退院しました。

2017年  07日 17:50
たった今退院しました。明日午前中に内科の定期検診があるので、それが終わって退院したらと先生に言われたけれど、明日の午後はオカリナの練習日でもあるし、病院食はどうも口に合わないので、検査の結果も良いと言う事でもあり早々に退散する事にしました。お見舞いのメールやコメントを戴き有難うございました。今日は退院の報告だけで改めて記事は書いて行きます。

2017_0207ocn0003.jpg 2017_0207ocn0004.jpg 2017_0207ocn0001.jpg 2017_0207ocn0002.jpg
確か病院全体の写真は前回の入院で載せたので、今回は病室と部屋からの眺め(明け方)

徒然日記 美濃加茂市長選

2017年  28日 10:55
明日1月29日に美濃加茂市の出直し市長選が行われる。公費の無駄遣いの最たるものと言わざるを得ない。私は藤井前市長の事前収賄罪に関し、名古屋地裁が無罪判決をした段階の2015年3月7日のブログで、私の意見として彼は収賄の実行犯であると断定し地裁の無能ぶりを批判した。所が名古屋高裁に於いて一転一審の無罪判決は破棄され有罪判決が言い渡されその事に関して2016年12月4日のブログでも私見を述べさせて貰った。

彼はその判決を不服として現在上告中であるが、事もあろうにその間市長を辞任し出直し市長選に立候補したその選挙が明日行われる訳である。彼の真意は市民の信頼を得て判決の誤りを正したいとの気持ちであろうが、我々には最後の悪足掻きとしか映らない。そもそもの誤りはどのような選挙結果であろうとそれが収賄罪の有罪無罪に一切関係しない事である。罪に対する判断を市民に問うなどとはもっての他、そのような気持ちで出直し市長選を行っているつもりなら何おか言わんやである。

このレベルの知能しかないのであれば市長に立候補する事自体お粗末である。彼が有罪だと私が判断する根拠等は以前のブログに記載したので改めて述べるつもりは無いが、彼が市民の為では無く、自分の為に市民を利用して公費の無駄遣いをした事に関しては許される事では無く、これに関する罰則は無いにしても、こんな下らない市長を選んでいた事を市民としても恥じるべきであろう。

それにしても自民党の市議達が彼を応援しているとはどう言う事なんだ。東京の自民党都議にしてもここの市議にしても、事の善悪を判断するより数に任せて自分達に有利な方向に持って行こうとする体質は、国の方向を左右する国会の自民党員、延いては安倍首相の考え方を踏襲しているのだろうか。

何はともあれ明日結果が出る訳であるが、万一藤井氏が選ばれた場合はこの6月に再度無駄な経費をかける選挙が行われる事、上告が棄却された場合は罪が確定し公職に就けないのだからどうするか、いずれにしても市民の誤りのない判断を期待する以外にないだろう。

九州でのクラス会 ②

2016年  11日 14:20
元の小学校の傍の藤原硝子店から通学路を戻る形で最後にすんでいた山ノ堂の家の写真を撮り、時間も無いので若松駅に向かう。元の三中の横の道を通ると青葉ケ丘女子高は大きなマンションに変わっていた。良く買いに行っていた万年筆屋も無く白山神社の前の道を下ると左手の国鉄官舎跡にも大きなマンションが出来ていた。この官舎には小学校時代の彼女が住んでいたのだが今はどうしてるんだろうなと感傷に耽りながら、大きく建て変わった父が亡くなった北崎医院の前から駅方向へ。駅前の同級生の栄寿司もビルになり大きくなっていた。

駅の中の「かしわ飯」を食べた立ち食いうどん屋には人が並んで待っており、後で聞くといなり寿司が美味く、近くに適当な食堂もないので結構繁盛しているようだ。折尾では迎えのバスに乗りかんぽの宿へ。乗客として同級生3人が乗り合わせたが、何だか今日は少なそうと思った通り、到着して確認すると男子4名女子4名(東京2人、名古屋1人、大阪1人、福岡1人)と先生含めて9名は少し寂しい限り。

だけど92歳の先生の出席には頭の下がる思い、立つのも座るのも、歩くのにも手助けが必要な状態の中で「皆の顔が見たかったんよ」との言葉は本当に嬉しい限り、今年は柴田が亡くなり、常連の坂村や国広、宮田が入院し先生に申し訳ないほど減ってしまった級友に、元気が良いのに何で出て来ないんやと言いたくなる奴もいるんだよな。

