〇 先日の新聞に70歳以上の自動車運転免許取消しをしたらどうかとの意見があったそうだ。ボケ老人の運転ミスが続いて事故が多発したからだ。 冗談じゃない・・・だけど判るんだよなぁ、年寄りの運転事故で子供達や若者が犠牲になって運転の老人がのうのうと生き残っているのを聞くと、同じ年寄りの自分でさえ腹が立つんだ。

 老い先短い年寄りが、将来の日本を背負って立つであろう宝物を、なんでや・・・お前が代れよと本当に思うのだが、それだからと免許取消しの意見は本末転倒だろう。老人でも安全運転で無事故の人もいれば若い人でも無謀運転で大事故を起こす人がいる。確かに運転の反射神経に衰えもあるが、それだからと危険の全ての対象を老人に向けてしまうのは間違いだろう。

 現に私は若い頃と比較しても、70歳を過ぎて免許更新してから10年、違反をして罰金を払った事は全く無い。最近は免許更新時に認知症の検査も義務付けられておりそれで十分とは言えないまでも、事故防止に努めているのも事実だ。ただ私は免許更新における試験場の試験官にも問題があるのではないかと感じている。

 運転実技で、この人の運転で大丈夫なのかと思われる人でも結果として免許が更新されている。やはり年を取れば取るほど実技での正確さが一番大切なんだから検査はもっと厳しくすべきであり、事故発生時に運転技術面が事故の原因だと明確になれば、更新した試験場にも責任を負わせる位の厳しさが必要なのではないだろうか。

 同時に新聞にも載った様に認知症の運転事故が極めて高い。軽度でも認知症の兆しが見えたら即更新取消しを行うべきだ。ただ物忘れと認知症を一緒にするなよ。年寄りの物忘れは仕方がないんだ。

 ただ検査機関の判定は結構ラフだと思うよ、次の更新にも来てくれるお客様だからね。これは私自分の免許更新にも影響があると思うが、これくらい厳しくする必要があると思っている。常に安全運転を心がけていると、日頃の運転が実技検査では直ぐに出て来るものなんだ。実技の内容や認知症の程度によっては免許更新条件を半年単位にする事が出来る権限を検査機関に持たせても良いのではないだろうか。面倒になって返納するのが増えるかも知れないよ。

〇 待望の金メダル・・羽生選手有難う、時間になっても怖くてテレビが見れず録画をして、優勝が決まってからゆっくりと安心しながら見る様にしているんだ。羽生選手の影に隠れたけれど宇野選手の逆転の銀、これも素晴らしかったね。

 2017ゼラニウム春 (2)  2017ゼラニウム春
 今日はちぎり絵のゼラニウム2点

徒然日誌 平昌五輪に関して

2018年  16日 09:19
〇 北朝鮮の金与正は既に帰国しているのに、日本のジャーナリストは北朝鮮の良いニュースばかりを伝えて、何か日本国民を洗脳している様に感じる。ほほ笑み外交であろうと韓国文大統領が北にのめり込んでいようと、世界各國の警告を無視して自国の正当性を主張する国である事を見過ごす訳にはいかないんだ。

 日本のジャーナリストは少し狸にたぶらかされつつあるんじゃないの、気をつけろよ。美女軍団と言われる応援団も個別に見るとそこいらに居る平凡な顔立ちが多いが、統一行動をすると何か魅力的に見えるのが不思議だ。統一行動の美と言うのか軍国調を感じさせるものであって日本人にとってはノスタルジアを感じさせる何かがあるので好感を持つのかもしれない。

 それにしてもこの応援団フィギア会場でもアイスホッケー会場においても騒がしく他の観客に迷惑をかけている事甚だしい。自国の選手への必要以上の拍手、他国選手の美技には無関心とスポーツ観戦のフェアな姿勢など教えられていないのだろうな。マナーの悪い国は文化国とは言われないんだよ。

 今一つ、今回の韓国での開催は、気候問題等で問題が多い。欧州人気の競技は放映出来る様に欧州のゴールデンタイムに合わせての競技を設定し、寒さの厳しい深夜の競技で選手は大変だ。放映料の事ばかりを考えて選手の事を考えない韓国にはもう五輪開催の資格は無い。北の五輪滞在費2億8000万円を肩代わりする位ならそのお金でもっと競技がスムースにやれる方法を考えろよ。日本の五輪開催には決して一緒で来るなんて考えてくれるなよ。

