フィギアスケート界の立て直しに、今後尽力して欲しいと願っている。

2017_0412ocn0037.jpg 2017_0412ocn0031.jpg
2005年12月GPファイナルで初優勝    2014年ソチ五輪後休養



 

徒然日記 ぼやきから

2017年  10日 10:10
〇 先日今村復興相が記者会見の会場で質問した記者に激高し暴言を吐き会場を出て行けと迄叫んだ姿に、これが国民の代表たる大臣かと自分に向けられた言葉のような憤りを感じた。新聞記者は国民に代わって正統なる質問をしたにも関わらず怒鳴りつけるとは貴様(一応敬語)は自分を何様と思っているんだ。大臣になって浮かれてしまったか。

例えどのような質問内容であろうとも、その質問に対し自分の感情を爆発させるとはこの大臣の資質を疑わざるを得ないし、大臣となる資格はないと思わざるを得ない。阿部首相も最近野党の質問に苛立ちを隠せない態度を示す事が多くなっているが、自分の事で忙しいのか、稲田防衛相を始めこの今村大臣の適切なる処分も対応出来ずにいるのは残念。

復興相の暴言のみ非難したが、彼が発言した、国の原発政策の被害者の一人でもある自主避難者に対しての、「本人の責任だ」との言葉は突き詰めれば政府の考え方であり、それに対する質問が彼の暴言に繋がったのであるならば、それは政府の暴言と考えてしかるべきではないだろうか。

〇 先週末位から体温が36度を超え(3月の体温は平均35度3分)、調子が今一つなので病院に行ったが特に原因見当たらず。その夜、月2回定期的に行っているカラオケスナックをどうしようかと迷ったが、客の少ない店だからママががっかりするだろうと無理して出かけたら、案の定一人だったので20曲以上歌ったら治ってしまった。

今日の気分ではまず唱歌からと、朧月夜、早春賦、七里ガ浜の哀歌、里の秋、かあさんの歌、花かげ、椰子の実、月の砂漠、さくら貝の歌、忘れな草をあなたに続いて、久しぶりに軍歌へ移行した。

加藤隼戦闘隊の4番のメロディだけが違うのは、この歌の作曲を国民から一般募集した時に、2位になった曲を捨てがたく4番だけこのメロディにしたんだよと講釈を垂れながら、梅と兵隊、麦と兵隊、上海だより、空の神兵等、未だ明るい感じの軍歌を主体に歌ったら「城さん戦時中はいくつだったの」とママは不思議がる、中学時代軍歌の好きな友人といつも歌っていて殆ど知ってるんだ。

その後はいつもの歌の芭蕉布、福山雅治の糸から直太朗のさくら」で締めくくり。
2017_0408ocn0001.jpg 2017_0408ocn0007.jpg
何度もしつこい桜だが一番上の枝もやっと花開いた。そろそろ葉が出始めたのでこれで終わり、ご苦労さん。