各人夫々に理由はあると思うが、元気なのに一度も顔を見せようとしない奴は、中学時代からそう言う性格だったなと諦めても、残念で仕方がない。一度きりの人生に多感な年頃に出会った友達程、心に残っているはずだがと思うのは俺たちだけか。

だが出席した8人は精鋭ばかり、幹事が考えた余興私のオカリナ、4年振りの相撲甚句と賑やかしく宴会は進んだが、心残りは先に変えられた先生に相撲甚句を見て貰えなかった事、今年は最高だったと皆に褒められただけに残念!
2016_1109入丸八幡0024 クラス16
先生を囲んでの精鋭8人。  相撲甚句の始まり始まり、それにしても観客が少ないぞ。
クラス会C クラス会I クラス会B クラス会V
今年も私と恵美子の司会。 全員でこれだけ。 先生寂しく無いですか。 余興の君の名は?
クラス19 クラス10 クラス14 クラス5

ハァ~エ 3年5組を甚句に読めばヨー(ハードスコイドスコイ) ハァ~荒波高き玄海を、見下ろす若松かんぽ宿(ハイ)再び集いし面々は、今も変わらぬガキ大将(ハイ)恩師の新崎先生の、元気なお姿拝しつつ(ハイ)囲んで酒を酌み交わし、昔話に花咲かす(ハイ)先生始め皆様の、元気な姿を見る事が(ハイ)何にも増して有り難く、嬉し涙がこぼれます(はい)一つ悲しい出来事は、柴田の姿の見えぬ事(ハイ)村田や藤や小田に続き、天に召された良い男(ハイ)どうにも出来ぬ定めには、悔し涙がこぼれます(ハイ)残れる我々一同は、彼らの命も引き継いで(ハイ)これから先も元気よく、長生きすること誓います(ハイ)今日も世話人皆様よ、色々お世話になりました(ハイ)これから楽しいひと時を、どうかひとえにヨーホホイ ハァー願いますよ(ハァードスコイドスコイ)
(ハヤシ):ハァー折角集いし皆様と 明日はお別れせにゃならぬ 1年後には逢えるやら それともこのまま会えぬやら 思えば涙が (パラリパラリと)

私の生涯日誌 その215

2016年  26日 09:57
兄弟夫婦での法要旅行で、名古屋駅で食事をしたのがH18年の母の13回忌の時だったと書いたら次兄から違うぞと連絡が入り、平成22年の母の17回忌の法要旅行の時で兄達4人が東京から着いた時、名古屋駅地下の「山本屋」で昼食の味噌煮込みを食べたんだと教えられた。何しろ日記に基づいてだから間違い無い。

その日11月2日はそのまま名古屋城、徳川園と観光で過ごし、夜は「円寿」で焼肉を食べた後ホテルに帰る間際に急遽カラオケに決まり、タクシーを呼んでいたのに50m先の「シダックス」で降りて、悪いのからと2台のタクシーに千円づつ払ったたんだ。カラオケは楽しかったがこの店は料金が高くて2時間で9,500円位払ったかな、今自分達が行ってる店は2人で3時間でジュース飲み放題で1,200円なんだ。それ以来シダックスには2度と行っていない。
2010_1102(031).jpg 2010_1102(033).jpg 2010_1102(037).jpg 2010_1102(041).jpg

話が横に飛んだが兄貴達夫婦はその日は一宮のホテルで宿泊、翌日3日は彦根城から長浜城、最後は朝倉氏の一乗谷観光と全て私の計画通りに進んだ、年寄りの観光はこんな所が一番いいんだ。朝倉氏の遺跡では、足利将軍の事、明智光秀の事と色々と思い出されたが、何ら建家のない更地を見ても想像が出来難いし、武家屋敷跡も余り広いとも思われず、この地で最大の勢力を誇っていたにしては何か物足らなさを感じたものだった。周囲を山に囲まれ景観の良い静かな場所ではあるが所詮は井の中の蛙であったのだと言う事が良く理解出来た。