〇 3つのメダル獲得を皮切りに獲得ラッシュが続いている。ノルディック複合個人ノーマルヒル渡部暁斗:銀、スノーボード男子ハーフパイプ平野歩夢:銀、スピードスケート女子1000m小平奈緒:銀、高木美帆:銅である。

 現在各国獲得メダル順位は、合計7個もあるのに11位、それは未だ金メダルが無いからだ。もし金メダルを2個獲得したら一挙に5位にあがるんだが、静観していた方が良い結果が出るんだ。

 2017_1207ocn0019.jpg  2017_0721ocn0030.jpg
  墨彩画                          ちぎり絵

徒然日誌

2018年  12日 09:00
〇 平昌冬季五輪は寒さもさる事ながら、交通の便とか対応の悪さとか散々不評であるが、開幕前の8日から始まった競技を見てきた私の頭もイライラの連続だ。

 8日のジャンプ男子ノーマルヒル予選、9日のフリースタイル男女モーグル予選、スノーボード男子スロープ予選、アイスホッケー女子対スエーデン戦、ショートトラック男子1500m、女子500m、女子3000mリレー全て予選、女子3000mスピードスケート、ジャンプノーマルヒル決勝。全て出場の日本選手は頑張ったんだと思うよ、ただ、所詮井の中の蛙で、前評判の高い選手の予選落ちを見せられるのは、何とかならんのかいと思う事ばかり。せめて予選位は通ってくれよ。

 女子3000mスピードスケートの高木選手、メダル確実と言われながら結果は5位、外国のメダル予想で日本の金は3個と言われ何を言ってんだと憤慨したが、幸先も悪いし金メダルとは言わないから隣国の好みでメダル一つ位取らして貰えないかな。未だ3日目ながらつい弱気になってしまう。

 ショートトラック女子500m予選でフィンランドだったかノルウェイだったかインコースの選手が、スタートに遅れた時直ぐに滑って転んだんだ。ルールではスタート何mかの転倒は再スタートだと。再スタートでは直ぐ2位の位置をとりそのままゴールして予選通過したが最初の転倒は駆け引きだったんだと思う、短距離はスタートが全てだからだ。これくらいの執念が日本選手にも欲しいね。

 明日からの放送は敢えて無理して見るのはやめとこう・・後で結果は判るし良い成績だったら何度も放送するだろ。ビデオでとっているドラマも溜まってきているし、それが見れないので妻のご機嫌も悪くなってきているしね。

2018_0211ocn0003.jpg
散歩の途中の庭に咲いてる蝋梅。

徒然日誌 平昌冬季五輪開幕

2018年  10日 16:55
〇 最近のテレビニュースは平昌五輪の北朝鮮の芸術団か応援団か知らないが、貧しい国が精一杯の統一した服装で韓国入りしている放映ばかりだ。むさ苦しい男の集団だったら放送なんかしないだろ、助平な野郎共を見越して送り込んでくる北朝鮮の常套手段だよ。この服装を揃えるだけでも何人分の貧しい国民の食料を犠牲にしているかと、見ているだけで哀れに思うね。

 ただこれが北朝鮮の狙いで、文大統領が揉み手で歓迎するものだから、偉そうに条件ばかり出して来て、入港禁止の万景峰号に応援団を乗せて入港し、その上帰りの燃料迄要求して来た。文さんよ、同じ国同士の事だから部外国の人間がとやかく言う事ではないけれど、各国が制裁対象としている国に対して、いくら本人が嬉しいと言って協定を破る事はやめてくれよな。

 北朝鮮はあなたの考える様な生易しい相手じゃないよ。相手の弱みに付け入って、自国に有利になる様な事を要求し、上手くいかないと手の平を返す外交がこの国なんだ。平昌五輪が上手く行く事ばかりを考えすぎて国の尊厳迄貶めてしまうと自国民からも相手にされなくなってしまうから気をつけなさいよ。政治五輪にしてしまったらいけないのだ。

〇 第23回冬季おチンピック平昌五輪が始まった。9日の開会式から25日の閉会式迄15競技102種目の熱戦が繰り広げられる。核開発を続ける北朝鮮の参加で、韓国とは統一旗を掲げての入場行進をする政治色の強い大会となり、北朝鮮からは党序列2位の金永南常任委員長と金正恩の妹の与正も開会式に出席する。慰安婦問題で一時出席しないと言っていた安倍首相も結局は参加しており、今一つの話題はロシアの組織ぐるみのドーピング不正で、ロシアとしては国としての参加が禁止され、潔癖が証明された選手の個人参加は認められると言う変則的な大会となった。