義景の墓所も、例え戦に破れたにしても、各地の大名の墓所に比して寂しいもので栄華を誇っていただけに哀れに感じたんだ。ただ天気も最高で天気男の私がいる限り雨に降られる事はないだろう。今日の泊まりは昨年の父の23回忌の時と同じ山中温泉の「たわらや」である。今回も全員元気で楽しい旅になりそうだ。
   名古屋城                        徳川園
2010_1102(006).jpg 2010_1102(012).jpg
2010_1102(009).jpg 2010_1102(010).jpg
名古屋城の金の鯱、縁起が良いので追加、本物は空襲で焼け落ちたが金を集めて茶釜と鯱のレプリカを作り残している。
2016_0925入丸八幡0002 2016_0925入丸八幡0007 2016_0925入丸八幡0010 2016_0925入丸八幡0011
名古屋城                       彦根城       長浜城
2010_1103(025).jpg 2010_1103(027).jpg 2010_1103(038).jpg 2010_1103(042).jpg
背景朝倉家武家屋敷跡  武家屋敷前通り   一乗朝倉氏遺跡      朝倉義景墓所
2016_0925入丸八幡0029 2016_0925入丸八幡0031 2016_0925入丸八幡0025 2016_0925入丸八幡0023
背景の広場が館跡   館入口       一乗朝倉氏遺跡  広場だけで何も無いと言う印象
*写真は全て写真を再度デジカメで写す作業で行っており、写し方に依っては体型がおかしかったりボケているのはご勘弁を。

私の生涯日誌 その134

2016年  30日 09:22
平成4年の12月に娘に初孫誕生、母にとっても初の曾孫となる。一宮のマンションは未だ完成して無く平成5年の新年は西春での最後の新年となり、この年もアウンから母を迎えての新年である。この年は色々な事があった。

まず3月に卒業を迎える二男の就職問題、その頃日鉄鐵商事(NS)時代の溶材取引先であったナ・デックス(旧名古屋電元社)より私に入社の打診があった。水野常務や横山部長とは公私共に親しかったし、NSやNSBACでの私への待遇が悪いのを知って引き抜きに来たのである。私はその時はもう東海に行って頑張る決意も持っていたので有難い事ながら丁重にお断りをし、渡りに船では無いけれど息子の就職をお願いしたのである。

私の実力を買ってくれていた水野常務は無条件で息子を引き受けてくれる事を約束してくれた。余り成績も威張れる程で無くお陰で助かったんだ。娘も二男もこれでオヤジの力が良く判っただろう。

4月1日より私は東海営業所所長としての勤務が始まった。NS東海支店(東海市商社センター)の中に机を貰い、サブの女性(名古屋製鉄所の守衛の奥さん)と二人での運営である。

当時のNS東海支店は森支店長他柘植氏(名古屋製鉄所野球部監督)、平野氏、氏家氏と4人の新日鐵名古屋製鉄所出身が居り、プロパーの男性2人、女性3人の9人の構成で、主として名古屋製鉄所製造品のデリバリー業務、製鉄所設備の掘り起こし受注営業であったが、周辺の下請け会社等とも密接な関係を保っていた。

名古屋製鉄所出身となると構内の全ての人と接点がありこの人達の人間関係を利用させてもらっての営業活動を始めようと、まずは構内でも顔が効きそうな平野氏、柘植氏と積極的に親しくなるように努めて行った。「将を射んとするする者はまず馬を射よ」の例えの実行である。

5月には父の7回忌を親族全員が集まりとり行った。全員集合写真は4月23日のブログに掲載した。

2016_0529入丸八幡0002  2016_0529入丸八幡0005
母にとって初の曾孫   私にとっては外孫ながら初孫。私の肥えてきたのが判るなぁ。
2016_0529入丸八幡0007  2016_0529入丸八幡0009
 平成5年の新年。娘は今年は不在。
2016_0529入丸八幡0011  2016_0529入丸八幡0017
 7回忌の兄弟、義兄。                孫達3人。

私の生涯日誌 その41

2016年  03日 09:42
私の友人達は昼間私を探す時は最初からパチンコ屋に来る。駐輪場で特徴のある私の自転車を見つけて中に入って来る。授業の事で来た事は無く、麻雀の誘いだったな。麻雀は私の部屋が雀荘になりほんの小さな掛金勝負だったが、ここで鍛えた事は会社に入ってからも大いに役にたった。

パチンコに疲れると隣の映画館に入る。大川橋蔵の時代劇や小林旭の渡り鳥シリーズ、私のブログの表紙にもなっている宍戸錠は悪役ながら憎めなかったね、芸術作品を観る事は無く勧善懲悪の単純な映画ばかり観ていた。。