 2018_0210ocn0010.jpg  2018_0210ocn0002.jpg
 開会式会場と左上はスキージャンプ会場   文大統領と握手の安倍首相と左は金永南と金与正
 2018_0210ocn0018.jpg  2018_0210ocn0030.jpg
 日本選手団入場・旗手葛西選手     聖火台点灯はフィギアスケートのキム・ヨナ

徒然日誌 相撲協会の改革必至

2018年  08日 10:30
〇 私の6日のブログ、大相撲理事選の中で、「投票は無記名だけに・・・」と書いたのは投票した人が誰か判らない様にしているからと言う意味であったが、この書き方では正確性を欠いていると思われるので補足する。

以前は投票に際し、支持する理事の名前を記名する方式だったのだが、これでは投票者が書いた字から誰が投票したかが判ってしまうと、色々と問題も起こる事から公正を欠く可能性があるとの文部省副大臣の指導で、候補者に〇印をつけるやり方に変わっていたので「無記名だけに」と表現した訳である。

 所が私の友人から今回は投票の直前に記名式に変わっているよとの連絡を貰い慌てて調べた所、また以前の記名式に変更になった上で選挙が行われた事が判ったんだ。しかも友人が指摘した様に投票の直前でもあり、報道各社のニュースにはNHK以外一切この事が発表されておらず、独断で変更したのも八角理事長の差金であり、しかも直前の変更には理事長の思惑が・・・後で字を見れば分かるぞとの、貴乃花に賛同する貴乃花一門以外の親方を脅す意思がはっきりと現れていた為、結果2票の投票数となったものである。

 私はこの事を知らず、貴乃花の考え方の①に、改革を望む親方達の票を期待したと書いた訳だが、事前に八角親方は妨害工作をして目の上のたんこぶみたいな貴乃花親方を当選させない様にしていたんだ。しかも国の指導も蹴飛ばし、世論で叩かれないように情報を遅らせる手段を取ったんだ。

 日馬富士、貴の岩の問題の時には、私も貴乃花の姿勢に批判的であったが、当時の報告や状況を貴乃花が協会に何通もの文書で提出していた事を昨夜のテレビ特集で初めて知った事、協会はその事を一切発表せず報道機関を利用して貴乃花の職務怠慢や報告義務拒否を大々的に世間に流す事により、最終的には協会の臨時評議会迄を騙す事により理事の退任を図った汚いやり方を知ったのである。

 直ぐに実施される理事会選挙には立候補出来る条件をつけて、いかにも正当性を表面に出していたが、先に述べた様に投票形式を選挙直前に変更することで、貴乃花を落選させる準備が出来ていたからである。結果は既に出ているにしても、古い体質の相撲協会の横暴を叩き直す先覚を貴乃花が務める事は間違い無いだろうし、先日も書いた様に、フリーになった今こそ出来る事もある、相撲フアンも国民も味方に付けて改革を推し進めなさい。何しろ公益財団法人なんだから、国民も言う権利はあるんだ、応援してるぞ。

徒然日誌 大相撲協会理事選

2018年  06日 09:44
 日本相撲協会の理事選挙で立候補していた貴乃花親方が落選した、獲得票は2票だった。理事定員10人に対し、11人の立候補となった大きな理由は、過去1名の立候補だった貴乃花一門から貴乃花以外に阿武松(元関脇益荒雄)が立候補した為である。この立候補は貴乃花一門の内部分裂では無く、貴乃花の思惑を反映したものであったと思う。

 一門の事前打合せでは一門の持ち票11票の中で、貴乃花に投票するのは自身の1票だけ、残りの10票は全て阿武松に投票する事で決まっていた。そのように決めた貴乃花の真意は本人しか解らないが推測した2つは投票は無記名だけに他の部屋の貴乃花賛同者が投票(あと7票必要)してくれるのに賭けた。昨年の元横綱日馬富士の暴行事件に絡んだ理事解任を真摯に受け止めた上で、協会を改革する姿勢をアピールする為にも、無投票にしてはいけないとの信念で、落選は覚悟の上形式的に立候補した。・・・この2点ではないかと私は推測した。