映画館を出ると近くにおでんの美味い店があって、そこで一杯飲みながら腹拵えをやる事もあったが、中本さんに悪いので出来る限りは家で食事をして飲みに出るケースが多かった。

S34年は皇太子(現天皇)の成婚式があり、長嶋の天覧試合のサヨナラホームランがあり、伊勢湾台風での大きな被害が報じられ児島明子が二人目のミス・ユニバースになった年だ。丸福にもカラオケがあって三橋美智也の夕焼けとんびや古城、ママの娘の道子ちゃん(ちゃんと言っても5歳位上だった)との東京ナイトクラブのデュエット、最も良く歌ったのが何故か守屋浩の「僕は泣いちっち」だったな。

そうそうこの店は母と娘の経営でね。二人共結構お喋りな明るい性格で、飲みすぎた時は奥の自宅の炬燵の中で3人ごろ寝した事もあったな。そんな時はジャブジャブ。

こんな調子だから下宿の竹田の奥さんには評判が悪くてね。中本の奥さんに私の悪口を言うんだ、中本の奥さんはそんな竹田さんを嫌っていたな、私の味方だからね。そんな竹田のお奥さんをギャフンと言わせる出来事があったが又の機会に。

2016_0131大学1年20012  2016_0131大学1年20009
藤本君の姉上と秋芳洞へ。            秋吉台展望台
2016_0202大学早苗0016  2016_0202大学早苗0012
ザビエル教会下                  毛利家菩提寺香山園
2016_0202大学早苗0008  2016_0202大学早苗0004
山口女子短大学園祭へ              左の娘が好みながら事件無し
2016_0202大学早苗0001  2016_0202大学早苗0011
右端が丸福の娘道子ちゃん           良く遊んだけど誰だったか? 丸福の客か。

私の生涯日誌 その14

2015年  12日 09:51
丁度小学校時代を書き終えたなと思った時、康介兄から手紙が届いた。昭和16年と昭和22年の我が家周辺の家の名前の地図と我々の遊びの区域、更にはその家の家族構成と言うか子供の情報。3歳も年が違うとこうも記憶が違うのかと思う位兄の記憶は広範囲に亘っていた。確かに私の記憶にも残っている家もあれば、兄の説明書を読んでああそうだったと思い出す事もあった。

2015_1211近隣地図0002
兄が書いてくれた周辺地図。緑色が当時の我が家、私も我が家を中心に、思い出した事を少し書いてみよう。

○道路沿いに下って直ぐの長谷川昌彦君の家の前が溜り場になっていて、そこで釘差しをしたりコマをしたりリレーごっこのスタートになったり殆ど決まっていた。何年か前にその道を通り寝けたらその狭さに驚いた。子供と言うのはおの狭さが快適だったんだ。

○前の道を下って小石宅を白山神社方面に曲がった柏木家の2人娘、親父は外科で端正な顔立ちだったが娘は2人共美人でね。姉は日本的美人で大人しい紀子、妹は現代風美人で勝気だった時子、未だ小学生だったが本当に綺麗な顔だった。

○家を出て左の階段を上った所に臨済禅宗の高岳寺があり我が家のお参りもお願いしていたが、長男の喜義さんは当時新聞記者で夜によく我が家に遊びに来ては従軍記者時代の面白い話をしてくれていた。この人が静岡県引佐郡の臨済宗大本山方広寺の第九代管長だった荒金天倫の若い頃の話である。旧制若松中学の卒業生で、管長になった話は随分後で聞き驚いたが、一度訪ねて行こうと思っていた矢先の平成2年69歳で亡くなった。記者から再修行で管長になるとはやり手だったんだ。

○白山神社に行く途中の春日家の庭に戦時中焼夷弾の大きなケースが落ちて来てね。勿論警報解除の後、何か落ちてるとの事で見に行ったが丸い大きな筒の中が10個位仕切ってあって空だったが、その中に焼夷弾が入っていたと思うよ。
その先の白山神社の石段の下に戦後引き揚げて来た男性が一人住んでて、漫画を書いて売っていた。紙を持って行くと真田十勇士とか上手に書いて、色鉛筆も持っていたな。家族が判らないとかで時々パンを持ってあげた記憶がある。何時居なくなったかの記憶は無い。