 私は貴乃花の真意が①では無く②であったと思いたい。理事を解任された事は、例え貴乃花が弟子の貴の岩の受けた暴行を基に、過去に遡っての協会批判から改革を志した無言の抵抗であったとしても、本来の理事としての職務を放棄した責任は免れず、以前ブログにも書いた様に、職務を放棄してまで暴行問題を、協会改革問題にすり替えた行動は許される事では無い。

 公益財団法人として税制面で優遇されている現在の相撲協会の運営には、確かに従来からの馴れ合い的な問題が多々あり潔癖な貴乃花には目に余るとして反旗を翻した気持ちは判るが、未だ考え方や行動が甘いんだ。自分の行動が相撲フアンを含めて全ての人が賛同してくれているものと考えているが、やり方は人気を過信した行動であり準備不足なんだ。長い歴史の中でどっぷりと協会主導の甘い水の中に浸っていた者達が、簡単に覆されるものでは無い事を知らなくてはいけないんだ。

 やり方には賛成しないが協会を改革すると言う彼の考えには賛同したい。その為には今回理事から離れ自由な立場で賛同者を集め、下準備をする機会を得た事は反って良かったと思いたい。理事となった一門の阿武松は骨のある親方であり、言動は貴乃花の方針を受け継いで行くものと考えられるし、他の理事の中でも新しく理事となった元横綱大乃国の芝田山親方は現役時代八百長を受け入れず、当時の横綱千代の富士と対立したガチンコ相撲で有名であったが、この親方も相撲協会改革に協力してくれるのではないかと期待している。

 大きな改革をしようと思った時に、一人で何でも出来ると思っているならそれは過信だ。賛同者を地道に確保し、外部の審議会の面々にも理解を得られる様にして、純粋な相撲愛好者からも後押しされる時を得てから行動を起こすべきだと考える。その為にも今回の選挙の結果を見て、自分から離れつつある、一門を超えて支持してくれていた改革派の親方達に対しても、信頼を取り戻すべく謙虚になる必要があると考える。

2018_0204ocn0011.jpg
貴乃花を除いた10人が理事となり2年間相撲協会の役員として勤める。北勝海、大乃国、琴風、益荒雄以外名前は聞いた事がある位で大相撲にそれ程貢献した力士でも無いのに理事になれるんだ。そう言う点から現役時代の上下関係も含めて、協会内の馴れ合いみたいなものが生まれるんだろうな。

徒然日誌 親馬鹿の責任

2018年  03日 09:15
○ タレント大竹まことの娘が30日に覚醒剤容疑で逮捕されたとの記事がでた。この娘はタレントでは無いが、記憶にあるだけでも過去二世タレントの不祥事が大量にある。橋爪功の息子清水アキラの三男、チェッカーズ竹内享の長男三田佳子の次男中村雅俊の長男等覚醒剤関係が最も多いが、みのもんたの次男の様に窃盗もある。

 本当に二世タレントは親の名前とお金で、何でも出来ると思う様な馬鹿ばかり、(まともに生活している二世の方にはゴメン)、それに加えて考えられない位の小遣いを与えるものだから苦労も知らずやりたい放題、覚醒剤と言う犯罪に迄手を染めているのだ。だいたい俳優やタレントへの報酬が高すぎるからこんな事になるんだ。ただこれは一番大切な時期の教育が足らなかったと言っているんだ。

 子供が捕まるとどの親も、私の教育の仕方が悪かったとおきまりの反省の言葉を繰り返すばかり、悪かったと本当に思ったならその子供の再教育、管理監督を、タレント業をやめてでもやるのかと思ったら、一時期表舞台から姿を消しても、周囲の関心が薄くなった頃にまた平気で出て来ているし、世間も簡単にそれを受け入れている。

 口先だけで真からの反省なんかしてないのだろう、反省の振りでもしなければ流石にこれからこの世界でやって行く事など出来ないだろう。本当に反省しているなら引退して表に出て来るなよ。それ位の厳しさを子供に示し真剣に立ち直らせる努力をしないと、一度染み付いた悪の道から抜け出させる事など到底無理だろうよ。

○ それに引き換え話題の多い将棋の藤井4段(中学在学中)が、順位戦C級2組で9連勝のトップとなり、規定によりC級1組に昇級し五段に昇段する。昇級・昇段の最年少記録は加藤一二三九段の15歳3ヶ月で彼より3ヶ月早いが、早生まれで既に高校生になっており、中学在学中の昇級・昇段は史上初の快挙となる。

 今月17日の名人戦予選準決勝で七冠の羽生に勝ち、決勝でも勝って優勝すれば即六段となるが、こんな子供もいる中で、大人になっても馬鹿な事しか出来ない子供を持つ親は、情けないを通り越して・・・も平気な奴が多いんだよなぁ。

 2018_0202ocn0001.jpg

徒然日誌

2018年  28日 09:40
○ 振袖販売・レンタル業はれのひ」の篠崎社長がノコノコ出て来て謝罪した。成人の日と言う人生で一度しかない記念日、出席予定の1300人の晴れ姿を台無しにしながら、形だけは「申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げる基本通りの詫び方、そこには真から反省している姿は全くない

 記者会見とは言え、その背後には被害者の娘さん達が見ているんだと思えよ、当然土下座位すべきではなかったのか。この人生の門出の日の娘達に、煮え湯を飲ませた小汚い親父は頭を丸める事も無く、平気な顔をしていたのが・・・もう言うまい腹が立つ。


○ 初日から10連勝し、休み明けなのにこれは優勝かと喜んでいた鶴竜が3連敗し、14日目勝利した平幕栃ノ心の逆転優勝となった。初日から見違える様な堂々とした相撲で千秋楽を待たずに初優勝を果たしたのは立派だ。鶴竜については連勝中に解説の北の富士が「彼は優勝を意識すると引き技で自滅する可能性がある」と言っていた通りに引き技で2連敗、3敗目は一気に押し出されてしまった。

 誠に残念な結果となったが、一人横綱の今場所、休み明けで全く期待出来なかった中、横綱不在になるかも知れなかった危機を回避し、優勝の可能性迄演出し、場所の盛り上げも作った事で一応合格としてやろうじゃないか。精神力の弱さで4場所連続途中休場の稀勢の里に比べれば十分だと思うよ、出来れば優勝させたかったね。

2018_0125ocn0012.jpg  2018_0125ocn0013.jpg
 観客の中にピンクの衣装の二人連れと、クイズ番組等に出てくる聖マリアンナ医科大卒の女医の顔を見つけたので慌ててシャッターを切った。

○ NHKの「あの人に会いたい」と言う、既に故人となった有名人のビデオを15分位に纏めた番組で今回「三遊亭圓歌」の放送を観た。考えてみれば最近落語のテレビ番組も極端に少なくなり、私が観るのも「笑点」で落語家の顔を観る位か。

 ましてや漫才と言うかピン芸人あたりは、話術で客を引きつける芸では無く、裸になったり怒鳴ったり芸とは言い難い芸人が多くなった。これは芸人が悪いと言うより客のレベルも落ちており、芸人もこんな程度でいいんだと思う様になったのかも知れない。

 三遊亭圓歌の僅かな時間の落語を聞きながら「いいなぁ、CDを買ってもう一度聞いてみようかな」と思ってしまった。

徒然日誌 零戦金属模型

2018年  26日 09:35
○日本中で寒波だ豪雪だと騒がれていながら一宮は関係無く、折角取り替えたスノータイヤの活躍機会も無かったが、やっと降ってくれたんだ。夕方からかなり吹雪いていたので一面銀世界を期待していたが翌朝はがっかり。ただ妻に促されて、再開して3日目の二人での朝の散歩が、道が滑りそうなので取りやめになったのは・・・・良かったな。

2018_0125ocn0017.jpg 2018_0125ocn0019.jpg 2018_0125ocn0023.jpg 2018_0125ocn0024.jpg
降り始め。                      翌朝

○ 最近テレビでかなり精巧な零戦を、組み立てて作る金属製模型の宣伝をしている。本の付録の様な仕組みだ。創刊号が299円で本屋で販売しているそうだ。以前汽車好きの孫の為に、創刊号が確か980円のD51蒸気機関車を同じやり方で買ってやった。二冊目からは1,980円で継続した部品が付いている本を、毎月1冊づつ買って確か100回、合計で20万円位になったと思う。 結構精巧な作りで未だ小学生だった孫には難しく父親が殆ど作ったと聞いていた。