○三中の上の家の永田の俊さんは大分年長だが、後年二中のクラス会に来た同級生が車椅子に乗せて連れて来た主人が俊さんだった。事故で半身不随との事で昔の話をしたら覚えていたね。正に奇遇だったがそれ以後のクラス会には連れて来なかった。

○隈井さんの前の階段踊り場から左に入った田川家の息子2人の上の子と中学で同級生になる。処が小学生時代の記憶は少ないのに、酒に酔った親父が子供をいじめたと怒鳴り込んで来たり、遠くから石を投げて玄関の硝子を割った時は勝気な我が姉がシミーズのまま飛び出して追っかけたり、何か仲が悪かったと思うがその頃の田川慎二は親父似の悪ガキだったと思う。

○小学1年で射精したと思っている所は、白山神社下の山本家前の階段下の坂道で、坂に沿っての石垣だから随分高い石垣だった。後で小学1年でそんな事あるかいとの意見をくれた友人がいたが、その石垣と共に記憶は残っているんだ。

○二中の上の市川家は二人姉弟の姉が若松小学校の教師で、康介兄も私も映画鑑賞の許可証を貰いに良く行っていた。近いので助かっていたね。親父さんは大工で市川家の斜め前の芹川宅(数年後父がこの家を購入終の棲家となる)の改築を請負い広い縁側と二階が頭でっかちの家となっている。(小学校時代迄完続く)

私の生涯日誌  その13

2015年  11日 08:39
田端先生のお言葉
昌介さん 
めでたく御卒業おめでとう 心からお祝いすると共に お別れすることの淋しさで胸が一杯です
あなたの流暢な答辞をききながら、あどけない顔をして一年生に入学されたころから今日までの思い出の数々が私の胸の中にあふれて来ます。楽しかった事、つらかった事、心を強くうった様な事など みんな美しい思い出となりました。
あなたが立派な成績で卒業なさった事を御父様御母様はどんなに喜んでいらっしゃるかがあの筆の跡によくお察し出来ます。級のリーダーとしていつもよくお世話して下さいました。時には級をリードして行くことはつらいなぁと思った事も何回かあったでせうね。あなたが困っている姿を何回か見て知っていますし、そんな時、私は静かにおもいやりの心で見ていました。それはあなたがあなたの力でどの様に解決して行くことが出来るだろうかと見守っていたのです。
新制中学へ進まれたら今まで以上に困難に出会う事も多くなることでせうが、あなたの力で最善を盡くして下さい。私はいつも昌介さんが一歩一歩立派になって行ける力を持っている事を信じて祈りつづけませう。
それからこれは昌介さんに反省してほしいこと、小学校時代(特に五、六年)ではあなたはあなたのもっている能力のすべてを発揮し得なかった事です。あなたはもっともっと学力をつける力を持っている事を忘れてはいけません。新しい門出にあたって 私は特にお願いしその成功を心から祈ります。おひまの時には思い出して遊びに来て下さいね。私の大好きな昌介さん、期待していますよ。
お元気でしっかりね。   田端幸恵

2015_1210父母の手記0007
本当に有難い言葉と感謝した。一昨年62年振りに福岡市の御自宅をお尋ねした。卒業してずっと賀状は欠かした事はなく、お元気である事は判っていたが、当時のままの優しい語り口に感動したものだった。

2015_1210父母の手記0012
同級生の寄せ書き。野郎ばかりなのはどうしてなんだ。

私の生涯日誌 その10

2015年  08日 13:20
○ 長兄龍介は昭和24年3月新制高校卒業と同時に三井銀行に就職した、勉強が嫌いだったそうだ。大阪支店勤務だったが1年数ヶ月で辞めて帰って来た。やはり学卒じゃ無いと出世出来ないと感じたようだ。そんな事なら大学出てから父のコネを使えば良いのにもう銀行には入れないし勿体無いなと思ったね。結局S27年福岡商科大学(今の福岡大学)に入学、若松から博多迄毎日汽車通学していたな。

○ は女学校を卒業して直ぐ日華油脂に勤めたが、その後転職した花田組の上司の方の同級生を紹介され運良くその方と結婚した。相手の男性は誠にハンサムで背も高く、よくこんな人と結婚出来たなと思う程、姉はブスだと思っていた。村上姓で因島出身、村上水軍の末裔かと思われる程立派な幟を立てる時があった。式は花嫁姿で自宅より500m位の所にある白山神社で挙式したが、自宅からそこまでは歩いて行ったんだ。あの厳しい姉がねぇその時だけはおしとやかに見えたものだった。