 今回の零戦(52型)を孫に聞いてみると、零戦でも好きな機種では無いとの話だったが、買い物のついでに本屋に寄って、本と言うより封がされ箱に入ったその商品の確認をしてみた、299円は間違いない。恐らく二回目からは価格アップするだろうが、購入回数でトータル価格が解るだろうと箱の隅々を調べてみたが、詳細が一切書かれていない。店の店員に確認しても判らないので、電話で販売元に問い合わせさせたのだが秘密のようだ。機関車の時は2回目からの価格と回数が明記されていたと思う。だから判った上で続けたんだ。

 これはおかしいのではないか、一回目を買ったら価格が上がっていても買うだろうし、何回か判らないまま買い続けたら、私が買った機関車同様大きな金額になる可能性が高い。これは一種の詐欺に近いのと違うか・・・最終いくらになるか分かった上で買うのと、分からないまま買わざるを得ないのとは違うんだよ。最終的にまともな品物であったとしても、出だしは胡散臭いだろ。

 店員がこうも言ってたな、「以前途中で止めてしまったものもあるんですよ」 そうなったらいよいよ詐欺じゃないか・・・結局買わなかったが「販売元に、詳細不明の商品は詐欺じゃないかと言われ、これでは誰も買いませんと言っておきなさい」と捨て台詞を残したけどね。

 確かに最近テレビで色々興味を引く品物が、最初何百円と買いたくなるような広告をしているな。私の機関車は最後迄続いたが購入者が少ないと止めてしまうらしい。どういう弁償をしたのか不明だがこれは気をつけた方が良いかもな。

  2018_0125ocn0003.jpg
 孫の作った零戦のプラモデルで説明すると、写真は全て零戦で左上が21型、その右が32型、左下が22型、その右が52丙型だ。21の前に11型がありそれから52型迄上記の順番で製作され、52型が装備的には最強の零戦であったようだ。従ってそれが模型の対象となったのだろうが、孫は21,22型の翼が少し長いのが良いと言う。私は52型の方が良いと思うが・・・好みだね。。

徒然日誌 死刑執行早くしろ!

2018年  24日 09:55
オウム真理教の4つの事件の全裁判が集結し、強制捜査から23年に亘るオウム事件の全ての刑が確定した。以前私は松本被告の死刑を何故執行しないのだとブログでぼやいたが、刑事訴訟法の規定では共犯者の刑の確定までは死刑を執行しないことが慣例になっている為生き存えていたと言う。
 慣例と言うのはしきたりとか習慣だろう、そんな慣例は撤廃すべきなんだよ。例えば共犯者が100人も200人も居たらどうするんだ、全ての刑が確定する迄待っていたら、凶悪犯でものんびりと読書をしたり趣味を行ったりしながら国費で余生を送る事が出来る様になるのではないのか。単なる慣例なんかに縛られる必要なんかないだろう、直ぐに止めろよ。ましてや再審請求されたらどうなるんだ。

 それは兎も角終結によって死刑囚13人の死刑執行が可能になった事は誠に喜ばしい事で、直ちに実行に移すべきだ。彼らによって殺された人達の親族はこの日を待ちに待っていたはずで、早速仏壇に報告した事だろう。上川法務大臣はこの死刑執行の書類に印鑑を押す名誉を授かったのだ。良い時に法務大臣にして貰っていたね。この頃は名前ばかり欲しがる大臣が多いと聞く、上川大臣がいつ印鑑を押してくれるか皆で注目して行こう。

 ただ問題なのはこの殺人鬼達に支援者がおり、弁護士を通じて命乞いの再審請求の準備を進めている事だ。この事件が風化しつつあり狂信的な宗教団体による都市型テロの恐怖も薄れつつある事は危険な事だ。早く死刑執行して社会に記憶を呼び戻す事が大切なんだ。そして慣例撤廃が絶対に必要なんだ。

 オウムの主流派のアレフは未だ存在し、分離した上祐史浩を代表とする「ひかりの輪も残っている。この連中はまともな仕事にも就かず、オウム時代の甘い汁を吸うやり方を忘れられずに新しく名前を変えただけで、いつ狂信的な行為をするか解ったものではないが、事件を起こさない限り法的に取り締まる事は出来ない。

 だからこそこの連中が元所属していたオウムの幹部連中を早く死刑執行する事により事件を思い起こさせ、残っている団体の危険性を知らしめる必要があるんだ。いらぬ事を言うとこの連中に暗殺される可能性もあるな・・・くわばらくわばら。

  2017_0203ocn0003.jpg
 ちぎり絵  一度掲載した事があるが丁度時期だから。原画は今少し明るいけどね。