○ 学芸会ではずっと主役で通した。一度主役をやると、先生も無難にと必ず名指しされた。現在みたいに家庭に気を使って、主役を持ち回りする必要の無い時代だった。ある時若松市の公会堂で市内の各小学校から代表の芝居を出した時、私は主役で出演したんだ。各学校から生徒が応援も兼ねて沢山見に来ていたが、深町小学校から今の家内が見に来ていたとはお釈迦様でも気が付くめぇよ。ついでだけど歌も上手かったんだよ。男子は私、女子は藤井知子がいつも代表だった。

○ 5年生の時に100人位の朝鮮人の子供が入学して来た。戦後の教育の一環だったと思われる。私のクラスには3人、ホーチェードー、イートンヨー、ジョンチンブニーでジョンは女の子だった。ホーは足が悪かったが勉強も出来、性格も良かったが、他のクラスの者はよく喧嘩を吹っかけて来た。集団で来るだけに怖くて逃げるが勝ちを率先していたな。

2015_1208小学成績0017
5年生時の通信簿、学業と行動の記録と分かれていた。3年生から5段階の○付け方式になっていた。身長:134cm、体重:26.5kg、自分は結構大きい方だと思っていたが、現在に比べると小さいね。

2015_1208小学上級20009
昭和24年 両親と姉と夫 長兄(銀行入社)次兄(中学2年)私(小学5年)



 

マイナンバー制度 + α

2015年  30日 17:20
全ての国民一人一人に12桁の個人番号を付けるマイナンバー制度は来年1月にスタートするが、それに先立ち10月より個人番号の「通知カード」を各世帯に送付する。それを日本郵便会社は一軒毎に対面で手渡す「簡易書留」で送付する為、多くの労力を要し総費用は単純計算で150億円を超える見込みである。
自治体や行政機関が別々に管理している年金や税金等の個人情報を番号で照合し事務作業の効率化を計る目的と言う。効率化と言うのは全て経費削減に繋がるはずだが、人員削減が何%で経費削減が何%、概算でも数千億円節減と言うような数字が提示された事が一度も無い。じゃぁ何か、公務員の仕事が楽になる、大いに休めるって事なのか。
国民のメリットは行政の手続きが楽になるって事だけなのか。預金口座への適用って何なんだ、脱税や年金の不正受給の防止とかは国や自治体が今迄しなければならなかった事だろう、職務怠慢をこんな事でカバーしようとしているんじゃないの。
一番の問題はマイナンバー制度を悪用する中国ハッカー対策が十分かどうかだ。日本年金機構から個人情報125万件が流出した問題でも、最も疑わしきは中国ハッカーだろう。米国でも問題となってるのは中国ハッカーによる情報スパイ行為だ。既に番号制度を導入している米国や韓国では情報の大量流出や不正利用が多発していると聞く。
政府はこの対策は十分にしていると強調するが、国民が最も危惧し不安に思っている事は個人情報の漏洩と不正利用だ。絶対安全と言い切るのであれば被害が発生した場合には、全て国が補償弁済するとの項目を何故掲げないのか。全てがこの調子の曖昧な事ばかりで、何か起こると責任者全員が「もうし訳ありませんでした」と深々と頭を下げるだけだろう。
セキュリティ対策費を含め莫大な経費を注ぎ込んで早急にやらねばならぬ事なのか、いずれやらねばならぬだろうが、じっくりと中身を検討し、前述したようにメリットがあるならばいか程の経費節減となるかもはっきりと提示すべきだと思うが如何。

2015_0930オカリナ練習0002

今日は久し振りのオカリナ練習日で今帰宅した、9日が台風予想で中止になったので今月初の練習日だった。(4日の介護施設でのボランティア演奏は別として) 本当は私の隣に1人いるが隠撮りなので映らない。今日は4人しか居なかったが、12月の合同クリスマス発表会に向けての特訓がもう始まった。3グループあるので先生のグループ比較の脅しも混じえての愛のムチ、私の嫌いな2曲が我がグループに割り当てられたが・・・仕方がないやったろうやないか